ジオランダーX-CV登場!! 凸凹なんて許すまじ?? SUVは舗装路も走れてなんぼ!!

 SUVとひと言で言ってもその定義は微妙に難しく、最近じゃ「なんでもかんでもSUV問題」もあったりする。

 とはいえ多くの自動車オーナーにとってのSUVは、舗装路での乗り心地や静粛性も兼ね備えて、年に数回のスキーやキャンプもこなすクルマを指すだろう。

 そうなるとオーナーが頭を悩ますのがタイヤ選び。年に数回とはいえアクティブにクルマで動きたいけれど、日常の使い心地も大事にしたい。

 そんなユーザーの声を聞いていると、ヨコハマタイヤが発表したGEOLANDAR X-CVが気になってきた。さっそく試乗してみた!!

文:ベストカーWeb編集部/写真:平野学、横浜ゴム


■ある程度の雪道も走れて許容速度は270km/hって??

 SUVというクルマはわがままを許容してくれる。荷物もいっぱい積めるし、日常のドライブも快適、さらに4WDならアウトドアまでも受け入れる。

 そんなSUVで悩むのがタイヤ選び。キャンプに行くといっても舗装路が整備されたオートキャンプ場で、オフロードタイヤのような土や泥での圧倒的な安心感までは要らない。

 でもハイパフォーマンスタイヤのように少し固めで、最高のグリップを求めるとドライバーは気持ちいいけど家族からは不満が聞こえてきそう。

 こうなってくると、なにを基準にタイヤを選べばいいのかわからないユーザーも多い。

SUVで快適に安全にドライブしたいけれど、かといって固めのハイスペックタイヤでは同乗者が納得しない。そんなユーザーは多いはずだ

 そんなユーザーの救世主になるかもしれないのが、ヨコハマタイヤが発表したタイヤ「GEOLANDAR X-CV(ジオランダー・エックス・シーブイ)」。

 主にパフォーマンスクロスオーバーSUVのために生まれたタイヤで、ポルシェカイエン、アウディQ5、国産車ならCX-8、レクサスRXなども視野に入るだろう。

 これらのクルマは自慢のエンジンパワーと足回りを生かして、舗装路でバシッとスポーティに走りたいという層も多い。

 そのいっぽうで快適性と安心感を求めるユーザーも一定数いて、この「GEOLANDAR X-CV」は快適に安全に走りたい層への普及を目指している。

 おまけにこのタイヤは「M+S」、つまり雪道も走れるタイヤとして設計されている。快適で、雪道も走れて、SUVの重量にも負けない。そんなオイシイ話があるんかいな?

 実際に編集部員が試乗してみました。

■フラフラしない!! ノイズも静かでドライブはノリノリだ

 SUVって重い。2tを超える車種も多く、ましてやそこに7人の乗員が乗るなんてケースも。そんな状態で市街地を走り、高速道路を巡行し、山道を超え、たまに雪も降って……。

 そんな激しい仕事を強いられているSUVのタイヤたちなのに、今回は快適性もあって安心感もあるという謳い文句。過酷だ。

 試乗車は車重が1.9tに達し、全長4740mm、全幅1935mmという立派な体躯を誇るジャガーF-PACE。最新SUVに履いた「GEOLANDAR X-CV」はどんなフィーリングだろうか。

F-PACEでワインディングを走る。操舵感はシッカリしており、ふらつきやグニャっという腰砕け感もない

 試乗コースは泣く子も黙る、タイヤの性能が丸わかりの箱根ターンパイク。コーナーは緩やかで全体的に穏やかなワインディングだが、SUVで走るには同乗者のクルマ酔いも気になるところ。

 担当も家族を乗せて走るイメージでゆったりとしたスピードで試乗をしてみた。このタイヤにはステアリングを切っていった先に妙な固さや、逆にグニャっとする印象もなく安心感は高い。

 SUVやミニバンのタイヤは「グニャグニャ感」を回避するために固いか、逆に乗り心地を重視してグニャっとするタイヤが多い。このタイヤにはそんな印象が少なく、バランスがよさそうだ。

 またノイズもさほど気になる部分はなかった。というのも雪道も走れる「M+S」タイヤはロードノイズが発生する傾向にあるから。

タイヤの溝も全体的におとなしい印象。ノイズも少なくSUVにはもってこいのタイヤだ。これだけ溝がないと本当に雪も走れるのか!? と思いたくもなるが、凍結路面以外なら安心感は高い

 車両自体の高い遮音性との相乗効果もあるが「ゴー」という騒音は目立つものではない。音と揺れは同乗者も気になる要素で、それがないのは快適ドライブには助かる要素。

 18~22インチに17サイズを揃えるGEOLANDAR X-CV。さらに突然の雪にも対応できて、設計上の許容速度は全サイズ270km/hというてんこ盛りなスペック。

 ハイパフォーマンスSUV向けというと少し腰が引けそうだが、決して輸入車専用というわけではないからご安心を。快適性も捨てたくないSUVのインチアップ需要にも最適だ。

 「GEOLANDAR X-CV」は2019年4月より発売開始予定。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ