ええ!! ドアパンチ経験者3割!? 当て逃げは2割も!! ユーザー調査で分かった自動車盗難の実態と対策

ええ!! ドアパンチ経験者3割!? 当て逃げは2割も!! ユーザー調査で分かった自動車盗難の実態と対策

 自動車ユーザーがもっとも心配していることの一つが、車両の盗難やいたずらだろう。事故や盗難の対策としてドライブレコーダーは欠かせないものとなっている。しかし、こういったトラブルが増加する中、新たな対策が求められている。

 今回はパイオニアがユーザーに行った調査をもとに、自動車トラブルの実態をお伝えする。

文/ベストカーWeb編集部、写真/パイオニア、ベストカーWeb編集部

■自動車の盗難件数は1割以上増加している

パイオニアのドライビングパートナーNP1。通信機能を備え、前後カメラによる記録だけでなく、ルート案内といった高機能を搭載する
パイオニアのドライビングパートナーNP1。通信機能を備え、前後カメラによる記録だけでなく、ルート案内といった高機能を搭載する

 今や事故の記録だけでなく、自身の身を守るために必須アイテムといえるドライブレコーダー。そんなドラレコについて、パイオニアは車を保有する男女1200 名を対象に、「ドライブレコーダーの利用状況に関する調査」を実施した。

 昨今、高級車や人気車種の盗難が急増、警察庁が2022 年10 月に発表した犯罪統計資料(※1)によると2022 年1~9 月の車両盗難の件数は4297 件と、2021年同期比12%増と大幅に増加している、
※1: 警察庁「令和4 年1~9 月犯罪統計」参照

 一方で検挙率は42.9%と2021年同期比で7.2%減となってしまっている。計画的な犯罪の増加などにより検挙されづらいことが推察されるという。

 駐車中のトラブルとその対策に関する本調査では、ドライバーの8 割以上がドアパンチや当て逃げに、6割以上が車両の盗難に対して不安を感じていると回答。

 また、ドライバーの31.5%がドアパンチ、20.9%が当て逃げ、8.7%が車上荒らしの被害を実際に受けたことがあると回答していることから、駐車中のトラブルは誰にでも起こりうる身近なリスクであることがわかる。

 これらを未然に防ぐ対策として、「クルマの位置情報把握」「警告音」「異常検知」が効果的という回答が上位を占めており、また盗難されやすい車両(※2)の保有者の66.6%が「車内の様子をモニタリングできると安心である」と回答した。

※2: 一般社団法人日本損害保険協会「第23 回自動車盗難事故実態調査結果」より、2021 年車両本体の盗難の多かった上位10 車種を対象とする

 その一方で、盗難されやすい車両の中でもGPS 機能による対策を講じているとする保有者は、一般車両の保有者に比べて2 倍近いものの、わずか13.4%に留まった。不安や懸念を抱えながらも、トラブルへの対策が追い付いていないのが実情だ。

次ページは : ■8割以上のドライバーが当て逃げやドアパンチに対して不安と回答

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ