大ヒットミニバンの双璧 エスティマとオデッセイが凋落した理由

 かつて、ミニバンといえば、誰もが真っ先に思い浮かべたエスティマとオデッセイ。

 しかし儚くも、かつての勢いは消え失せ、エスティマは2019年10月17日に生産終了、オデッセイも月販1000台程度の低空飛行を続けている。

 エスティマは初代が1990年5月に発売し、2000年1月にデビューした2代目は同年の販売台数が12万2437台とカローラ、ヴィッツに次ぐ3位となった。

 一方、オデッセイも、初代が 3ナンバー普通車クラスの販売台数では長年、首位を維持してきたクラウンを抜き去り、1995年には12万5590台を記録、ホンダの業績を回復するほど大ヒットした。

 そこで、エスティマとオデッセイはなぜ凋落したのか? なぜ生産終了および、販売台数が急減したのか? その理由について、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が迫ってみた。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】昔懐かしい大ヒットしていた頃のエスティマとオデッセイ


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ