【ジムニー、ノートら登場】雪道に強いコンパクトなクルマはどれ?

 年末のこの時期、全国的に寒波に襲われることも多いが、雪への備えはもう済んでいるだろうか。

 先日の記事では、雪道に強いSUVについて紹介したが、今回はもっと小さなサイズのクルマで検討してみたい。除雪などで道幅が狭くなるこれからのシーズン、コンパクトなクルマの機動力が頼もしい。

 文:渡辺陽一郎
ベストカープラス2016年12月18日号


冬に効くコンパクトカー編

 コンパクトカーの売れ筋は低燃費と低価格が重要。そのため4WDもコンパクトでシンプルなタイプが多い。こうしたなかで、選ぶとするなら……。

 まず、人気のフィットはビスカスカップリング式を使う。前輪が空転するとカップリング内部のオイルがかき混ぜられ、後輪に駆動力を伝える。

 4WDの採用に伴う重量増加は約70㎏で、価格上昇は19万円少々だ。高い実用性と低価格を両立させたフィットとあって4WDの価格も安い。

 雪道などを走る機能に不満はないが、滑りやすい登坂路の発進では、前輪が空転した後で後輪が駆動する違和感が生じやすい。

 こういった欠点を解消しているのが、デミオのi-アクティAWDだ。電子制御式により、ハンドル/アクセル/ブレーキの操作、前後左右の車両の動きなどから路面の摩擦や登降坂の状態を判断する。

 これに基づいて4WDを機能させる予兆制御を行うから、車両が不安定になりにくい。

 例えば雪道の登坂路で停車中と判断すれば、4WDをあらかじめロック状態に近づける。最初から後輪に充分な駆動力が伝わり、空転をほとんど発生させずに発進できるわけだ。

 しかも価格は20万円弱とわりと割安だ。デミオの走行安定性は舗装路を含めて全般的に高く、4WDにも気を使ったモデルといえる。

 ノートは後輪をモーターで駆動する4WDを採用。前輪が空転すると後輪にも駆動力を伝える。作動速度の上限が時速30㎞だから雪道発進を支援する程度だが、個性的な4WDとなる。機能的には立体駐車場を使える全高で広い車内を備えることが特徴だ。

カジュアルで使い勝手もよく、価格もお手頃。大人気のフィットは4WDもお買い得でおすすめ
スタイリッシュなデザインとマツダらしいしなやかな走行性能を持つデミオ。4WD性能も優秀
「e-POWER」が注目を集めるノートが、残念ながら2WDのみ設定。4WDはガソリン車を選択

冬に効く軽自動車編

 安価な軽自動車では、基本的に4WDのコストもおさえられている。2WDとの価格差は12万円前後で、小型&普通車に比べると10万円前後は安い。

 だから電子制御を使わないカップリング方式が多い。前後輪の間に流体とプレートで構成されるカップリングを置き、おもに前輪が空転すると、そこに生じた回転差で流体がかき混ぜられて後輪にも駆動力を伝える。

 ハスラーやキャストアクティバの4WDは、横滑り防止装置の応用で、4輪のブレーキを独立して電子制御する機能も備える。

 滑りやすい急斜面をゆっくりと下る時、ブレーキが一定速度で自動制御され、車両の安定を保つ機能もある。

 ハスラーとキャストアクティバは、両車とも車内が広く大人4名が快適に乗車できる。その上でハスラーは後席の座り心地も快適で、荷室のアレンジと収納設備を充実させている。

 なおキャストアクティバは走行安定性と乗り心地のバランスがよく、緊急自動ブレーキの警報を作動できる速度の上限が時速100㎞と高い。

 最後に別格の1台、ジムニーを紹介する。頑丈なラダーフレームを備えた本格的なオフロードモデルだ。

 4WDは駆動力を高める副変速機を備えたパートタイム式で、悪路の走破力は群を抜く。小型&普通車も含めてSUVの最高峰といえるだろう。

楽しさとカジュアルさだけでなく、しっかりとした走行性能を持っているのがハスラーの強み
ハスラーに続いて登場したキャスト。こちらの4WD性能もなかなかで、ハスラーとほぼ同レベル
軽自動車のカテゴリーだけでなく、すべてのジャンルにおいて最高峰のオフロード性能を誇るジムニー。軽量なところも機動力アップに貢献

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ