ソニーが自動運転車を公開した奥深い理由 完成度の高さにビックリ!!


 アメリカのラスベガスで開催されたCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー:2020年1月7~10日)でソニーが自社の自動運転システムを搭載したEVコンセプトカーである“Vision-S”をサプライズ発表した。

 近い将来実現するであろう自動運転技術については、自動車メーカーだけでなくいろいろなメーカーが参入して盛り上がりを見せているが、ソニーが試作車とはいえオリジナルの自動運転車両を発表したのには奥深い理由があった!!

 CESで公表された“Vision-S”を取材した鈴木直也氏が考察する。

文:鈴木直也/写真:鈴木直也、SONY

【画像ギャラリー】ソニーVision-Sの内外装の仕上げは試作車のレベルを超越!!


驚くほどの完成度

CES2020でソニーがサプライズ発表した自社製の自動運転システムを搭載したEVコンセプトカーのVision-Sの注目度は抜群で黒山の人だかりとなっていた

 毎年正月明け、新年早々にラスベガスで開催される“CES”。

 本来は家電見本市として始まったのだけれど(だから、名称はいまだコンシューマー・エレクトロニクス・ショー)、最近ではAI、自動運転、空飛ぶクルマなど、世界を代表するハイテク見本市としてメジャーな存在だ。

 近年、ぼくはこのCESの面白さにハマって取材に通っているのだけれど、たぶん今年最大のサプライズだったのがソニーのEVコンセプトカー“Vision-S”。

 まさか、ソニーがここまで完成度の高いクルマを持ち込んでいるとは誰も予想できなかったから、ビッグサプライズでプレスカンファレンスは大いに盛り上がった(残念ながら、ぼくは別件取材中でアンベールには間に合わず)。

鈴木直也氏はCESでVision-Sを取材し、その完成度の高さに感心していた。それは試作車のレベルではなかったという

市販はしない!?

 この「ソニーがEVを出展してるぞ!」というニュースはCES会場をアッという間に駆け巡り、ぼくもおっとり刀でソニーブースに駆けつけたのだが、着いたときには予想どおり黒山の人だかり。じっくり取材するには、翌日まで待たなければならないといった有様だった。

 で、人垣をかき分けてその実車“Vision-S”を見ての感想だが、まずは「えらく完成度が高いじゃないの!」とビックリした。

Vision-Sのボディサイズは全長4895×全幅1900×全高1450mmで、ホイールベースは3000mm、車重は2350kgと公表されている乗車定員4名のセダンだ

 オーバルシェイプをテーマとしたエクステリアデザインそのものは、ハッタリのないオーソドックスな造形だが、硬質感のある面の構成、各部パネルのチリ、質の高いインテリア造形など、すべてにわたってクォリティが高い。

 内外ともキッチリ造り込まれた現実的なデザイン構成は、コンセプトモデルというより量産試作車と呼ぶのが相応しいレベルにある。

 いきなり、こんなに完成度の高いEVを見せられたら、誰もが「ついにソニーも車業界に進出か?」と早合点するところだが、よくよく取材してみるとどうも「さにあらず」らしい。

200kWのモーターを前後に搭載する4WDで、0~100km/h加速は4.8秒、最高速は240km/hと公表されている

次ページは : ソニー製のセンサーの優秀さをアピール