【超個性派絶版車の足跡を辿る】 無国籍感ただよう異端児グルマ 8選


■GM シボレー・クルーズ(2001年)

 軽を拡大した初代スイフトをベースに、スタイルを変えて装備も豪華にしたモデル。スズキ系ディーラーほか、むろんGM系でも販売。

下の「MW」とともにスズキが扱ったシボレーブランドのクルマのうちの1台。2000年2008年に2代目が誕生するも、名前以外は初代とスズキともまったく関係なし

■GM シボレー・MW(2000年)

 当時のワゴンRプラスをベースに、上のクルーズと同じ手法でシボレーブランドとしたモデル。グリルは悪くなかったけど……。

大型グリルを装着し、ベース車のワゴンRソリオとは顔つきを大幅に変更。
クルーズの生産が2008年8月に終了したことにより、スズキが扱う「シボレー」ブランドの自動車はMWのみとなったが、こちらも2010年で生産終了となった

【画像ギャラリー】いまなお根強い人気のクルマもあり!! 愛すべき異端児たちをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ