【フェンダーはクルマの筋肉だ!!!】オーバーフェンダーが凄いクルマ

 最近のクルマのデザインはスラっとしていてスマートなデザインのクルマが多い。そんななか、2020年1月に発表されたヤリスGR-4に装着されていたブリスターフェンダーに驚いた人が多いハズだ。

 まるでムキムキのキン肉マンのようなフェンダーだ。最近、こんな盛り上がったフェンダーを装着されたクルマはあんまり見たことがない。

 ということで、ヤリスGRに負けない、古今東西、世界の自動車から、モリっとしたフェンダーのあるクルマを探してみた!

文/ベストカー編集部
写真/ベストカー編集部
初出/ベストカー2020年2月26日号

【画像ギャラリー】WRC&ラリーベース車の芸術的なオバフェンモデルたち


GRヤリスのフェンダーは筋肉モリモリで美しい!

2020年1月に発表されたヤリスGR-4。ここまで張り出したフェンダーは最近では見たことがない
フロントよりもリアフェンダーのほうが凄い!

 2020年1月に開催された東京オートサロンでワールドプレミアされたヤリスGR-4に目が釘付けになった。

 なんでカッコいいかといえば、フェンダーがモリッとしているからにほかならない。フェンダーはクルマの筋肉みたいなもの。夏の浜辺じゃ筋肉のついた男がカッコよく見えるのと似たようなもんだ。

 というわけで、過去を遡って、ナイスなフェンダー自慢を集めたのが本企画。力強く隆起したフェンダーに、夜も眠れぬほど興奮していただきたい。

三菱スタリオン GSR-VR 1987年

写真にもバッチリ写る迫力のブリスターフェンダー

標準モデルの1695mmに対し、ブリブリのブリスターフェンダーで1745mmの全幅を獲得。50台限定の特別限定車だったが後にカタログモデルに。カッコよすぎ

三菱パジェロエボリューション 1997年

約40年の歴史中、最も過激なパジェロ

ストロークが35%増えた専用サスペンションを収めるためフェンダーを大型化。エンジンは280ps/35.5kgmを発生するV6、3.5LのMIVECを搭載していた

三菱ランサーエボリューションV 1998年

実戦での速さを追求したガチンコ系オバフェン

より容量の多いブレーキやタイヤを収めるためオーバーフェンダーで全幅を1770㎜に拡大。VII以降は控えめなブリフェンになるため外観はこの頃が一番派手

三菱ランサーエボリューションワゴン 2005年

荷物たっぷり、走りはバッチリ、真のマルチパーパスワゴン

ランエボIXのシャシーをベースに作られたワゴンモデルで、リアフェンダーはランエボよろしくブリスター化。6速MTのほか5速ATも選択可

ホンダシティターボII 1983年

愛称は「ブルドッグ」。納得のブリフェン

大型のブリスター形状のフェンダーにより全幅は標準モデル+55㎜の1625㎜に。このブリフェンは後に登場するカブリオレも採用 。まさに筋肉質のブルドックを思わせる体躯だ

無限 フィットダイナマイト 2004年

見事なマッチングを見せるブリスターフェンダーがナイス!

2004年の東京オートサロンに出展されたコンセプトモデル。全幅=1725㎜まで拡大されたボディに、260ps発生の2Lエンジンを搭載

無限 NSX RRコンセプト 2009年

究極のロードゴーイングマシンを目指したコンセプトモデル

2009年の東京オートサロンに出展されたコンセプト。迫力のブリスターフェンダーで全幅は1950㎜に。エンジンも縦置きに変更

無限 CR-X PRO 1984年

カッコいいCR-Xがオバフェンでさらにカッコよく

無限が市販した初のボディキットで、フロントバンパー、前後フェンダーなどを含むキット価格は当時28万円だった

オーテック スカイラインGT-R オーテックバージョン 40thアニバーサリー 1997年

初代以来となる大人のための4ドアGT-R

1997年の東京モーターショーに出展されたスカイライン生誕40周年記念モデル。リアフェンダーをブリスター状とするため、プレス型から変更

スバル インプレッサWRX 22B-STIバージョン 1998年

スバルの生産ラインで作られた伝説のブリスターフェンダーモデル

WRC3連覇を成し遂げたインプレッサWRC97のロードゴーイングモデル。全幅は1770㎜まで拡大され、専用の2.2Lエンジンを搭載した。限定400台、500万円で発売したが瞬く間に完売 。手作業によって架装された鋼板プレス製のブリスターフェンダーが特徴

近未来のナイスフェンダー車!

2019年ジュネーブショーで公開 スバルアドレナリンコンセプト

昨今はSUVブームゆえ、樹脂の素材感を強調したオーバーフェンダーを装着したモデルがけっこう目立つ。RAV4やCX-30なんかがまさにソレ。が、目の肥えたフェンダーフェチをも満足させるといえば、2021年冬に登場予定のスバルアドレナリンに勝るものはなかろう。特にデザイン性と機能性を両立させたモリモリのフロントフェンダーは、まさに傑作だ。写真はコンセプトモデルだが、ぜひこのままのスタイルで登場してほしい!

オーテック マーチボレロA30 2016年

特別な外観に特別なエンジンを積みました!

オーテックジャパン創立30周年を記念して企画された30台限定車。ベース車+90㎜のワイドボディに手組みの1.6Lエンジンを搭載

スバルWRX STI S206 2011年

本気だからフェンダー下からエアを抜く

STIによるコンプリートカー。運動性能向上はもちろん、このS206ではフロントフェンダー上に設けられたエアアウトレットに注目だ

スズキエスクードV6スペシャル 1998年

ブリフェンマジックで妙にカッコいいエスクード

2代目エスクードV6、2.5Lに、専用ブリスターフェンダーなど専用パーツてんこ盛りで作られた特装車で300台限定。262万8000円でした

トヨタモデリスタ ハリアーザガート 2006年

迫力のブリフェンでイタリアンを演出

イタリアのカロッツェリア、ザガートが手掛けた2代目ハリアーベースのドレスアップモデル。全幅はノーマル+45㎜の1890㎜です

TRD TRD3000GT 1994年

エースのノウハウをこれでもかと注入

1994年の東京オートサロンで発表されたコンプリートカーで、フロント+60㎜、リア+50㎜のワイドボディキットを纏っていた。カッコよすぎですな

三菱コルトラリーアート バージョンR 2006年

オバフェンに強力エンジンで最強のホットハッチ!

ブラックのオバフェンが迫力の外観に、163ps(MT車)を発生する1.5L、直4ターボを搭載。ゲドラグ製の5速MTのほか、CVTも用意されていた

スバルWRX STI S209 2019年

22Bをリスペクトしたオーバーフェンダー(北米販売のみ)

2019年末に北米のみ限定で209台販売されたS209。価格は6万3995ドルで885ドルのデリバリーチャージがつくので現在の為替(1ドル110円)で換算すると約714万円 。このS209最大の特徴は22B-STIバージョンをリスペクトして装着されたオーバーフェンダー。フロントフェンダーにはダウンフォースを発生させ、コーナリング時の速度を向上させる役割を持つカナードが装着されている
S209は通常のSTIモデルより全幅が片側約21mmずつ1839mm)に拡大され、265/35ZR19インチタイヤと9J×19インチの鍛造BBS製ホイールを履くためだ。 フロントフェンダー上のエアアウトレットはエンジンルームに溜まった熱を逃がす構造になっており、これも新規開発
ボディサイズはS209が全長4620×全幅1839×全高1476mm、S208が全長4635×全幅1795×全高1470mm 。リアフェンダー後ろ、リアバンパーサイドにはエアダクトが設置されている。サスペンションは、S208に装着されているビルシュタイン製ダンプマチックIIは装着されておらず、専用開発のビルシュタインダンパー(フロントストラットは倒立式)に専用コイルスプリング、強化ブッシュが装着されている 。S208は329ps/44.0kgmのEJ20、2L、フラット4ターボだが、S209はEJ25、2.5L、フラット4ターボが搭載され、341hp(345ps)/35.0kgm(343Nm)を発生する

メルセデスベンツ190E2.5-16VエボリューションII 1990年

ここまで過激なブリフェンは見たことない!?

1988年からDTMマシンの排気量が2.5Lまでとなり、2.5L200psの190E 2.5-16が登場。このエボIをベースに、DTMのホモロゲーションモデル、190E2.5-16エボリューションIが1989年にデビューし、その翌年の1990年にエボリューションIIが500台限定で登場。 このエボリューションIIの導入により、メルセデスは1991年~1992年と連続でマニュファクチャーズタイトルを獲得

ミニ ジョンクーパーワークスGP 2020年

オバフェンの新種!? フローティング式ホイールカバー

2020年2月に限定240台が導入されたMINI John Cooper Works GP。 ワイドとレッド化のために装着された、オーバーフェンダーならぬフローティング構造のホイールアーチカバーが装着されている。軽量なカーボンファイバーを使用し、ハンドメイドで成形されたもので最近のクルマのなかでは過激な1台

リベット留めオーバーフェンダーの王者は?

1996年にGT選手権やル・マン24時間レースの制覇を狙い開発されたホモローゲーションモデルで限定197台が生産されたポルシェ911GT2(993型)。ササビーズのオークションでは約2億6500万円のプライスタッグがついた。10数年前では1000万円台で販売されていたのにこれほど高騰するとは誰もが予想できなかったに違いない。おそらくリベット留めオーバーフェンダー装着車のなかで最も高価なクルマの1つだろう
リベット留めとなるオーバーフェンダーはベースとなるターボに比べ片側30mmずつワイド化。それに収まる3ピース構造のマグネシウム製スピードライン製ホイール+タイヤはフロントが9J×18+235/40ZR18、リアが11J×18+285/35ZR18。ボディサイズは全長4245×全幅1870×全高1270mm。搭載されるエンジンはKKK製K16タービンを2基積んだ3.6Lフラット6ツインターボで430ps/55.1kgm(ロードバージョン)を発生
1970年に登場した2ドアハードトップのKPGC10型スカイラインGT-R。リアにはリベット止めのフェンダーが装着されていた。ボディサイズを改めてチェックすると、全長4330×全幅1665×全高1370mmと意外にも小さいことがわかる
1973年1月に発売されたKPGC110型スカイラインGT-Rは同年4月までに合計197台が生産さた。ワークスマシンを思わせるリベット止めの前後オーバーフェンダーが装着されていたが、S20エンジンが昭和48年排ガス規制に適合しなかったため、実際にレースに出場することはなかった
1971年11月に発売されたS30型240ZG。240Zと240Z-Lの全長4115×全幅1630×全高1285mmに対し、240ZGは190mm長いエアロダイナノーズ(Gノーズ)を採用し、4輪にFRP製のオーバーフェンダーを装着。そのため全幅は60mm拡大され、ルックス的にも精悍かつ個性的なものに変身した。タイヤもフェアレディZとしては初めてラジアルタイヤ(175HR14)を標準装備
1972年3月にデビューしたTE27型カローラレビン/スプリンタートレノ。FRP製(1973年4月以降はスチール製)のオーバーフェンダー(トヨタ車初)を装着していた。 搭載されたエンジンはT型エンジンのヘッドをヤマハがDOHC化した2T-G型。115psの最高出力と14.5kgmの最大トルクを発生。5速MTと組み合わされた
1973年発売当時のオーバーフェンダーが強調されたトレノのカタログ
1973年2月に発売されたギャランクーペFTO。 ギャランのエントリークーペとして開発され、ファストバックとノッチバックの両方の良さを兼ね備えた、独特のファストノッチスタイルを採用し、FRP製のリベット留めオーバーフェンダーを採用していた
「地を蹴る純血マシーン」というキャッチコピーで1973年3月にデビューしたチェリーX1-R。4.5J×13+165/70HR13タイヤを収めるためにFRP製のリベット留めオーバーフェンダーが装着されていた。エンジンはA12型1171㏄、直4OHVでツインキャブが装着され、80ps/9.8kgmを発生

【画像ギャラリー】WRC&ラリーベース車の芸術的なオバフェンモデルたち

最新号

ベストカー最新号

【今夏やってくる!?】ヤリスクロスオーバー&キックス最新情報|ベストカー4月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、新型ヤリスクロスオーバーのエクステリアデザイン最新情報と、新型キックス含めた日産SUV新車攻勢の最新情報をお届け。  そのほか、予算200万円から250万円までで買える軽自動車&コンパ…

カタログ