【シエンタ、ハリアー、RAV4…】カムバックに成功したクルマたち


 最近、一度販売終了したクルマが再登場して、ヒットを飛ばしている例がたくさんある。

 RAV4、ハリアー、ロッキーなど、軒並み大ヒットしているクルマばかりである。こうしたクルマたちはカムバック賞をあげたくなりませんか?

 そこで、なぜ、一度は販売終了したのに、再登場して大ヒットすることができたのか? モータージャーナリストの清水草一氏がその真相に迫る!

文/清水草一
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】この生産終了車はカムバックするか?


松坂大輔選手のようにカムバックしたクルマ!?

 2019年シーズン、松坂大輔投手が西武ライオンズに復帰した。ライオンズファンとしては、こそばゆくもうれしい。

 松坂投手が今年活躍できるかどうかは未知数だが、度重なる故障で一度は終わったと思われた選手生命が、一昨年奇跡的に復活し、見事6勝を挙げて中年に勇気を与えたのは記憶に新しい。

 松坂選手は大リーグから日本への復帰以来、ありとあらゆるリハビリ治療を受けてきたが、3シーズンも投げられない状態が続いた。

 ところがこの年のシーズン前、本人によれば「ある施設で、先生が肩をはめてくれたんです」とのこと。それ以来、突然投球ができるようになったという。そういうことってあるんですね……。

 自動車の世界でも、一度は生産中止または販売中止になったものの、復活して再度ヒットを飛ばしたクルマは非常に少ないが、確かに存在している。そんな松坂大輔な奇跡のクルマたちを紹介していこう。

初代シエンタ/2010年8月販売終了→2011年5月再販売 

★わずか8カ月でカムバック

一度は販売終了したものの、販売店やユーザーからの反響の大きさから再販売することになった珍しいケース

 シンプルなスタイルと丸いおメメがかわいらしい初代シエンタは、2003年の登場以来、3列シートを持つコンパクトサイズのミニバンとして、手堅いヒット車になった。

 発売から5年後の2008年。後継モデルのパッソセッテ(ダイハツが開発を担当)が登場。しばらくはシエンタも併売されたが、2010年8月に販売が終了した。

 ところが、パッソセッテ(ダイハツの姉妹車はブーンルミナス)の売れ行きは大コケ状態。このクルマ、走りも見た目も内装もすべてが安っぽかった。

 車名の通りベースはパッソ。サイズはシエンタよりわずかに大きかったが、ファンカーゴ+カローラスパシオがベースのシエンタと比べると、明らかに格落ちだった。

 シエンタの販売終了によって、売れ筋のコンパクトミニバンを失った格好となったディーラーからの突き上げもあり、トヨタは計画を変更。

 販売終了からわずか9ヵ月後の2011年5月、安全装備などを新法規に合わせた上で生産・販売が再開され、そのまま2015年まで生き残って、2代目シエンタにバトンタッチ。DNAを残すことにも成功した。

 初代シエンタが復活できたわけは、派手さはないもののパッケージングが非常にすぐれていたことがある。

 3列目シートもけっこう使える広さがあり、なおかつその3列目は2列目シートの下に収納できた。これは全長4100mmクラスのミニバンとしては出色のパッケージングだった。

 スタイルもあまり飽きの来ない癒し系。乗り味もふんわりと実に優しく、母の胎内にいるような安らぎを感じた。

 初代シエンタは、ママみたいな存在だったがゆえに、古くなっても見捨てられず、変わらず愛されたのでしょう。

2011年5月に復活した際、角目のDICEを設定した(右)

次ページは : ハリアー/2012年9月販売終了→2013年12月国内専売モデルとして復活