N-BOX、ライズなど絶対王者の「がっかりしたあの部分」とは?


 3年連続で軽自動車と登録車を合わせた国内販売台数NO.1を達成したホンダN-BOX、SUV販売NO.1のトヨタライズ、コンパクトカー販売NO.1の日産ノートといった、大ヒット車たち。

 当然、売れた理由はそれぞれのクルマにあるわけだが、そうした大ヒット車といえどもがっかりした、欠点というべき部分はあるのだろうか?

 そこで、今回はモータージャーナリストの渡辺陽一郎氏に、大ヒット車のがっかりした部分を、強いて挙げてもらって徹底解説!

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】大ヒット車のがっかりした部分詳細写真


カテゴリー別NO.1車のがっかりした部分とは?

 販売台数の多い車種は、多くのユーザーが使っている以上、優れた商品と判断できる。ただし欠点も必ずある。

 そこで人気車の欠点を指摘したい。購入時に販売店の試乗車などを使って欠点を確認して、そこに不満がなければ安心して買える。

 軽自動車はN-BOX、コンパクトカーはノートe-POWER、ハイブリッド車はプリウス、ミニバンはシエンタ、SUVはライズをピックアップした。私が実際に試乗してわかった、がっかりした部分を挙げていきたいと思う。

軽自動車:ホンダN-BOX

押しも押されぬ人気で国民車となったホンダN-BOXに死角はあるのか?

 2019年(暦年)に国内で最も多く売られた車種はN-BOXだ。2019年の25万3500台(1ヵ月平均で2万1125台)の販売実績は、2位のスペーシア(16万6389台)に大差を付けた。

 軽自動車と登録車を合わせた販売台数は実に3年連続NO.1、軽自動車販売は5年連続NO.1を達成した、日本を代表するクルマにケチをつけるのには大変だ。

 軽乗用車で最も広い室内、上質な内装、充実した安全装備など売れ行きを伸ばす特徴も多い。

 逆に欠点を挙げると、意外のもすぐに見つかる。まずはNAエンジンのパワーが足りない。軽自動車では余裕を持たせたが、車両重量が890kg以上だから660ccの排気量では辛い。

 内装では、運転席に座ると、小柄なドライバーには圧迫感が生じる心配がある。メーターをインパネの最上部に装着したから、前方が見にくくなりやすい。

 後席の座り心地は、軽自動車では優れた部類に入るが、タントに比べると劣る。もう少し柔軟に仕上げて、腰をしっかりと支えてほしい。

欠点がないように見えたN-BOXのシートだが、座り心地はタントに比べると劣るという

 後席を後端までスライドさせると足元空間は大幅に広がるが、リアゲートとの間隔が極端に近付く。追突された時の安全確保を考えると、窮屈に感じない範囲で、なるべく前寄りにスライドさせたい。

 パーキングブレーキは、N-WGNと違って電動式ではなく足踏み式だ。その影響で、車間距離を自動制御できるクルーズコントロールは、全車速追従型にならない。

 追従走行中に、速度が時速25km以下まで低下すると自動的にキャンセルされてしまう。全車速追従型に乗り慣れたドライバーは注意したい。

次ページは : コンパクトカー:日産ノートe-POWER

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ