アルファードよりも…??王道の“定番車”でなくあえて個性派を狙え!!

 クルマ選びの際、誰しもふと頭をよぎるのが、「みんなとおんなじクルマはなんかイヤだな…」といった思いではないだろうか。

 どのカテゴリーにも、「このカテゴリーならこれでしょ!」というような、いわゆる「ど定番」なクルマ・モデルがあり、そこには「みんなとおんなじ」という安心感がある。もちろんそれもいいのだが、いっぽうで「みんなとおんなじじゃつまらん」という不思議な冒険心がアタマをもたげるのだ。

「ニッポンのど定番」カローラから、各カテゴリーの代表的モデルまで。「コレ!」と言われるようなモデルをあえて外して、自分だけのカーライフを手に入れる! それが「外しグルマ」のススメ。

 指南役は外しグルマ教祖、外しに外して酸いも甘いも噛み分けまくった自動車評論家の清水草一氏。げに楽しき“外しグルマライフ”を伝授!

【画像ギャラリー】“定番車”じゃなくてもクルマは楽しい!! 定番から大中小の外しグルマまでギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年2月のものです
文:清水草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年3月10日号


■テーマ1 いいクルマになったからこそ外してみたくなる!ど定番カローラを外す!

 登録車の販売台数No.1の座を奪還しつつある新型カローラ。なにせ猛烈にいいクルマになっている! 小型セダン/ワゴンの復権はクルマ好きとしても実に喜ばしく、真剣に欲しくなっちまうぜ!

 がしかし、かつてのジャイアンツ人気のように、カローラが大復活したからこそ外してみたくなるじゃないか。

●【定番】トヨタ カローラ

世界150カ国以上で販売される、トヨタのコンパクトセダン。従来の凡庸なイメージから一転し、TNGAプラットフォームを活用しつつ国内専用のややコンパクトなボディを得た現行モデルは、低重心でスポーティなスタイリングを持ち、走る楽しさと取り回しのよさを両立させている。パワートレーンは1.8Lのハイブリッドとガソリン、1.2Lのターボ。定番・イズ・バック!

 小ハズシはホンダのグレイスだ。実はこれ、隠れた名車! フィットのセダン版だがフィットより乗り味が上質! 7速DCTもダイレクト感があって、ホンダらしい走るヨロコビが濃厚だ。猛烈に地味な存在で、あんまり知られてないのもイイぜ!

●【小ハズシ】ホンダ グレイス

フィットのセダン版として、アジアでは「シティ」の名前で販売されている。国内向けは寄居工場で生産され、ハイブリッドとガソリンの2本立て。サイズはカローラとほぼ同じ。カローラがこれだけ売れるなら、もうちょっと売れてもおかしくない、隠れた名車だ

 続いて中ハズシは、カローラよりちょっとサイズは大きいけど、そこそこコンパクトということで、先代3シリーズの中古車でいってみよう。

 3~4年落ちくらいのタマが、200万円以下でいくらでも探せる! カローラの新車買うより100万円安くBMWに乗れる。私も乗ってますが、故障ゼロです。

●【中ハズシ】先代BMW3シリーズ(中古車)

スポーティセダンの超定番として、日本国内でも非常によく売れた。これに乗っておけば間違いないというクルマのひとつ。新車価格は500万円前後だったが、中古車相場は非常にこなれていてお買い得。メカ的にも安定していて信頼性は充分高い。中古車でもたぶん大丈夫!

 そして大ハズシは、思い切って憧れのランエボXに挑戦だ! これだってコンパクトなセダンで実用性は高い。

 相場は高騰中なれど、カローラの新車くらいのお値段でも充分イケる。走行距離はちょい多めを覚悟ネ!

●【大ハズシ】三菱 ランサーエボリューションX(中古車)

言わずと知れたラスト・ランエボ。ベースはギャランフォルティスなので、セダンとしてのパッケージングはごくマトモ。中古車相場はじわじわ上昇中だ

■テーマ2 売れまくってる小型SUV 外し甲斐があるってもんだ!!!

 昨年(2019年)12月の登録台数、ライズはカローラに次いで第2位! ロッキーも合わせると第1位! 外したくてウズウズしてきた!

●【定番グルマ】トヨタ&ダイハツ ライズ/ロッキー

全長4mを切るサイズのコンパクトSUV。ダイハツの新プラットフォーム「DNGA」をコンパクトカーに取り入れた初のモデル。居住性、走りの上質感や安全装備など、あらゆる面でレベルが高く、これまでのダイハツによって開発された登録車に見え隠れした安っぽさはほとんどない。エンジンは、1.5Lクラス相当のトルクを発揮する1Lターボで、実用トルクはたっぷりだ

 小ハズシはクロスビー……ではなく、ここはシトロエンC3エアクロスでいってみたい。ライズもいいクルマではあるが、オシャレ感ではC3エアクロスが数千倍上回る。新車価格は約263万円からだけど、200万円ちょいの登録済み未使用車もあり、充分ガチンコで戦えるぞ。

●【小ハズシ】シトロエン C3エアクロス

シトロエンらしいポップでアバンギャルドなルックスが超オシャレさん! エンジンは3気筒の1.2Lターボでトルクフル。サスはシトロエンらしくふんわりソフトなのがうれしい。新車価格は約263万円からで、輸入車としてはリーズナブル

 中ハズシは憧れのジムニーシエラ。本格派オフロード車であり、かつまだまだ長い納車待ちで入手困難なクルマだ。価格的にはライズと同水準で、カッコよさは断然上! 周囲の評価も断然高いはず。

 辛抱強く納車待ちするもよし、プラス30万円くらいのプレミアで、登録済み未使用車を買うもよし。それだけの価値はあるぜ!

●【中ハズシ】スズキ ジムニーシエラ(新古車)

パッと見、Gクラスにもひけをとらないカッコよさ! 軽のジムニーと比べるとオーバーフェンダーが効いている。人気爆発で長い長い納車待ち中だが、プレミアを払ってでも中古車が欲しくなる。新車価格は179万円からだが、中古車はプラス30万円は覚悟だ

 どうせSUVを買うなら、最強Gクラスに跳んでみるのもステキだ。ライズからGクラスってのはまさにピンからキリ!

 新車は1000万円超、中古車相場も超高値安定ながら、300万円以下で買えるタマもあるにはある。

 20年落ち走行10万キロオーバーって感じになるが、大ハズシならそれくらいの冒険してナンボ! 間違いなく濃い体験ができるぜ

●【大ハズシ】メルセデスベンツ Gクラス(ド中古車)

フロント周りが丸みを帯びた新型に比べ、先代は軍用車そのもの。実に武骨でカッコイイ。ド中古でも値は張るが、クロカンの王者の風格は何物にも代えがたい!

■テーマ3 売れまくってる小型ミニバン どう外せばシブくなる?

 今一番売れてる“小型ミニバン”は、ルーミー4兄弟。これ、便利だけど決してそんなにいいクルマじゃない。

●【定番】トヨタ ルーミー/タンク/トール/ジャスティ

バカ売れ中のライズ/ロッキー同様、ダイハツによる開発・製造の小型車なれど、ライズ兄弟と違ってDNGAではないし、エンジンも非力な1L、NA(69馬力)が販売の約9割を占める。走りに関しては動けばよし、それより室内の便利装備やシートアレンジを重視したドンキ的小型ミニバンだ。 ただし売れゆきはずっと好調で、4兄弟を合計するとランキングのベスト3の常連

 ルーミーを買うよりライバルのソリオを選ぶほうが、クルマ好きとしては正解だ。

 なにせソリオには哲学がある。全幅は1625ミリ。登録車最小クラスで、その分取り回しがいい。エンジンも1.2Lだから1Lのルーミーより余裕がある。中身で選ぶなら小ハズシでソリオ!

●【小ハズシ】スズキ ソリオ

小型ミニバンの元祖。ルーミーに比べると車体は軽いしエンジンは1.2Lなので、ずっとパワフル。中身で選べばこっちになる

 ルーミー買うなら、別に軽スーパーハイトワゴンでよくね? というのは誰しもが思うこと。室内空間は大差ないし。

 同じダイハツのタントのほうが、シャシーが新開発のDNGAな分、骨格がずっとしっかりしてる。走りはマジで新型タントのほうがいい! 中ハズシはコレだ!

●【中ハズシ】ダイハツ タントカスタム

新型タントはDNGA採用。こんなに背が高いのに重心はビックリの低さ! 走りがイイ! 中身も充実! こっちのほうがイイ!

 そして大ハズシは、あえてあえてのプジョー1007。もちろん中古車しかないが、お値段は1ケタからせいぜい50万円ってところだから、ギャグでも買える。

 このクルマ、中身的にはなにひとついいところはない。セミATはガックンだし、後席は座面も床面も高すぎて超座りにくい。

 でも見てくれこのヘンテコさを! 両側とも1枚の電動スライドドアで、まるで宇宙船だべ? まさに大失敗のヘンテコグルマ! 大ハズシにピッタリだ。

●【大ハズシ】プジョー1007(中古車)

2006年から2009年にかけて販売された、プジョーの大失敗作。欧州車には珍しいトールボーイスタイルは、武士の商法だった。それでもピニンファリーナとのコラボによるデザインはSFチックで未来的。非日常を感じさせる

■テーマ4 輸入車の定番ハズシは逆転の発送でいこうじゃーないか!

 新型Aクラス、素直なデザインが好きです。中身も素直でなかなかステキ。

●【定番】メルセデスベンツ Aクラス

4代目のAクラスは、先代に比べるとボディラインはシンプルで素直に。逆に顔は鷹のように精悍になった。「ハ~イ、メルセデス」でおなじみの会話する機能(MBUX)や、部分的な自動運転も実現する最新システムがウリ。エンジンは先代の1.6Lターボから1.3Lターボにダウンサイジング。2Lディーゼルも用意される。トランスミッションは7速デュアルクラッチだ

 でも、デザイン的にはマツダ3のほうが美しくないか? マツダは走りのよさには定評もあるし、Aクラスとガチンコで戦える。売れゆき不振につきレア感もある。小ハズシとして真剣にご検討くださいませ。

●【小ハズシ】MAZDA3

ファストバックのサイズはAクラスとほぼ同じ。SKYACTIV-Xを選ぶと値段もほぼ同じ。そのほかのエンジンならお買い得か

 続いて中ハズシは、メルセデス最大のライバル、BMWだ。メルセデスに比べるとBMWは、新古車のタマ数が猛烈に豊富!

 その分高年式の中古車相場も安い。となると新型1シリーズより、チョイ乗り程度の先代1シリーズを狙いたい。118iなら約200万円で買える! Aクラスの新車より100万円以上安いぞ! 希少なFRだしさ。生ツバゴックン。

●【中ハズシ】先代BMW1シリーズ(中古車)

このクラスでは希少なFR車としてマニアにも人気アリ。新型に切り替わったばかりゆえ、BMWに多い新古車がまだ残っているかも

 そして大ハズシは、憧れのアルファロメオ。それもGTでいってみよう! このクルマ、2ドアだけどハッチバックだし、後席がビックリするほど広い。

 実用性は充分あって、ファミリーカーとしても使えるぜ。ベルトーネデザインのボディは丸っこいのにエモーショナルで美しい。まさにイタリアの秘宝。

 お値段はだいたい70万円くらい。Aクラスの新車に比べたらタダみたいなもんだ。故障は大丈夫かって? 故障こそ人生のスパイスだろ!

●【大ハズシ】アルファロメオGT(中古車)

2004年から2012年まで販売されたアルファロメオのハッチバッククーペ。ベルトーネデザインは美しく実用性もある。できればV6モデルが欲しいが、希少

■テーマ5 定番セダンとはなんぞや? 真理を求めれば“外し”も見える(ほんとか?)

 日本の頂点に君臨するクルマといえば……、レクサスLS。最高級車の定番中の定番だ。

●【定番】レクサスLS

言わずと知れたレクサスの最高級セダン。現行型は世界的トレンドに合わせてスポーティなクーペのようなフォルムを採用した。当初はランフラットタイヤ採用もあって乗り味がハードすぎたが、昨年のマイナーチェンジで劇的に改善。日本のVIP用ショーファードリブンカー定番の地位は安泰だが、唯一気になるのはアルファードの追撃だろうか。価格は999万円から

 だけど今やその地位は、アルファードに脅かされている。多くの芸能人や財界首脳などのVIPも、移動の足にアルファードを使っているのは周知の事実。

 もはやアルファードは小ハズシも小ハズシ、LSとガチで比較検討する対象と言えますな。

●【小ハズシ】トヨタ アルファード

ラージクラスミニバンの無敵の帝王。オラオラ顔を嫌う層も確実に存在するが、VIPの移動用車両としての地位も着々と固めている

 そのLS、世界の潮流に則って、相当スポーティなフォルムになった。今やセダンはフォーマルさよりもスポーティさ優先。

 セダンはスポーティじゃなきゃ意味がない! という価値観になりつつある。もちろんデザインの美しさも極めて重要だ。

 そういう考え方からすると、流麗かつスポーティな流線形フォルムを持つメルセデスCLSこそが、LSの中ハズシとしてふさわしかろう。

●【中ハズシ】メルセデスベンツ CLS

衝撃のスカしまくり4ドアクーペ、CLSの3代目。フォルムはいよいよ洗練され、フォーマルなSクラスよりゴージャス感は…!?

 そして大ハズシはこれしかない。シトロエンC6だ。

 2012年、惜しまれながら生産中止となったが、そのブッ飛びまくりの美しすぎるデザインと、ハイドラクティブIIIサスペンションによる魔法のじゅうたんのごとき乗り心地は、マニア目線からすればレクサスLSなど問題にしないほどの名車。しかも100万円くらいから買える!

 なんておトクな大ハズシなんでしょう。

●【大ハズシ】シトロエン C6(中古車)

かつてのフランスの最高級車であり、サルコジ大統領専用車も務めたが、ドイツ製高級セダンの侵攻を食い止めることはできず、2012年に生産中止となった。いかにもシトロエンらしいアバンギャルドなデザインを惜しむ声は、今も消えない

■テーマ6 スポーツカーだからこそ外しも大胆にいってみよう!

 スポーツカー受難の時代なれど、86/BRZは一応スポーツカーの定番。一番売れてるし買って間違いはない。

●【定番】トヨタ&スバル 86/BRZ

トヨタとスバルが共同開発した2ドアスポーツクーペ。トヨタの直噴技術とスバルの水平対向エンジンを組み合わせてフロントミドシップに搭載。当初は低い速度でも運転を楽しめるフレンドリーなスポーツカーというコンセプトだったが、徐々に速さを求める声が増え、現在はサーキットアタック用の色彩を濃くしている。価格も上昇し、現在は300万円超のグレードが中心

 世界的にも希少な小型FRスポーツにつき、ほとんどライバルはいないが、唯一近いのがロードスター、それもメタルトップ&2Lエンジンを持つRFだべな。

 サーキットを走らないなら、オープンを楽しめるRFは小ハズシとしてステキな選択だ。

●【小ハズシ】マツダ ロードスターRF

メタルトップのバリオルーフを持ち、通常のロードスターよりパワフルな2Lエンジンを積んでいる。価格は343万円から

 中ハズシ以上は輸入車になる。王道はやっぱりボクスター!

 86/BRZは安価なれど、ほとんどのグレードが300万円超えなのだから、ボクスターの中古車はしっかり比較対象になってくる。

●【中ハズシ】ポルシェ ボクスター(中古車)

新車は618万円からでなかなか手が届かないが、中古車なら300万円台から充分狙える、世界の定番(!)オープンスポーツ

 現行ボクスターだと400万円から上だが、先代なら150万円から。ぐっとハードルは低い。この際、200万円台でポルシェを狙ってみま専科? きっとステキなカーライフが待ってますヨ。

 大ハズシはマセラティクーペしかあるまい。セミATがブチ壊れる恐怖により相場は激安、フェラーリのV8が100万円台で手に入る! これを見逃すテはないぜ!

 さすがに100万円台のタマは大バクチだが、200万円台なら中バクチ。それでエロすぎるあのフォルムと、官能のカタマリのV8が手に入る。86/BRZじゃ、このデカダンスは味わえないぜ!

●【大ハズシ】マセラティクーペ(中古車)

フェラーリ製4.2L、V8を積んだ流麗なクーペ。セミATのカンビオコルサにメカ的な弱点があり、中古車相場は非常にリーズナブル。マセラティらしい没落貴族感が存分に味わえる!

■【清水草一かく語りき】「ハズシのヨロコビと覚悟」

 ハズシのヨロコビは、周囲から珍しがられることによる自己満足にアリ! ハズシまくったクルマに乗っていると、一般人は車名すら知らないわけだけど、それでも「なんだか珍しいな」とか、「見たことないけどオシャレだな」と思ってくれる人はいるもんなのだ。

 例えば私が乗ってたランチアイプシロン。近所のおばさんも内装を見て「うわ~、ステキ」と歓声を上げた。その時のヨロコビたるや、クルマ好き冥利に尽きる。

筆者が2006年に78万円で購入したランチアイプシロン。朱色のボディカラーも超オシャレ!

 もちろん、外すことにはリスクもある。多少のトラブルは覚悟のうえだ。リスクのないところにヨロコビはない! だからこそ、中古車で外す時は、お値段お安めが精神的にラクでいい。

 ただ、安すぎるのも善し悪しだ。8万円で買ったサーブ900は、安すぎたんでついサスをワンオフで作ったり、オールペンしたりお金をかけてしまい、乗り心地が劇的に悪化。いじり壊す結果となりました。サーブは元が割と平凡だったから、つい。

 ハズシにもバランス感覚が大事なんですね。反省……。

筆者が2009年に8万円で購入したサーブ900S。このあと、パールホワイトに全塗装するも敗北

【番外コラム】軽のハズシはどっちだ!?

 販売台数No.1のN-BOXだが、実用性を考えたら全高はこんなにいらん! N-WGNで充分だ。こっちのほうがクルマとして正しいぜ! これが小ハズシ。

●【定番】ホンダ N-BOX

3年連続国内販売台数No.1 問答無用の定番であり、もはや“国民車”といっていいN-BOX

●【小ハズシ】ホンダ N-WGN

クルマのデキはN-BOX以上。超絶シンプルなデザインも好感が持てるぜ

 ところでN-BOXは、今やオプション込みで200万円超えがアタリマエ。それだけ出せば、VWポロが買えてしまう。折しも1000cc以下は自動車税も安くなったし(年額2万5000円)、走りの質感は段違い! これが中ハズシ。

●【中ハズシ】VW ポロ

ドイツ車で約216万円からはお安い。走りはさすが。かつてのゴルフの再来か

 さらにいえば、なんだかんだで2人以上乗るこたぁ滅多にないんだから、フィアット500でいーんじゃないか? ツインエアなら900ccだから税金も安い。大ハズシはこれ。

●【大ハズシ】フィアット500ツインエア

登場から12年だがいまだにポップで古さを感じさせない。ツインエアエンジン最高!

【画像ギャラリー】“定番車”じゃなくてもクルマは楽しい!! 定番から大中小の外しグルマまでギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ