アルファードよりも…??王道の“定番車”でなくあえて個性派を狙え!!

アルファードよりも…??王道の“定番車”でなくあえて個性派を狙え!!

 クルマ選びの際、誰しもふと頭をよぎるのが、「みんなとおんなじクルマはなんかイヤだな…」といった思いではないだろうか。

 どのカテゴリーにも、「このカテゴリーならこれでしょ!」というような、いわゆる「ど定番」なクルマ・モデルがあり、そこには「みんなとおんなじ」という安心感がある。もちろんそれもいいのだが、いっぽうで「みんなとおんなじじゃつまらん」という不思議な冒険心がアタマをもたげるのだ。

「ニッポンのど定番」カローラから、各カテゴリーの代表的モデルまで。「コレ!」と言われるようなモデルをあえて外して、自分だけのカーライフを手に入れる! それが「外しグルマ」のススメ。

 指南役は外しグルマ教祖、外しに外して酸いも甘いも噛み分けまくった自動車評論家の清水草一氏。げに楽しき“外しグルマライフ”を伝授!

【画像ギャラリー】“定番車”じゃなくてもクルマは楽しい!! 定番から大中小の外しグルマまでギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年2月のものです
文:清水草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年3月10日号


■テーマ1 いいクルマになったからこそ外してみたくなる!ど定番カローラを外す!

 登録車の販売台数No.1の座を奪還しつつある新型カローラ。なにせ猛烈にいいクルマになっている! 小型セダン/ワゴンの復権はクルマ好きとしても実に喜ばしく、真剣に欲しくなっちまうぜ!

 がしかし、かつてのジャイアンツ人気のように、カローラが大復活したからこそ外してみたくなるじゃないか。

●【定番】トヨタ カローラ

世界150カ国以上で販売される、トヨタのコンパクトセダン。従来の凡庸なイメージから一転し、TNGAプラットフォームを活用しつつ国内専用のややコンパクトなボディを得た現行モデルは、低重心でスポーティなスタイリングを持ち、走る楽しさと取り回しのよさを両立させている。パワートレーンは1.8Lのハイブリッドとガソリン、1.2Lのターボ。定番・イズ・バック!

 小ハズシはホンダのグレイスだ。実はこれ、隠れた名車! フィットのセダン版だがフィットより乗り味が上質! 7速DCTもダイレクト感があって、ホンダらしい走るヨロコビが濃厚だ。猛烈に地味な存在で、あんまり知られてないのもイイぜ!

●【小ハズシ】ホンダ グレイス

フィットのセダン版として、アジアでは「シティ」の名前で販売されている。国内向けは寄居工場で生産され、ハイブリッドとガソリンの2本立て。サイズはカローラとほぼ同じ。カローラがこれだけ売れるなら、もうちょっと売れてもおかしくない、隠れた名車だ

 続いて中ハズシは、カローラよりちょっとサイズは大きいけど、そこそこコンパクトということで、先代3シリーズの中古車でいってみよう。

 3~4年落ちくらいのタマが、200万円以下でいくらでも探せる! カローラの新車買うより100万円安くBMWに乗れる。私も乗ってますが、故障ゼロです。

●【中ハズシ】先代BMW3シリーズ(中古車)

スポーティセダンの超定番として、日本国内でも非常によく売れた。これに乗っておけば間違いないというクルマのひとつ。新車価格は500万円前後だったが、中古車相場は非常にこなれていてお買い得。メカ的にも安定していて信頼性は充分高い。中古車でもたぶん大丈夫!

 そして大ハズシは、思い切って憧れのランエボXに挑戦だ! これだってコンパクトなセダンで実用性は高い。

 相場は高騰中なれど、カローラの新車くらいのお値段でも充分イケる。走行距離はちょい多めを覚悟ネ!

●【大ハズシ】三菱 ランサーエボリューションX(中古車)

言わずと知れたラスト・ランエボ。ベースはギャランフォルティスなので、セダンとしてのパッケージングはごくマトモ。中古車相場はじわじわ上昇中だ

次ページは : ■テーマ2 売れまくってる小型SUV 外し甲斐があるってもんだ!!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ