中止となったジュネーブショーで世界初公開予定だった「幻の5台」を一挙公開!

 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界のモーターショーの開催中止が相次いでいる。

 2020年3月5日~15日(一般公開日)に開催を予定していたジュネーブショー(スイス)もその1つ。なんと開催3日前に中止が決まったというから驚きだ。

 そこで、幻となったジュネーブショーに、世界で初めて公開する予定だった5車種をここで改めて紹介しよう。

 なお4月に開催が予定されていたニューショーショーは8月28日〜9月6日に変更された。

 また2020年から1月開催から6月開催に変更されたデトロイトショーは、会場となる展示場を新型コロナウイルス感染に伴う仮設病院として使用する計画があり、開催を断念した。

文/ベストカー編集部
写真/VW アウディ メルセデスベンツ FCA ルノー
初出/ベストカー2020年4月26日号

【画像ギャラリー】ジュネーブショーで世界初公開となるはずだった注目車5台の詳細写真


VWゴルフGTI

ハイブリッド搭載が予想されたが245psの2Lターボに!

8代目ゴルフGTI

 当初はハイブリッド化の計画もあったが、従来のガソリンエンジンを搭載することになった8代目ゴルフGTI。

 搭載される2L直4ターボユニット(EA888型evo4)は245ps/370Nm。7代目ゴルフGTIより出力で+15ps、トルクで+20Nmアップしている。組み合わされるトランスミッションは6MTまたは7速DSG。

 ちなみに8代目ゴルフの標準仕様が積む1.5L、直4ガソリンターボの高出力モデルが150ps/250Nm、最上級の2L、直4ディーゼルターボモデルが150ps/360Nm。

 インテリアは電動のチェック柄シートは踏襲されるが、10.25インチのデジタルコクピットと10インチのナビゲーションシステムタッチコントロールなど、デジタル化されたインフォテイメントが装備され、最先端のコクピットとなっている。

 気になる日本導入時期は、標準仕様のゴルフ8が2020年後半の日本導入が予想されるため、ゴルフGTIはそれから半年遅れで日本導入になるのではないだろうか。

アウディA3スポーツバック

マトリクスLEDヘッドライトが自慢!

兄弟車のゴルフと比べるとアグレッシブなデザインの新型アウディA3スポーツバック

 2020年3月3日に発表され、5月から欧州でデリバリーが始まる新型A3スポーツバック。外観は迫力をグッと増したスタイルだ。

 ボディサイズは全長が4.34m、全幅が1.82mと、従来型からそれぞれ約3cm拡大。1.43mの全高と2.64mのホイールベースは変わらない。ラゲッジルームの容量は380Lで、分割可倒式リアシートのアレンジで最大1200Lに拡大。

 パワートレインは全3種類で、最高出力150psの1.5Lガソリンターボエンジンの1.5 TFSIと、116ps仕様と150ps仕様の2種類の2Lディーゼルターボエンジン2.0 TDIを用意。

 トランスミッションは6段MTもしくはデュアルクラッチ式ATの7段Sトロニックで、駆動方式はFFのみとなっている。

 これらのパワートレインや駆動システムに加え、排気量の異なるエンジンやマイルドハイブリッドシステム、クワトロ(フルタイム4WD)などについても順次ラインナップしていくとしている。

 インテリアは、上級モデルにも搭載される10.1インチタッチディスプレイを標準で採用するほか、オプションでナビゲーションマップの拡大表示といった機能が追加されたデジタルメーターパネル、アウディ バーチャルコックピットやヘッドアップディスプレイも用意している。

 日本導入予想時期は早ければ2021年春頃になるだろう。

ボディサイズは全長4340×全幅1820×全高1430mm、ホイールベースは2640mmmと、現行モデルより全長と全幅が約30mm拡大

メルセデスベンツEクラス

ビッグマイチェンで顔付きが大幅変更!

発売から4年でビッグマイナーチェンジが行われたEクラス(AMGライン)
W213型現行Eクラスは2016年7月から日本に導入された

 2016年に登場した5代目ベンツEクラスのビッグマイナーチェンジ版が初公開となった。

 エクステリアではバンパー、ライト、フロント回りを変更、イメージを一新。スタンダードモデルにもフルLEDヘッドランプが標準装備となった。

テールランプやバンパーのリア回りのデザインも変更された(AMGライン)

 パワートレーンでは48Vマイルドハイブリッド、インテグレーテッドスタータージェネレーター(ISG)が、4気筒ガソリンエンジン(M254)に採用された。

 従来の4気筒モデルにもマイルドハイブリッド、ベルトドリブンスタータージェネレーター(BSG)が採用されていたが、新型はウォーターポンプやオイルポンプなどの補器類を電動化させたものだ。そのほか、複数のプラグインハイブリッドモデルの用意もあるという。

 安全装備においては、地図データや道路標識と連動して自動的に車速を制御するアクティブスピードリミット機能や同機能に加えデータ通信によって数分ごとに情報をアップデートするライブトラフィックとも連携するACC、アクティブディスタンスアシストディストロニックを設定。

10.25インチの液晶を2枚据え付けるディスプレイを標準搭載。12.3インチ液晶を2枚並べた仕様もオプションで選択できる。「ハイ! メルセデス」で始まる自然対話型音声認識システムを組み込むインフォテインメント機能MBUXはAR(拡張現実)にも対応

 さらに自動車専用道路上で最高60km/hまで車線と先行車との距離をキープし、1分以内であれば停止から再発進までを自動で行う、アクティブストップアンドゴーアシスト機能など、最先端の運転支援システムを採用したのが特徴。

 そのほか、衝突回避や被害軽減の自動ブレーキ、アクティブブレーキアシストは停車車両のほか歩行者の飛び出しも検知するよう進化。

 駐車から発進までを自動でサポートするパークトロニック&360度カメラ付きアクティブパーキングアシストには、ボディサイドの死角をカバーする新しいカメラアングルも加わった。

 今回のマイナーチェンジモデルは2020年夏から欧州で販売開始となる。今回のマイナーチェンジは、その後クーペ、カブリオレに続くという。

 マイナーチェンジ版Eクラスの日本導入時期は早ければ2020年末になるだろう。

スリーポインテッドスターのマスコットがボンネット上に装着されるエクスクルーシブライン
Eクラスオールテレインも改良が加えられた

フィアット500 la Prima

新型はなんと全車EV、自動運転に対応!

デザインは現行モデルとあまり変わらないが中身は大幅に違う。ボディサイズは全長3630×全幅1685×全高1515mm、ホイールベースは2320mm
現行フィアット500は日本仕様で、全長3570mm×全幅1625mm×全高1515mm、ホイールベース:2300mm
ヘッドライトが上下に分割されたのが新型フィアット500の特徴

 FCA(フィアット・クライスラー・オートモービル)初となるEVが、この新型500だ。

 一見すると、現行モデルと変わらないように見えるが、新設計のプラットフォームが用いられており、現行モデルより全幅と全長がそれぞれ6cm、ホイールベースが2cm拡大しているものの、スタイリングは現行モデルから踏襲されている。

 現行モデルとの最大の違いは、これがEVとなっている点で、蓄電量42kWhのリチウムイオンバッテリーにより、WLTPモード計測で一充電あたりの走行距離は320km。

 85kWの急速充電に対応しており、およそ35分でバッテリー容量の80%まで充電が可能とされている。

 駆動用モーターの最高出力は87kWで、0→100km/h加速は9.0秒。最高速はリミッターで150km/hに制限されている。

 そのほかレベル2自動運転機能や新しいインフォテインメントシステム「UConnect 5」を搭載している。外観は前モデルを踏襲しているが全長、全幅ともに拡大した。

 欧州での価格は、2020年3月4日の発表当日にオンライン受注が開始されたコンバーチブルの限定モデル「la Prima(ラ・プリマ)」で3万7900ユーロ(約450万円)となっている。

 気になる日本導入時期はまったくの未定だが、早ければ2021年春頃と予想。

リアデザインも現行モデルのイメージを踏襲する
インテリアデザインも一新。ダッシュボードは幅広く細長いものとなり、現行モデルではシフトレバーがあったシートの間にはモジュラー式の収納スペースが設定
ショルダールームやレッグスペースは拡大され、リチウムイオン電池を搭載しても従来型同様のラゲッジスペース。シート地などには海洋から回収したプラスチック素材をリサイクルした繊維を使い、本革ではなくエコレザーを使用したトリムも設定

ルノートゥインゴZ.E.

215km走行可能なEV

EVパワートレインは、モーターが最大出力82ps、最大トルク16.3kgmを発生する。0~50km/h加速4秒、最高速度は135km/h

 Z.E.はトゥインゴのEVバージョン。「Z.E.」とは、ゼロ・エミッションを意味しており、ルノーのEVに冠される名称だ。

 トゥインゴにEVが設定されるのは、初めてとなる。リアに搭載される駆動用電気モーターの最高出力は82psで、最大トルクは16.3kgm。21.3kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、加速や最高速が制限されるEcoモードを選択すれば215㎞走行可能。

 バッテリーは、蓄電容量が22kWhだ。1回の充電での航続は、WLTP計測の市街地モードでおよそ250km、複合モードでおよそ180kmの性能を備える。

 ルノーによると、欧州のシティカーユーザーの平均的な1日の通勤距離は、約30km。トゥインゴZ.E.は、充電なしで1週間の通勤に使える航続を備えており、EVシティカーとして、有力な代替燃料車になるという。

 日本には導入するかどうかも含め、未定となっている。

【画像ギャラリー】ジュネーブショーで世界初公開となるはずだった注目車5台の詳細写真

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ