「コミチ」 マンガ作品を無料で縦スク化でき、販売可能なサービスを開始

 当サイトにて「お題 ドライブ」でマンガ作品を募集し、大変お世話になったマンガ投稿サービス「コミチ」(旧コルクブックス)が、2020年4月30日、新サービスを開始した。

【ベストカーWebがお世話になったドライブ作品】
お題「クルマ」マンガ 集まったのは「宝物」でした【ベストカーWeb×コルクBooks】
お題「ドライブ」でマンガを募集したら「人生」が集まった【ベストカーWeb×コルクBooks】

■縦スクロールマンガ専門のショップをオープン

 800人以上の漫画家が登録するマンガ投稿サービス「コミチ」は、2020年4月30日に、独自に開発した自動コマ分割システム(特許出願中)を活用し、スマートフォンに最適化したマンガ作品(作品の縦スクロール化)の販売・配信ストアをオープンした。

 これは、投稿者自身が権利・デジタルデータを持っているマンガ作品であれば、簡単にスマホでの閲覧に最適な縦スクロールマンガ(入稿した作品を自動でコマ分割して、縦スクロール作品化)に変換し、コミチ上で配信・販売をすることができるサービス。

 すでに先行して『ドラゴン桜 2』(三田紀房著)や『スティーブス』(うめ、松永肇一著)などが縦スクロール化され販売している(一部無料公開中)。

 本サービスを開始するにあたり、コミチでは、2020年6月30日までにコミチへマンガ配信が行われた作品について、公式サイト上やSNS上の公式アカウントにて積極的・優先的にPRしていくと発表。マンガ作品の「スマホ向け縦スクロール化」を検討中の出版社や新人作家に向けて、機能の利用を呼びかけている。

「コミチ」公式サイト https://comici.jp/
「コミチ」縦スクストア https://comici.jp/store/
本件問い合わせフォーム https://forms.gle/JQFoZnphiHHXrRVM8

【マンガ作品の縦スクロール化と収益化のイメージ】

 これまで、「紙」への誌面掲載を前提として制作されたマンガ作品を、スマホ向けに縦スクロール化することは一定のコストとリスク(作品の構成やテイストが変わる可能性)があった。しかしコミチが開始した新サービスを利用することにより、コストの大幅削減と、(作者や出版社自身が手軽に利用できることで)リスクの低減が可能となる。

 若い世代を中心に、現在、マンガ読書のスタイルが「紙」からタブレットやスマホへ徐々に移行することによって、縦スクロール作品の需要は高まっている。このサービスが、そうした市場の動きに一石を投じることになりそう。ぜひ一度利用してみてほしい。

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ