お題「クルマ」マンガ 集まったのは「宝物」でした【ベストカーWeb×コルクBooks】

■心に寄り添う「クルマ」たち

 クリエイターが作品(マンガ)をネーム、プロット、下書き段階から投稿し、それをファンや作家同士でコメントし合ってより優れた作品へと仕上がってゆくWebサービス「コルクBooks」

 前回、ベストカーWebとコルクBooksがコラボ企画として「ドライブ」というお題で募集したところ、大変キュンとくる作品が集まりました。

 そこでコラボ企画第二弾として、今回は「クルマ」というど真ん中のお題を発表。前回同様多くの作家さんとそのタマゴの皆さんが作品をお送りいただきました。

 当サイトが選ばせていただいた最優秀作品には1万円ぶんの図書カードを贈呈させていただきます。

 そのほか7作品を「入選」とさせていただき、選評をつけさせていただきました! こちらはお気持ち程度で恐縮ですが、1000円ぶんの図書カードを(コルクbooksさんを通して)お送りさせていただきます!!

 それではさっそく、「最優秀作品」からご紹介いたします!!

(各作品ページをタップしていただくと、「続き」が別ウィンドウで表示されます)

【最優秀作品】「おじいちゃんのお見送り」小柳かおり著

【選評】なぜ「安全運転」が大切なのか、ということがとてもよく伝わる作品でした。「自分のため」だけじゃないんですよね。「クルマ」や「運転」や「免許証(多くの人にはアイデンティティとして機能します)」が大事であればあるほど、「なぜそれが大事なのか」を考える必要があって、そのキッカケの多くは「誰かのため」であったはずで。クルマの最大の特徴は「移動の楽しみ」をもたらしてくれるところなんですが、そこに「誰と」や「誰かのために」が加わると、さらに輝かしいものになるんですよね。とても大切で、だけど大切だからこそ諦めることがある、と。お祖父さんの笑顔が素敵だったこととコマ割りが緻密で読みやすかったこと、高齢化社会でますます重要になってくるテーマ性と、総合力で最優秀作品に選ばせていただきました! おめでとうございます!!

【入選】「オンボロクルマ(再リメイク版)」こしのりょう著

【選評】最後の最後まで最終週作品と競った作品でした。プロ中のプロ、こしの先生の作品です。「はじめて買った15万円の中古車」と「家族」という、もうクルマ好きの心にきゅんきゅん来るアイテム2連発。お刺身に日本酒みたいな品揃えでした。若い頃の自分と古い(力のない)クルマ、安全で快適な今のクルマと今の生活がパラレルに対置されています。単なる記憶を「思い出」にまで高めるにはいくつか「アイテム」が必要で、クルマはそれに適した「記憶の扉を開けるカギ」になるんですよね。手法としても、髪型で年齢を象徴し、モノローグを差し挟む手法、とても勉強になりました。また、娘さんは「あの頃の苦労」を知らなくて、知らなくても気遣う娘さんが愛おしいということろまで、しっかり刺さる作品でした!

【入選】「五郎」渡部大羊著

【選評】今回唯一の「バイクもの」です。わりとさらりと描いているように見えますが、細部まできっちり書き込まれ、構図も「あぁ、愛情と思い入れを持ってバイクを見続けたんだろうな」ということがよくわかる作品でした。バイクってタンクとそこに写る自分を眺める時間、たくさんあるんですよね。運転しているときも一人だし、音楽を聞くわけでもないので、必然的に内省的になって、自分と向き合う時間が増える乗り物だなと思います。また、クルマやバイクに名前をつける人は最近めっきり減ったように思いますが、つけたほうが大事に乗るようになりますし、思い出にも残りやすくていいことづくしですよね。わたくし最初の愛車は「アインシュタイン」と名付けてました(ホンダ車でした)。

【入選】「初心者がジムカーナ練習会に参加した話 」金也奏著

【選評】3部作(3作品)描いていただきました。草の根モータースポーツの最大の魅力を丁寧に描いていただき、『JAF MATE』(日本最大部数の自動車専門誌)に推薦したいくらいの内容でした。内容ももちろん共感できるんですが、キャラクターが生き生きしているのがすばらしかったです。特に最終カットの表情が最高。だんだん運転がうまくなってゆくのって、めちゃくちゃ楽しいですよね。走っている時のタイヤの位置や状態がわかるようになってくると、『HUNTERXHUNTER』に出てくる「円」の使い手みたいな気分になれてお薦めです。残念ながらわたしたちに「念」は使えませんが、クルマを使えば自分の力を拡張して、速く走ったり遠くに行くことはできる。そしてその能力は訓練で向上する。そういうことが改めて実感できました。それからこれは読者向けに。モータースポーツを経験すると「速く走りたい」という欲求が強くなるんですが、それ以上に「そのためには丁寧に走らなくてはならない」という習慣が体に叩き込まれるので、安全運転になります。お薦め。

【入選】「New days, New ways」コジママユコ著

【選評】初心者によるクルマとの新鮮な出会いを、「道」の発見という視点から描いてくださいました。初めて自分一人でクルマを運転する時に気づくには、「あ、手に入れたのは【運転する権利】というより、【自由】なんだ」ということなんですよね。そして「自由」はもちろん人によって見え方が違っていて、だからこそいろんな作品でいろんな表現の仕方がされるのだとも思います。この作品では冒頭で主人公が人生の節目に立っていることが示されており、そうした不安や悩みと「自由」との関係がきれいに繋がって描かれていて、そこが特によかったです。最後の3コマ、「わくわくしている自分」を発見して笑っているところ、「キャラとしての自分」の取り扱いがとても上手いなと思いました。

【入選】「カプチーノノスタルジア」みずけん著

【選評】前後編2作品投稿してくださいました。集まった作品のなかで唯一「車種名」が登場する作品です。それも「スカイライン(オーテックver.)」と「カプチーノ」という、非常に当サイトの読者層にストライクなセレクトで、大変ありがたいかぎり。読者の皆さんも一言二言ありそうな車種に加えて、こういう「あの頃、心に刺さっていたクルマ」、クルマ好きなら誰でもありますよね。カプチーノはオープンカーなので、運転している人の表情がよく見える、というところを作品の構成に盛り込んだところもよかったです。思い出に残るクルマの多くは「それに誰が乗っていたか」がセットで宝物になる、ということも表現してくださいました。

【入選】「図形家族 」小山コータロー著

【選評】「奇作」、「怪作」という言葉が頭を占める作品でした。なにしろお題が発表されて最初に投稿されたのがこの作品だったことで、この企画の成功を確信しました。ありがとうございます。ちょっと前の『週刊モーニング』の巻末にありそうな作品でした。「ぜいたく言うな、転がれ」というセリフが何回読んでも笑えます。確かに四角形は転がれない。転がれない四角形と三角形の間に生まれた(?)球形の悲哀を受け止めるために父(??)が出した答えは「動かなくなったクルマの姿」への擬態だった! 「動く」とは何か、「転がる」とは何かを、哲学的に問うている気がします。気のせいかもしれませんが。

【入選】「ドライブ with…」まゆしー著

【選評】大型犬とクルマへの相性って最高だと思うし、それは「幸せの匂い」しかしないはずなんですが、そうなんです、犬、けっこうクルマに酔うんですよね……。しかも彼ら(犬)、わりとガチで「こ、こんなはずでは…申し訳ないご主人…」と、しおらしい顔をするんです。違うんだ、悪いのはきみではない、すまない、という気分になるところまで、しっかり絵で表現されておりました。あとクルマに慣れてくれると、思い切り走らせることができて、飼い主側も嬉しいんですよねー。そういう「実情とハッピーのバランス」がとてもよい具合に出ていた作品でした。

★      ★      ★

 以上、このほかにもたくさんのご応募をいただき、編集部一同大感謝しております! 「クルマ」という、かなりざっくりしたお題でハラハラしていたのですが、皆さんの心のなかの「宝物」が集まったと思っております。コルクbooksさん、ありがとうございました! 腕に覚えのある皆さんは、ぜひ次回のコラボ企画をお待ちください!! 

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ