お題「クルマ」マンガ 集まったのは「宝物」でした【ベストカーWeb×コルクBooks】


■心に寄り添う「クルマ」たち

クリエイターが作品(マンガ)をネーム、プロット、下書き段階から投稿し、それをファンや作家同士でコメントし合ってより優れた作品へと仕上がってゆくWebサービス「コルクBooks」

前回、ベストカーWebとコルクBooksがコラボ企画として「ドライブ」というお題で募集したところ、大変キュンとくる作品が集まりました。

そこでコラボ企画第二弾として、今回は「クルマ」というど真ん中のお題を発表。前回同様多くの作家さんとそのタマゴの皆さんが作品をお送りいただきました。

当サイトが選ばせていただいた最優秀作品には1万円ぶんの図書カードを贈呈させていただきます。

そのほか7作品を「入選」とさせていただき、選評をつけさせていただきました! こちらはお気持ち程度で恐縮ですが、1000円ぶんの図書カードを(コルクbooksさんを通して)お送りさせていただきます!!

それではさっそく、「最優秀作品」からご紹介いたします!!

(各作品ページをタップしていただくと、「続き」が別ウィンドウで表示されます)

【最優秀作品】「おじいちゃんのお見送り」小柳かおり著

【選評】なぜ「安全運転」が大切なのか、ということがとてもよく伝わる作品でした。「自分のため」だけじゃないんですよね。「クルマ」や「運転」や「免許証(多くの人にはアイデンティティとして機能します)」が大事であればあるほど、「なぜそれが大事なのか」を考える必要があって、そのキッカケの多くは「誰かのため」であったはずで。クルマの最大の特徴は「移動の楽しみ」をもたらしてくれるところなんですが、そこに「誰と」や「誰かのために」が加わると、さらに輝かしいものになるんですよね。とても大切で、だけど大切だからこそ諦めることがある、と。お祖父さんの笑顔が素敵だったこととコマ割りが緻密で読みやすかったこと、高齢化社会でますます重要になってくるテーマ性と、総合力で最優秀作品に選ばせていただきました! おめでとうございます!!

次ページは : 【入選】「オンボロクルマ(再リメイク版)」こしのりょう著

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ