ベンツS、ソアラ、シーマ…あの頃憧れた高級車を中古で狙うチャンス到来!!


ベンツ190E(W201型)/1985~1993年 現在の中古車価格:60万~220万円

まるでW126型ベンツSクラスをそのまま小さくしたようなエクステリアを持つ190シリーズ。ボディサイズは全長4420×全幅1680×全高1385mmの5ナンバーサイズだ
41cm径のステアリングやVDOのメーター、スタッガード式ゲートのシフトレバーが備わるインパネ(写真は2.3-16V)

 2代目BMW3シリーズが「六本木のカローラ」というありがたくない俗称を頂戴したクルマなら、「小ベンツ」という間の抜けた俗称を与えられたのがこちら、W201ことメルセデスベンツ190Eだ。

 Sクラスとほぼ同等のクオリティを、5ナンバーサイズの小さなボディに詰め込んだ小ベンツ……じゃなかったW201は、ドイツ本国では1982年にデビュー。

 そして日本への正規輸入が始まったのは1985年、フジテレビ系列で『夕焼けニャンニャン』の放送が始まり、マジメな話としては男女雇用機会均等法がやっと成立した頃だった。

 前述したとおりW201という小型セダンは、当時のSクラスの圧倒的クオリティなそのままに、「それを小さくしただけ」という素晴らしいクルマだった。

 Sクラスの300SEに対しても「ゴーロクマル以外は……」などと言ってしまう世相に対しては完全に無力で、ただただ「小ベンツ」と馬鹿にされたのであった。

 しかし2020年の今になってW201型の実力は再発見され、その中古車は60万~220万円というなかなかの高値で販売されている。

 たしかに小ベンツとはいわれていたが、形だけでなく、作り、品質など中身もSクラス譲りだったのだ。

 W124型やW126型と同様、頑強なボディ剛性でドアの開閉音も重厚、5ナンバークラスで当時最小のコンパクトセダンにはどうみても過剰品質だった。

 また、ペダルが踏みやすいように着座状態でドライバーの膝が曲がる角度が120度になるように設計され、硬めながらも疲れにくい構造となっているシートなど、メルセデスベンツが「最善か無か」という思想で最高品質を求めていた時代に作られたのがW201型だった。それが今見直されているということだ。

 サッコプレート(ボディ下半分のプロテクトパネル)が付く1988年式以降の程度がそこそこいいもので80万円くらいから、1992年、1993年式の最終モデルで100万円からあり、なかには1993年式の190E2.6、走行距離3.3万kmで138万円という個体もあった。

 コスワース製DOHCヘッドを積む2.3-16Vは470万円で売られていた。2.5-16V(エボI、総生産台数500台)に関しては500万円以上の値が付く場合も多い。また超希少車の2.5-16VエボリューションIIも2480万円(総生産台数500台)で販売されていた。

■中古車流通台数:36台、中古車価格:60万~220万円

上の写真をクリックするとベンツ190シリーズの中古車価格が見られます!

3代目ホンダ プレリュード/1987年4月~1991年9月 現在の中古車価格:60万~130万円

世界初の4輪操舵システム(4WS)をオプションで設定。4WSは高速走行時は違和感がなかったが、低速時、特に車庫入れの時にはドライバーのイメージよりも曲がるので、慣れるまでに違和感があったという
全車に車速応動型パワーステアリングを標準装備。低い車高とワイドなガラスエリアで運転しやすかった

 バブル期あるいはバブル直前期の若者が憧れたクルマとしては、「デートカー」を外すわけにはいくまい。

 今の若い人にデートカーといっても「???」という感じで伝わらないと思うが、スタイリングはスポーティなクーペなのだがエンジンは比較的フツーなクルマが、「ドライブデートに最適なデートカー!」としてもてはやされたのだ。

 その最右翼にしてカテゴリー自体を創ったのが、プレリュードだった。低くスタイリッシュなデザインから大ヒットした2代目のキープコンセプト版だが、より洗練されて人気は継続。

 学生や20代の若者のデートカーの最右翼がプレリュードで、30代~40代のバブリーな人たちのデートカーは、後述する2代目ソアラだったのだ。

 3代目プレリュードは世界初となる、メカニカルな4WS、ホンダ4輪操舵システム(4WS)をオプションで設定したことでも有名。

 この4WSは高次元のハンドリング性能を実現するために、ハンドル操作量に応じて後輪を前輪と同方向(舵角により逆方向)に操舵するもの。若干の違和感があったのはご愛嬌。

 現在の中古車相場は60万~130万円といったところだが、流通量はかなり少なく全国に8台しかない。大ヒットした割に現存台数が少ないのはホンダ車ならではの宿命か。

 ただ、極上コンディションのワンオーナー車がたまに200万円ぐらいで売られていたりもする。

 今回見つけたのは1989年式の2.0XXでワンオーナー車、走行距離9万kmの5速MT車で価格は129.9万円だった。MT車は珍しいので欲しい人は即買いするべきだろう。

■中古車流通台数:8台、中古車価格:60万~130万円

次ページは : 2代目トヨタ ソアラ/1986年1月~1991年5月 現在の中古車価格:40万~340万円