ベンツS、ソアラ、シーマ…あの頃憧れた高級車を中古で狙うチャンス到来!!


 1980年代中盤から1990年代前半にかけて、日本は有史以来? の好景気で、まさに泡が湧きたつごとくバブル景気に誰しもが酔いしれた。

 この時代、金銭感覚が狂った人も多く、ブランド品を身に纏い、ステイタスの象徴として、高級車が売れに売れた狂乱の時代だった。

 バブル時代のヒエラルキーのトップはベンツだった。560SELじゃないとベンツSクラスじゃないと言われたり、190は小ベンツなどと揶揄されながらも大ヒット。またE30型BMW3シリーズは六本木カローラと言われるほど、六本木界隈の街に溢れていた。

 そして、日本車のヒエラルキートップは日産シーマ。欧州車を思わせるスタイルと優雅さで世のおじさんたちが虜になり大ヒット、シーマ現象とさえいわれた。

 この時代、バブル景気に浮かれた人たちに好まれたのは、シーマを筆頭に、デートカーのソアラやプレリュードなど、豪華さ、ステイタス性のあるクルマたちだった。クルマで女が寄ってくる……と言われる凄い時代だった。

 あれから早30年、当時20代だった浮かれていた若者は、今や50代~60代のおっさんになった。そんなアナタ、20代に戻って、当時憧れだったバブリーなクルマたちを買ってみませんか?

文/伊達軍曹
写真/ベストカーWeb編集部 トヨタ 日産 ホンダ メルセデスベンツ BMW

【画像ギャラリー】バブル全盛期に欲しかったクルマたちの雄姿


W126型ベンツSクラス/1979~1991年 現在の中古車価格:100万~260万円

バブル全盛期高級車のトップに君臨していたのがW126型ベンツSクラスだった
560SELじゃなければSクラスじゃないといわれていた

 いつからいつまでを「バブルだった」とするかは諸説あるが、ざっくり考えれば1986年(昭和61年)から1991年(平成3年)あたりの期間が、日本においてはバブル最盛期だったと言えるだろう。約30年も前の話である。

 筆者=現在アラフフィフは当時ビンボー大学生活の真っただ中であったため、指を加えて見ているほかなかったのだが、バブル期にはさまざまな高級車、高額車が各メーカーから相次いで発売された。そして今で言うリア充な若年層が、それらを買い漁っていたものだ。

 ビンボー学生だった筆者や現在アラフィフのご同輩、あるいはアラ還の先輩方の多くは(たぶん)憧れの対象でしかなかった「当時のあのクルマ」は今、どこでどうしているのか? 

 そしてもしもまだ売られているとしたら、いくらぐらいなのだろうか? いろいろ調べてみました!

 バブル期は、六本木通りにコレを路駐するチンピラ各位が大量発生したわけだが、それだけ「よく売れた」ということでもある。

 W126という型式名を持つこちらのSクラスが登場したのは、SONYのウォークマン1号機が発売された1979年のこと。

 当初から並行輸入のW126型Sクラスはまあまあ売れていたが、圧倒的に増殖しはじめたのは、W126が後期型へのマイナーチェンジを受け、テレビで佐藤浩市が「24時間戦えますか?」という実存主義的な問いを発していた1989年頃だったように思う。

 当時の若い婦女子は「ゴーロクマル(560SEL)以外はSクラスじゃないよね!」などと生意気なことを言っていて、それに対して純朴なカーマニア男子が「いや、直6で標準ボディの300SEのほうが実はイイんだよ!」などと言っても、まるで相手にされなかった。ちなみに1990年当時の560SELの価格は1355万円、一番安い300SEでも840万円だった。

 そして2020年現在、W126型Sクラスの中古車は24台流通しており、相場は100万~260万円といったところ。

 ただしロングボディのSEL系の数は少なく、標準ボディのSE系が多い。ただし、走行距離2000kmの1988年式560SELが1200万円、1990年式の560SEL、走行距離5.6万kmで580万円という個体を発見したが、これは特別。街中を走っていた560SELに乗っていたあの人たちは今、どこで何をしているのだろうか?

■中古車流通台数:24台、中古車価格:100万~260万円

上の写真をクリックするとW126型Sクラスの中古車価格が見られます!

2代目BMW 3シリーズ(E30型)/1983年~1991年 現在の中古車価格:120万~250万円

日本では1983年から導入されたE30型3シリーズ。4ドアのセダン、2ドアのクーペ、ツーリング、カブリオレをラインナップ。日本人にとって最も馴じみ深いモデルといえる
1983年式のE30型3シリーズのインパネ。ドライバー向けられたダッシュボードが特徴

 六本木通りに路駐されていた輸入車NO.1がW126型メルセデスベンツSクラスであったなら、「六本木通りを実際に走っていた輸入車NO.1」はこちら、E30という型式名を持つ2代目のBMW3シリーズだっただろう。

 5ナンバー枠に収まるそのサイズ感が似ているということと、あまりにも数が多いということから「六本木のカローラ」というありがたくない俗称を付けられたBMWである。

 BMWがE30の正規輸入を開始したのは1983年。ちょうどフジテレビ系列で『オールナイトフジ』の放送が始まり、オールナイターズと呼ばれた女子大生たちの美脚や胸に、全国の童貞男子が悶々としはじめた頃だ。

 こちらもW126同様、バカ売れしはじめたのは1986年頃からで、2ドアクーペの「325i」が追加されたあたりのタイミングだ。

 同クラスの日本車と比べて325iも320iも余裕で200万円ぐらいは高額だったが、その分だけE30型3シリーズは「富の象徴」となり、これを用いてのナンパ行為はきわめて成功率が高かったという。ただし筆者は純情なビンボー学生であったため、実際の確率については不詳である。

 現在、E30型BMW 3シリーズの中古車相場は120万~250万円といったところ。全国に10台あまりが流通している。

 1991年式の320i、走行距離6万km、148万円、1991年式318i、走行距離1.1万kmのワンオーナー、132万円。といった具合に程度のいいクルマやワンオーナー車が数台見受けられ、下品な改造がされていないフルノーマル系が多い。

■中古車流通台数:10台、中古車価格:120万~250万円

上の写真をクリックするとBMW3シリーズの中古車情報が見られます!

次ページは : ベンツ190E(W201型)/1985~1993年 現在の中古車価格:60万~220万円

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ