「買ってはいけない」or「ぜひ狙いたい」人気車最安グレードベスト5 & ワースト5

「買ってはいけない」or「ぜひ狙いたい」人気車最安グレードベスト5 & ワースト5

最も安いグレードといえば、“鉄チンホイール”剥き出しや“無塗装樹脂バンパー”などチープなイメージが強い方も多い? されど、最安グレードには「安いだけで使えない」ものだけでなく、「安くて買い得」なものもあるのだ。

文:渡辺陽一郎/写真:茂呂幸正、TOYOTA、NISSAN、MAZDA、SUBARU、SUZUKI



買い得な最安グレードは多い?


最廉価グレードの全般的な傾向をいえば、推奨度の低いタイプが多い。設定されている目的が、法人の営業車やレンタカー、あるいは価格の安さで注目されることに置かれているからだ。そうなると機能や装備に対して価格が割安なのは、中級のグレードになる。

それでも例外的に買い得、あるいは注目度の高い最廉価グレードがある。まずはこれを紹介したい。

「安くても魅力あり!」最安グレード ベスト5


■5位:セレナS/243万5400円

マイルドハイブリッドとアイドリングストップが付かず、JC08モード燃費は15.0km/L(『マイルドハイブリッド』は17.2km/L)だが、装備は『マイルドハイブリッドX』(248万9400円)よりも充実する。

JC08モード燃費の違いが2.2km/Lなら、走行距離の短いユーザーにとっては『S』のほうが断然買い得だ。

■4位:フォレスター2.0i アイサイト/241万9200円(CVT)

以前のグレード構成では、アイサイト装着車は、最も安い仕様でも2.0i-Lアイサイト(268万9200円)だった。

それが2017年4月の改良で、27万円安い2.0iアイサイトが設定されている。ルーフスポイラーや外装の装飾、シートヒーターなどは省かれるが、基本性能は同じでアイサイトバージョン3も備わるから買い得感と安心感が強い。

■3位:レガシィアウトバック 標準/320万7600円(CVT)

高価格車だから最廉価のイメージではないが、17インチタイヤの装着によって乗り心地が絶妙に快適だ。走行安定性との調和も取れている。

逆に『リミテッド』(347万7600円)は18インチタイヤを装着して、スタブレックスライドのショックアブソーバーも備えるが、乗り心地が硬めになった。

「上級のリミテッドよりも安い方の乗り心地が快適」というのがこのグレードの注目点だ。

■2位:ジムニーXG/129万6000円(5速MT)

アルミホイール、電動格納式ドアミラー、ルーフレールなどを省いた簡素なグレードで、ジムニーの質実剛健なコンセプトに合う。

「ファッションではなく悪路を走るためにジムニーに乗る」硬派の選択肢で、スチールホイールならキズを気にする必要もない。むしろ使い込むと味わいが深まる。ジムニーの本質を突いたグレードだ。

■1位:ロードスターS/249万4800円(6速MT)

注目度ナンバーワンはロードスターSだ。6速MT専用のグレードで、リヤスタビライザー(ボディの傾き方を制御する棒状のパーツ)と、トンネルブレースバー(ボディ底面のセンタートンネルに装着された補強材)を省いた。

従ってボディ剛性は低下したが、Sの運転感覚は初代ロードスターにきわめて近い。カーブを曲がる時の後輪の接地性がほかのグレードに比べると低く、少し腰砕け気味に、捩れる感覚で横滑りを開始する。

この挙動の変化を感じ取りながら修正操舵を行うと、初代ロードスターの記憶が蘇る。初代を知らない人がドライブすると「運転感覚が曖昧で頼りないヘンなスポーツカー」と感じるだろうが、知っている人には感涙モノだ。

マニアの間では隠れた主役グレードになっている。

次ページ:最安グレード ワースト5 最下位はあの人気車!?



次は使えない最廉価グレードを取り上げたい。装備が簡素で選ぶ価値の乏しいグレードはたくさんあるので、特徴的な例を挙げる。

「買い得感薄し」最安グレード ワースト5


■ワースト5位:エルグランド 250XG/321万3000円

エルグランドでエアロパーツの装着されないスッピンのボディでは、コンセプトに合わず外観の見栄えも情けない。しかも、『250XG』の2列目シートはベンチタイプのみだ。

エアロパーツを装着して、なおかつ快適で豪華なセパレートのキャプテンシートを選べる『250ハイウェイスターS』(339万5520円)を買いたい。価格差は18万2520円だから、装備の違いを考えると『250XG』は割高でもある。

■ワースト4位:C-HR S-T/251万6400円(4WD)

ターボのS-Tが4WD専用になるのも選びにくいが、ハイブリッドの『S』を含めて、LEDヘッドランプを装着できずハロゲン専用になる。カッコイイSUVのC-HRに、ハロゲンヘッドランプというのは非現実的だろう。

そして、LEDヘッドランプは上級の『G-T』(277万5600円)でも15万1200円のオプションだ。

C-HRにLEDヘッドランプを装着すると、カーナビなどを除いても300万円近い価格になってしまう。従ってすべてのグレードでLEDヘッドランプを装着できるようにすべきだ。

また、ターボの2WDも必須のラインナップになる。現状ではC-HRはグレード選びに困るクルマになっている。

■ワースト3位:RVR M/205万8460円

上級の『G』に比べて19万2240円安いが、『M』にオプション設定されたベーシックパッケージは、ディスチャージヘッドランプ+フォグランプ+アルミホイールのセットで価格が19万4400円になる。

これらの装備はすべて『G』に標準装着されるから、『M』にベーシックパッケージを加えて購入すると、『G』の価格を飛び超えてしまう。

しかも『G』にはベーシックパッケージの装備以外にもキーレスオペレーションやパドルシフトなどが装着され、これらは『M』には備わらない。

つまり、『M』+ベーシックパッケージは、『G』よりも装備が貧弱なのに価格は上まわるという、とんでもなく割高な仕様だ。

■ワースト2位:ヴィッツ 1.0F/132万5160円

2位はヴィッツの3気筒1Lエンジンを搭載する『1.0F』。アイドリングストップを装着すると140万5080円になり、これを備えた4気筒1.3Lエンジンの『1.3F』との差額は7万6680円だ。

ただし、『1.0F』では後席が分割可倒式にならずタイヤサイズも異なる。その結果、1気筒/300ccの違いが、わずか5万円相当に縮まる。

しかもJC08モード燃費は、『1.3F』が25.0km/Lなのに、『1.0F』のアイドリングストップ装着車は24.0km/Lと悪い。

つまり、『1.0F』は5万円安いだけで動力性能が大幅に下がり、3気筒だからノイズは騒々しく、タイヤの違いで乗り心地は粗く、燃費は悪化する。

自動車税は年額5000円安くなるものの、まったく選ぶ価値のないグレードだ。

■ワースト1位:ノートe-POWER S/177万2280円

ワーストはノートe-POWER『S』だ。JC08モード燃費を37.2km/Lとするために(ほかのe-POWERは34.0km/L)、エアコンまで省いた。

今はエアコンがメーカーオプション(12万9600円)で用意されるが、発売当初は設定がなかった。また、今でもe-POWER『S』には緊急自動ブレーキを付けられない。

しかも、複数の装備を省いた割に、価格はさほど安くない。どの車種にも当てはまる話だが、大半のグレードに標準装着される装備はメーカーが安価で調達しているため、省いても価格をあまり下げられないのだ。

従ってe-POWER『S』は選ぶ価値が乏しい。

開発者にe-POWER『S』を設定した理由を尋ねると「アクアの37.0km/Lを超えないと注目されないから」というが、さらにボディの大きなプリウスは大半のグレードが37.2km/Lで、最廉価のEは40.8km/Lになる。

ノートe-POWER『S』を目当てに販売店に来店する顧客もいるが、エアコンが非設定だった時には、事情を説明してe-POWER『X』を推奨していた。

そのためにメーカーの発表したe-POWER『S』の販売比率は0%だ。

 

最新号

ベストカー最新号

S-FRに代わるトヨタの小型スポーツ計画、オーリスターボのデザイン判明!! 『ベストカー』1月10日号

 いつもより1日早く、12月9日に、2018年最初のベストカー1月10日号が発売となりました。今号は、トヨタS-FRに代わる新たなスポールスポーツ計画を、スクープ班が独自入手。その詳報をスクープ...

カタログ