N-WGN、頭ひとつ抜け出る!!? デイズ eK ワゴンR ムーヴ… 軽ハイトモデル王座決定戦!

 ホンダ N-WGN、日産・三菱のデイズ&eKワゴン、スズキのワゴンR、ダイハツ ムーヴ。群雄割拠の軽ハイトモデルで王座決定戦を実施。判定してくれるのは自動車評論家の吉川賢一氏だ。

 昨年(2019年)8月にフルモデルチェンジしたN-WGN、同3月フルモデルチェンジのデイズ&eKワゴンに対し、ワゴンRは2017年12月、ムーヴは2014年と“古さ”が否めない。そういった点も含めて、元メーカーエンジニアの氏がどのように評価するのか注目したい。

 以下、アルト、ミライースの一騎打ち採点(こちらは片岡英明氏)とともにお届け!

【画像ギャラリー】N-WGN、デイズ&eKワゴン、ワゴンR、ムーヴ…セダンモデルと合わせて軽ハイトモデルの画像をギャラリーチェック!!!

※本稿は2020年4月のものです。/文:吉川賢一(ハイト軽)、片岡英明(セダンモデル)/写真:ベストカー編集部/初出:『ベストカー』 2020年5月26日号


■ホンダ N-WGN(価格帯 129万8000~182万7100円)

 N-WGNは最新のホンダセンシングが標準装備されるなど、先進運転支援装備が充実している。

2代目モデルに進化したホンダのハイトモデル。昨年(2019年)8月にフルモデルチェンジ。軽初の横断自転車の検知が可能になった

 渋滞追従機能付のアダプティブクルーズコントロール(ACC)により、目標の速度まで加速をしたあとはACCをセットすることで、軽自動車だというのを忘れてしまうほどによく走る。

 乗り心地もよく、ロードノイズもしっかりと抑えられており、運転疲れもひときわ少ない。

 EPB(電動パーキングブレーキ)とブレーキホールドも標準装備されているほか、軽には珍しく、ステアリングの位置調節機構がチルト(上下)に加え、テレスコピック(前後)も備えられている。

 現時点、N-WGNは本カテゴリーのトップベンチ。まるでコンパクトカーを作るかのように仕上げられた、ホンダの本気の1台だ。

■日産 デイズ / 三菱 eKワゴン(価格帯 129万6900~181万1700円)

 続いて、心地よい乗り心地とロードノイズの低さが、デイズ&eKワゴンの魅力だ。

日産 デイズ
三菱 eKワゴン

 段差や道路のつなぎ目を通過する際も、サスペンションとタイヤが路面の凹凸をよくいなすので、車体フロアに受けるショックが小さくすむ。

 前型に対してロードノイズが相当静かになったことも、乗り心地のよさに貢献している。

 また、ACC(アダプティブクルーズコントロール)とLKAS(レーンキープアシスト)を含む「プロパイロット(ミツビシ名はMIパイロット)」を採用している点もポイントが高い。

 ただし、デイズ&eKワゴンのLKASは、すぐ目の前に見える白線の中央を走るように狙いすぎる傾向があり、直進走行中もハンドルが左右に小さく振れる動きをし、印象がよくない。

 素の直進性が高いだけにもったいなく感じる。

 また運転席側のサイドミラーが、小窓エリアに半分以上重なっており、クルマの右下に死角が生まれている。

 こうした詰めの甘さが解消されるならば、デイズ&eKワゴンはさらによくなるだろう。

■スズキ ワゴンR(価格帯 116万3800~177万6500円)

 いっぽうでスズキの軽といえば、モーターアシスト式マイルドハイブリッドの標準採用がウリだ。

このカテゴリーを創出したフロンティアにふさわしいモデル。現行型は2017年12月にフルモデルチェンジされた歴代6代目となる

 EV走行ができるほどのバッテリー容量はないが、エンジンの最大トルク58Nmに対し、発進時のモーターによるアシスト量は40Nmと約70%も付加するため、かなり力強く感じる。

 マイルドハイブリッドはシンプルな構造なのでコストがかからず、車両価格への跳ね返りが少なくすむこともプラスだ。

 ちなみに、デイズにはハイウェイスターにマイルドハイブリッドの設定があるが、N-WGNとムーヴには、設定がない。

 しかし、ワゴンRは先進運転支援が車線逸脱抑制警報のみでACCがなく、若干心許ない。運転が不安定になりがちな軽自動車には、先進運転支援技術が必須装備だと筆者は考えている。

 せめて、メーカーオプションとして設定し、ユーザーが選択できるようにしてほしい。しかし、ヘッドアップディスプレイは、4台のなかで唯一、オプション採用されている。

■ダイハツ ムーヴ(価格帯 113万3000~178万2000円)

 最後に軽ハイトワゴンジャンルにおいて、ワゴンRに続いて古い歴史を持つムーヴ。

ワゴンRのライバルモデルで、現行型は2014年12月にフルモデルチェンジ。クラス最古参となっている

 そのため、使い勝手のよさは極められており、90度まで開くドアにより、乗り降りや大きな荷物の出し入れがスムーズにでき、たくさんの収納スペースも備える。

 走りに関しても、軽量高剛性ボディやサスペンションがいい仕事をしており、乗り心地やハンドリングが意外といい。

 しかし、土台がしっかりできているだけに、先進安全装備系が弱いのが気になる。

 緊急ブレーキを含む安全装備(スマートアシストIII)は全車に標準採用すべきだ。先進運転支援も車線逸脱警報のみ。

 現行モデルは2014年登場と古く、そろそろモデルチェンジのタイミングだ。これ以上時代遅れにならないよう、ベンチマークにキャッチアップしていく必要があるだろう。

●採点結果
・ホンダ N-WGN……100点
・日産/三菱 デイズ/eKワゴン……95点
・スズキ ワゴンR……80点
・ダイハツ ムーヴ……80点


【番外コラム】セダンモデルは一騎打ち! スズキ アルトvsダイハツ ミライース  軍配はどちらに?

(TEXT/片岡英明)

 550cc時代に数多くの神話を築いたベーシック軽自動車がアルトだ。街乗り中心の下駄グルマとして好評を博したが、2011年秋にダイハツがミライースを出すと主役の座を奪われた。

スズキ アルト…2014年12月にフルモデルチェンジされた現行型は歴代8代目モデル。価格帯86万3500~129万300円

 そこで現行の8代目モデルは本気の取り組みを見せ、燃費がいいだけでなく走りの質感も高めている。

 ライバルのミライースは2017年に第2世代にバトンを託した。現実味のない燃費競争を避け、実際の走行シーンでの安心感のある走りと経済性の高さを売りにしている。

ダイハツミラ イース…2017年5月にフルモデルチェンジされたダイハツの軽燃費スペシャル。価格帯85万8000~137万2800円

 走りのスポーティさやCVTの仕上がりなどで一歩リードするのはアルトだ。運転が楽しい5速MTや2ペダル5速MTのAGSも設定した。

 が、ミライースはデジタルメーターが見やすいし、装備も操作しやすいなど、実用性能は一歩上をいく。キャビンは後席でも開放感があり、シートヒーターが前2席にあるのも親切。荷室のビジネスデッキボードなども重宝する。

 先進安全装備は両車とも並みのレベルだが、買い得感は高いと言える。走り重視で選ぶならアルト、街中中心の快適性ならミライースの上級グレードをお薦めする。

●採点結果
・ダイハツ ミライース……85点
・スズキ アルト……83点

【画像ギャラリー】N-WGN、デイズ&eKワゴン、ワゴンR、ムーヴ…セダンモデルと合わせて軽ハイトモデルの画像をギャラリーチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ