日産のあの美しいSUVぜひ発売を!! お洒落で美しいコンセプトカー 3選

 コロナ禍の影響で、2020年前半のモーターショーイベントは、軒並み中止となってしまった。

 しかし、一部の自動車メーカーでは、オンラインのモーターショーに切り替えるなど、各自動車メーカーとも工夫を凝らし始めている。発表される形式はどうであれ、モーターショーには我ら自動車ファンをワクワクさせてくれる「コンセプトカー」の存在は外せない。

 コンセプトカーといえば、2019年の東京モーターショーで日産が発表した「アリア」が、2020年7月15日にワールドプレミアされる予定だ。多くの先進技術が搭載され、高級感あふれる美しいデザインのアリアコンセプトが市販化でどうなるのかは、非常に楽しみだ。

 日産にはほかにも、デザインが美しいコンセプトSUVが多くある。本記事では、「日産が過去に発表したSUVのコンセプトカー」に注目し、振り返ってみよう。

文:吉川賢一/写真:NISSAN

【画像ギャラリー】近日ワールドプレミア! アリアコンセプトの全貌を写真でチェック!


IMx KURO

 2018年3月のジュネーブモーターショーで発表されたのがこの「IMx KURO」だ。その半年前にあった2017年10月の東京モーターショーにて世界初公開したコンセプトカー「IMx」ベースとし、「黒」をテーマに、より力強く、タフで圧倒的な存在感を与えるよう、デザインが一新された。

ボンネットまで伸びたVモーショングリル、切れ上がったV字のヘッドライトなど、このままの姿で登場したら大いに話題になりそうなIMX

 黒のトリムとホイール、深みのある「ダークスモーキーグレー」のボディカラー、メッシュタイプだったグリルもソリッドなデザインに変更している。インテリアも、新しいEV専用プラットフォームの高効率パッケージによって、段差の無いフラットなフロアと、今までにない開放的な広いキャビンスペースを実現した。

 伝統的な日本家屋の空間構成に通じる、開放的な建物の中のような雰囲気のインテリアには、パノラミックディスプレイによって車外の映像が映し出され、また、木目調のインストルメントパネルやドアトリムの中には、障子のように外の気配をそれとなく感じることができるディスプレイが組み込まれている。

独立4座式のシートで乗員全員がリラックス出来、快適な空間となっている

 完全に、外側を移すのではなく、障子越しのようにうっすらと外の風景を映すところは、日本人ならではの感性といえるだろう。

メーターやドア上部まで半透明にしたことで、外部の安全状況を読み取ることができる

 ちなみにパワートレインには、高出力モーター2基を前後に搭載したツインモーター4WDを採用している。いま思えば、「アリア」のキーとなるコンポーネンツそのままの内容だ。

 「プロパイロット」をさらに進化させた完全自動運転「プロパイロットドライブモード」を選択すれば、ステアリングが格納され、シートは深くリクライニングし、乗員全員がリラックスしたまま移動するクルマへと変わる。

 また、マニュアル操作時には、脳波測定による運転支援技術「Brain to Vehicle(B2V)」によって、ドライバーが操作を開始する前からシステムが操作を開始することで、ドライバーの反応遅れをカバーし、ドライバーが思い通りの運転をできるようサポートするという。

切れ上がったリアランプ、傾斜の付いたリアガラスなど、リアのスタイルもカッコよい

 「本当にできるのか?」という疑問も浮かぶが、コンセプトカーだからこその夢を見せてくれた一台だ。

Xmotion

 2018年1月の北米国際自動車ショー2018で、世界初公開されたのが「Xmotion(クロスモーション)」だ。「4 + 2」レイアウトの3列シートのSUVで、どこにでも走って行けそうな、大胆でタフなプロポーションは、「塊感」があって非常に力強い。

 エクステリアの特徴は、Vモーショングリル、ブーメラン型ヘッドランプなど、一目で日産とわかるデザインシグネチャーだ。

武骨で頑丈そうなスタイリングをしたXmotion。どことなく新型ローグ(次期型エクストレイル)のデザインテイストが感じられる

 進化したVモーショングリルは、グリルの幅と奥行きを確保したことで、これまで以上に力強さが表現されている。ブーメラン型ヘッドランプは、鍛造された鋼の剣を思わせるシャープなラインを持ち、ハイビーム、ロービーム、ターンシグナル、ポジショニングランプなど、すべての機能が1つのユニットに統合されている。

 フロントフェンダーとリアフェンダーにある強いキャラクターライン、そして大きなタイヤなど、サイドデザインも実に力強い。リアコンビランプも面白い。日本の伝統的な木工「組子」のディテールやパズルにインスパイアされ、ホログラムによる視覚の錯覚を利用して見せる手法を採用している。

フェンダー周りの盛り上がりなど、ハードな走行にも耐えられる力強さが感じられる

 インテリアも特徴的だ。運転席から助手席側まで広がる横長のデジタルメーターや、スイッチ類を極力排除したインパネ周りなど、先進的なイメージが先行するが、センターコンソールやシートのヘッドレストなどには、日本の伝統的工法や職人の技、和の素材などが織り込まれており、新鮮味のあるデザインとなっている。

インテリアはフルデジタルメーターなど最新装備が備わるが、センターコンソールは木でできており、和を感じされる作りだ

 収納式の「ルーフトップボックス」もスタイリッシュでカッコいい。このボディスタイルに近い姿での市販化を望むSUVだ。

IMQ

 2019年3月のジュネーブモーターショーで初披露された、e-POWERを搭載した全輪駆動のクロスオーバーコンセプト「IMQ」。観音開きの4ドア、独立式4シーターとし、コンパクトなボディの4人乗りだ。

4人乗りのコンパクトSUVのIMQ、ボディのサイズに対し、大きなタイヤの存在感が強い

 低いルーフと大きなタイヤによって、ガラスエリアが極端に狭い、クーペルックのSUVとなっている。透明なルーフによる解放感もあり、室内は非常に明るく、そしてスタイリッシュに見える。

メーター周りはすっきりとした作りとなっている

 エクステリアからインテリアに施されている縞模様は、日本伝統の枯山水に着想を得たレイヤー状の波紋であり、このコンセプトカーに独特な雰囲気を醸し出している。シャープなヘッドライトや、V型テールランプなど、欧州で2019年から発売された2代目ジュークのデザインに、どことなく似ているようにも見える。

リアテールランプやリアプロポーションは、キックスのデザインに生かされているようにも見える

【画像ギャラリー】近日ワールドプレミア! アリアコンセプトの全貌を写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ