日産ジュークの中古がめっちゃお買い得に!! 新型キックスもいいけど中古ジュークが大勝利展開!??

 2019年12月をもって国内生産を終了した日産ジューク。2019年9月に欧州で発表された2代目ジュークは、日本では発売されず、その後継モデルとして日産キックスが2020年6月30日に発売された。

 キックスはタイの工場で生産される輸入車のため、グレード構成はシンプル。ラインナップは「X」のみで、これに内外装がツートーンに変更される仕様を加える。

 価格は「X」が275万9900円、「X ツートーンインテリアエディション」は286万9900円だ。衝突被害軽減ブレーキなどは標準装着されるが、アラウンドビューモニターやインテリジェントルームミラーは、セットオプションの設定になる。

 キックスに搭載されるエンジンは1.2Lエンジンを組み合わせたe-POWERのみで、ガソリンエンジン車は用意されない。駆動方式もFFに限られ、SUVでも4WDの設定はない。

 それに対し、ジュークはもう新車で買うことはできないが、キックスにはないジュークの魅力として、4WDをはじめ、190psの1.6L、直4ターボの16GT、200psのジュークNISMO、214psのジュークNISMO RSといったスポーツモデルの充実が挙げられる。

 新型キックスを買うか、それとも生産が終了した中古のジューク、どちらがいいのか? また生産終了に伴い、ジュークの中古車価格が急上昇していないのか? 中古車事情に詳しいモータージャーナリストの萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博
写真/日産 ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】デザインが秀逸な絶版ジュークと新型キックスを写真でチェック!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ