日産ジュークの中古がめっちゃお買い得に!! 新型キックスもいいけど中古ジュークが大勝利展開!??


 2019年12月をもって国内生産を終了した日産ジューク。2019年9月に欧州で発表された2代目ジュークは、日本では発売されず、その後継モデルとして日産キックスが2020年6月30日に発売された。

 キックスはタイの工場で生産される輸入車のため、グレード構成はシンプル。ラインナップは「X」のみで、これに内外装がツートーンに変更される仕様を加える。

 価格は「X」が275万9900円、「X ツートーンインテリアエディション」は286万9900円だ。衝突被害軽減ブレーキなどは標準装着されるが、アラウンドビューモニターやインテリジェントルームミラーは、セットオプションの設定になる。

 キックスに搭載されるエンジンは1.2Lエンジンを組み合わせたe-POWERのみで、ガソリンエンジン車は用意されない。駆動方式もFFに限られ、SUVでも4WDの設定はない。

 それに対し、ジュークはもう新車で買うことはできないが、キックスにはないジュークの魅力として、4WDをはじめ、190psの1.6L、直4ターボの16GT、200psのジュークNISMO、214psのジュークNISMO RSといったスポーツモデルの充実が挙げられる。

 新型キックスを買うか、それとも生産が終了した中古のジューク、どちらがいいのか? また生産終了に伴い、ジュークの中古車価格が急上昇していないのか? 中古車事情に詳しいモータージャーナリストの萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博
写真/日産 ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】デザインが秀逸な絶版ジュークと新型キックスを写真でチェック!


新型キックスはe-POWERのFFのみでバリエーションが少ない

2020年6月30日に発売した日産キックス。ボディサイズは全長4290×全幅1760×全高1610mm
2019年12月をもって生産終了となったジューク。ボディサイズは全長4135×全幅1765×全高1610mm。ジュークには81パターンからボディカラー、エクステリアパーツカラー、インテリアカラーを自由に選べるパーソナライゼーションが用意されていた

 2020年6月30日、ノートやセレナに搭載され、人気を博している電動パワートレインの「e-POWER」を搭載したコンパクトSUV、日産キックスが発売となった。

 ちなみにe-POWERはクルマを動かす動力源としてモーターを使用し、そのモーターを動かす電気を作るためにエンジンを発電機として回すという仕組み。

 キックスはコンパクトSUVセグメントを開拓したジュークの後継車となる。このフルモデルチェンジでジュークは生産終了し、絶版車となり中古車でしか手に入れることができなくなった。

 そこで、新車のキックスと中古車のジュークどちらが魅力的なのかを検証してみたい。

 ニューモデルのキックスは82ps/10.5kgmを発生する1.2L、直3エンジンに、129ps/26.5kgmの電気モーターを組み合わせた日産自慢のe-POWERを搭載している。

 駆動方式は2WD(FF)のみ。サスペンション形式はフロントがストラット式、リアがトーションビーム式となっている。

 キックスに搭載されるe-POWERはノートなどに搭載されているシステムより最大出力を約20%向上させ、中高速域での力強さを高めたことにより、高速道路での追い越しやワインディング走行などでキビキビとした走りを実現している。

 キックスのボディサイズは全長4290×全幅1760×全高1610mm。生産を終えたジューク(15RS)は全長4135×全幅1765×全高1565mm。

 キックスはジュークに比べ、全長が155mm長く、全幅が5mm狭く、全高が45mm高い。ホイールベースはキックスが2620mm、ジュークが2530mmだからキックスのほうが90mm長い。

 キックスはジュークに比べて全長とホイールベースが長いから、後席の足元空間も相応に広がるだろう。ファミリーカーとして使う場合、ジュークの後席は少し窮屈だったが、キックスであれば4名で快適に乗車できる。

 日産が発表している室内の寸法は、キックスが室内長1920×室内幅1420×室内高1250mm、ジュークが室内長1835×室内幅1470×室内高1215mmと室内幅以外はキックスの方が広い。

 また、キックスには運転支援システムのプロパイロットや事故の際に自動通報はもちろん、あおり運転や急病などの緊急事態にも手動で通報できる「SOSコール」を全車標準装備するなど安全装備が充実している。

 設定されているキックスのグレードはXとツートーンカラーシートを採用したXツートーンインテリアエディションの2種類で、新車価格はXが275万9900円、Xツートーンインテリアエディションが286万9900円となっている。

新型キックスのインテリア
生産が終了したジュークのインテリア

2019年12月をもって生産が終了したジュークの中古車は?

2010年6月に発売されたジューク。マイナーチェンジ前のモデル。写真は114ps/15.3kgmを発生する1.5L、直4を搭載する15RS
2014年6月のマイナーチェンジで立体的な形状の「Vモーショングリル」や「ブーメランシェイプ」と呼ばれるV字型のシグネチャーLEDポジションランプやウインカー付きドアミラーに変更したほか、前後バンパーやリアLEDコンビランプの意匠も変更

 一方2010年に登場し、約10年間販売されたジュークの中古車は現在約1150台流通している。2020年5月のゴールデンウィーク明けには約1320台の中古車が流通していたので、現在は減少傾向となっている。

※ジュークの中古車情報はこちら!

 平均価格の推移をもっと長い1年というスパンで見てみると、2019年8月時点におけるジュークの中古車の平均価格は約90万円。

 その後、年度末となる2020年3月にピークとなる約98.3万円まで上昇。この値上がりは未使用中古車が出回ったことによるものと考えられる。その後は急落し、現在の80万円まで値落ちが進んでいるのだ。

 新車のキックスと中古車のジュークを単純に価格で比較すれば、それは10年間という長いモデルライフで、価格帯が約23万~約250万円という中古車のジュークに軍配が上がるのは当たり前。

 しかし、運転支援システムのプロパイロットや燃費性能に優れ、EVのような走行感覚を味わえるe-POWERはキックスでしか味わえない。そう考えると、単純な価格の比較は意味がない。

 そこで、現在のキックスにはないジュークの魅力に絞って比較することがこの企画のメインテーマと言えるだろう。

 では、中古車のジュークの魅力と言えば、114ps/15.3kgmを発生する1.5L、直4モデルよりも、1.6L、直4ターボのパンチのある走行性能と4WDの駆動方式ということになる。

次ページは : キックスにはないジュークの1.6Lターボモデルがオススメ!

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ