なんと欧州で発売! 新型スイフトスポーツハイブリッド誕生!! 注目の実力は?

 今や貴重となった和製ホットハッチ「スズキ・スイフトスポーツ」。今年5月に改良を受けたばかりだが、その裏で密かに新たなスイフトスポーツが生まれていた!?

 それが海外向けの改良型モデルである「スイフトスポーツ・ハイブリッド」だ。ハイブリッド化されたスイフトスポーツとは、いったいどんな仕様? 日本仕様との性能差は? 新バージョンの秘密に迫った。

文:大音安弘
写真:SUZUKI

【画像ギャラリー】日本未発売! スイフトスポーツハイブリッドの気になる内外装を総チェック!!


スイフトスポーツが48Vハイブリッド化

英国仕様のスイフトスポーツハイブリッド。日本仕様とベースは同じ1.4Lターボエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド

 新仕様となるスイフトスポーツ・ハイブリッドは、2020年5月に欧州で発売されたばかりのスズキ初のマイルドハイブリッドのホットハッチだ。

 ビジュアル面は、日本のスイフトスポーツと同じだが、6速MTのみという点も違いのひとつ。この辺りは、今もMT派が主流の欧州らしいところ。ご存じの通り、欧州導入地域によりステアリング位置が異なるため、左右共に存在している。

 注目のパワーユニットは、1.4L直列4気筒DOHCターボエンジンである点は同様だが、日本仕様のK14C型に改良を加えたK14D型を搭載。

 このエンジンには、リチウムイオン電池とISG(インテグレート・スターター・ジェネレーター)、48V-12Vコンバーターで構成される48Vハイブリッドシステムが組み合わされている。

リアスタイルもスイフトスポーツそのもの。欧州では、ガソリン仕様はなく、ハイブリッド一本のラインナップとなる

 もちろん、エンジン自体にも改良が施されており、圧縮比の向上や電動吸気VVT(=可変バルブタイミング機構)、EGR(排気ガス再循環機構)を採用することで、燃焼効率を高めているという。

 注目のマイルドハイブリッド仕様のスペックは、最高出力129ps(95kW)/5500rpm、最大トルク235Nm/2000~3000rpmを発揮。追加されるIGS(※モーター)の最高出力13ps(10kW)を発生し、モーターアシストを行う。

 これに対して、日本の標準仕様は、最高出力140ps(103kW)/5500rpm、最大トルク230Nm/2500~3500rpmと、エンジン性能同士の比較では、スペックでは勝っている形だ。

モーターは日本仕様ハイブリッドから大幅出力アップ!?

日本仕様にも積まれる1.4Lターボ“ブースタージェット”エンジン。ただ、スペックは若干ディチューンされている

 そのわずかな性能差を埋めるのが、ISGの役目ということなのだろう。

 その働きは、日本市場にも投入されるスイフト・ハイブリッド(マイルドハイブリッド仕様)と同様に、アイドリングストップからのスムーズな再始動に加え、発進及び加速時のモーターによるアシストや走行中のエネルギー回生などを行うもの。

 だが、欧州仕様のカタログを見ていると、どうもスポーツモデルであり、MTのみとなるスイスポハイブリッド専用チューニングが加えられているようで、モーターアシストによる加速応答やターボレスポンスの向上にも、一役買っているようなのだ。

スイフトスポーツハイブリッドの「肝」である、48VのISG、リチウムイオンバッテリー、そしてコンバーター

 そもそもISGの性能も、スイフトマイルドハイブリッドが3.1ps(2.3kW)に対して、4倍以上のパワーが与えられていることにある。

 ただ、マイルドハイブリッド化による重量増もあり、乾燥重量は1025kgと公表されている。従来型の970kgと比較すると55kgもの重量差があるのは、ホットハッチとしては気になるところだ。

 もちろん、これにはハイブリッド化以外の装備追加によるものも含まれるようではあるが……。ちなみに、日本仕様のハイブリッドRSとRSの重量差は、10kgに留められている。

スイフトスポーツ“ハイブリッド化”の目的は?

こちらはフランス仕様のスイフトスポーツハイブリッド。その走りがモーターパワーを得たことで、どう変わるかも興味深い

 スイフトスポーツのマイルドハイブリッド化の目的は、もちろん、環境対策だ。CO2削減のために、マイルドハイブリッドやアイドリングストップの追加だけでなく、エンジンの改良やチューニングの変更も実施している。

 その結果、従来型に対して、燃費消費率が16%、CO2排出量が15%削減されたという(※NDECでの値)。また、最大トルク発生回転数も、2000rpmからに引き下げることで、より低回転域から力強い加速が得られるようにしている。

 欧州では「CAFE規制」の導入により、各社のモデルライン全体でのCO2排出量削減が課題となっている。各社に定められたCO2排出量の基準を超えたぶんは、罰金が科されるのはご存じの通り。そのため、彼の地では、身近なスポーツ&ホットハッチは、絶滅の危機に瀕している。

 そこでスイフトスポーツは、ハイブリッド化などの新技術の投入で、その楽しみを欧州ファンに届け続けるために努力しているわけだ。

 また1.4Lターボエンジンは、ビターラなどの他のスズキ車にも搭載されるが、こちらもマイルドハイブリッドへと変更されている。

全て日本製の“スイスポHV” それでも国内導入はない?

スイフトスポーツのバッジの下には「HYBRID」を示すプレート。スイフトスポーツハイブリッドも日本国内で生産されており、物理的には国内導入も可能だが……

 スズキの世界戦略車のひとつであるスイフトは、世界各地でも生産されているが、スイフトスポーツに関しては、全てが日本製で、静岡県牧之原市の相良工場で製造されている。

 投入地域は、日本、欧州、中南米、大洋州などをメインに、少数ではあるが、アジア、アフリカ、中近東にも輸出されているという。

 スズキによると、現時点で日本に関しては、スイフトスポーツをマイルドハイブリッド化する予定はないとのこと。また、海外も欧州以外の地域についても、現時点での計画はないそうだ。

 ターボエンジン+MT+マイルドハイブリッドの走りも少し気になるが、日本では当面、ピュアなスイスポが楽しめるということのようだ。

 欧州での価格は、イタリアで2万3850ユーロ(VAT込※付加価値税)で、約289万円と思ったよりも高価。日本とおなじ右ハンドルの英国でも同等なので、日本の感覚だとアバルト595を購入するような感覚なのかもしれない。

(編注:日本仕様スイフトスポーツ/6MT車の価格は201万7400円)

 この価格のためか、イタリア仕様では、2トーンルーフ仕様を含め、全13色が展開される。モノトーンも2トーンも日本よりも多くの色が選べるのだ。この点は、ちょっとうらやましい。

 スイフトスポーツがSUVなどで活躍する高性能パワートレインを搭載する恩恵でもあるが、ここまでの改良を加えても欧州投入で展開が続けられるというのは、ファンがいる証拠ともいえる。

 スイスポは、我々が世界に誇れるMADE IN JAPANの1台なのだ。

【画像ギャラリー】日本未発売! スイフトスポーツハイブリッドの気になる内外装を総チェック!!

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ