お…おお、カッコいいぞ アジアで羽ばたく日産海外仕様たち


 世界の大きな自動車マーケットといえば、北米、中国、ヨーロッパ、であるが、昨今は、タイやマレーシアといった、アジア市場も重要視されている。実は、日本車はアジアでも人気があり、日本では見かけない、カッコいいアジア専用モデルが数多くある。

 今回は、アジアで羽ばたく日産の海外専用車をご紹介する。キックスがありなら、これらもありでは?

文:吉川賢一/写真:NISSAN

【画像ギャラリー】海外ではこんなカッコいいモデルが… 日産の海外専売車たち


リヴィナ

 日産リヴィナは、インドネシア市場で販売されているMPVだ。初代リヴィナは、アクティブ&高品質をコンセプトに、2007年に中国を皮切りに発売されたモデルである。

初代リヴィナは2007年に登場。

 コンパクトクラス最大の室内空間が特長で、乗車定員は5名、3列モデルの「リヴィナジェニス」と同様、アジアを中心に多くの市場で発売されてきた。

 現行モデルは、2019年に発表された2代目リヴィナであり、その中身は、アライアンスを組む三菱のアジア市場向けMPV「エクスパンダー」のOEM車となる。価格は2億830万ルピー(=約154.5万円)。

 一時期、日本でも流行ったMPVだが、昨今は絶滅に近い状況のため、かえって新鮮に見える。フロントフェイスだけ見れば、2代目ジュークのようなデザインだ。

 ちなみにリヴィナスポーティパッケージは、レッド塗装のサイドミラー、フロントリップとサイドシル下にレッドラインが入るなど、まるでNISMOのようなスタイルをしており、なかなかカッコいい。

ティーダ(C13型:別名パルサー)

 日産ティーダは、かつて日本でも販売されていたコンパクトカーだ。初代のC11型ティーダは2012年に生産終了となり、その後はノートに統合されたため、国内市場ではティーダは消滅しているが、2代目となるC12型ティーダは中国市場を中心に販売される、世界戦略車となった。タイやオーストラリアでは「パルサー」として販売されていた。

日本未発売の3代目ティーダ。中国市場を中心に販売されていたハッチバックモデル

 現行型ティーダは3代目となるC13型で、2016年から中国市場にて販売されている。1.6リッターのMT仕様が9.99万元(=約152万円)、CVT仕様が11.39万元(約173万円)となる。

 Vモーショングリル、シャープなヘッドライト、引き締まったハッチバックスタイルなど、フォルクスワーゲンゴルフを彷彿させる、スタイリッシュなデザインをしており、日本市場に投入されないのが悔やまれる一台だ。

次ページは : パスファインダー

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ