新型エクストレイルはSUV超絶激戦区にどう挑むのか??


 2020年6月15日に、北米で日産「新型ローグ」(日本名:エクストレイル)が発表された。「ローグ」は、日本でお馴染みのエクストレイルの北米における車名であり、歴代ローグはそのまま日本ではエクストレイルとして販売されている。

 国内ではトヨタ「ハリアー」や「RAV4」という強力なライバルもモデルチェンジし、好調な販売を記録している。世界的にも好調な売れ行きのSUVなだけに、日産も屋台骨となる車種で失敗は許されない。

 日本市場には2020年秋ごろの投入といわれる「新型エクストレイル」だが、どのようなラインナップであれば期待が持てるか? 再びカテゴリートップに返り咲くためにはどういった戦略が必要となるのか? 自動車評論家の渡辺陽一郎氏が考察していく。

文/渡辺陽一郎
写真/NISSAN、TOYOTA

【画像ギャラリー】強力ライバルと真っ向勝負! 次期型エクストレイルを詳しくチェック!!


■新型エクストレイルはサイズ感は変わらず日本にもフィット

 2011年以降の日産は、日本国内において、1~2年に1車種しか新型車を発売しなかった。しかし、今後は流れが変わりそうだ。

 日産は2020年3月期の連結決算において、6712億円の最終赤字となった。その理由のひとつに、車種の高齢化が挙げられ、若返りを図ることになったからだ。

 2020年6月に国内で発売された「キックスe-POWER」もそのひとつだが、北米では同じ6月にSUVの「新型ローグ」もデビューした。日本でも「エクストレイル」として、2020年秋に発売される予定だ。

北米で先行公開された新型ローグ。従来型のローグ/エクストレイルと比較するとシャープな顔つきとやや武骨でSUVらしくなったフォルムが印象的
新型ローグは、全モデルに「ニッサン・セーフティ・シールド360」を標準装備した最新の日産車として登場。歩行者検出機能を備えた自動ブレーキ、ブラインドスポット警告、リアクロストラフィックアラート、車線逸脱警告、ハイビームアシストなどを搭載する

 日産の販売店に尋ねると「今のところメーカーから次期エクストレイルに関する情報は来ておらず、現行型の注文も従来通り入れられる。そうなると次期エクストレイルの発売は10月以降だろう」という。

 ただし北米で新型ローグが披露されたので、事前の告知や予約受注は8~9月に開始するかも知れない。今はトヨタ「RAV4」の販売が好調で、トヨタ「ハリアー」も2020年6月にフルモデルチェンジした。これらの売れ行きを抑える意味でも、エクストレイルがいわゆるティザーキャンペーンを行う可能性は高い。

 北米で発表された新型ローグのデータは、全長4650×全幅1840×全高1700mm、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)2705mmになる。現行型と比較すると、全長は40mm短く、全幅は20mm広がり、全高は40mmほど低い。ホイールベースは等しく、ボディサイズはおおむね現行型を踏襲する。

 そうなると前後席の広さ、荷室容量なども、現行型と同程度と考えてよい。現行エクストレイルの場合、身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ半を確保した。床と座面の間隔も十分にあるため、後席も広々としている。これだけの余裕があれば、車内をさらに広くする必要はない。

新型ローグ(エクストレイル)のサイドビュー。前後のオーバーハングが切り詰められてシャープな印象になっている
現行型エクストレイル(ローグ)のサイドビュー
国産ミドルSUVのサイズ比較表。従来型に対して全長が42mm短くなったローグ。一方、ライバルのRAV4やCR-Vよりは約40mm長い

■電動化戦略がカギ! 日本では求めやすいグレードも重要に

 現行エクストレイルのエンジンは、直列4気筒2Lのノーマルタイプとハイブリッドだ。車両のイメージはミドルサイズだが、ボディは前述の通り意外に大きい。次期型の全長は現行型より40mm短いが、それでもホンダ「CR-V」やマツダ「CX-5」よりは長く、ハリアーとの中間的な大きさだ。

 北米で発表されたローグのエンジンは、直列4気筒2.5Lとされる。このユニットは、おそらく日本仕様には用意されない。次期エクストレイルの主力はe-POWERだ。日産に尋ねると以下のような返答だった。

「今は国内で売られるノートの内、大半がe-POWERで占められる。セレナでは、e-POWERの売れ筋価格帯が350万円前後に達するから、S(スマートシンプル)ハイブリッドも堅調だ。それでもe-POWER比率が35~40%と多い。しかも今は(各種のコストを節約する必要もあり)、車両開発でも選択と集中を求められる。そのためにキックスのパワートレーンもe-POWERのみにした」

北米仕様のパワートレーンは、2.5Lの直噴ガソリンエンジン搭載車一本となっている

 2019年度(2019年4月から2020年3月)に国内で売られたデイズ+ルークス+ノート+セレナの台数を合計すると、日産の国内販売総数の66%に達する。日産の小型/普通車では、ノートとセレナが圧倒的に多く、その中心技術がe-POWERだ。

 また日産では、ハイブリッドに比べて販売の難しい電気自動車の「リーフ」を堅調に売っており、7月には電気自動車でSUVの「アリア」も加わる。将来のクルマでは電動化が大切な技術になることもあり、日産はアリアを新たなイメージリーダーに据える。

2020年7月登場予定の日産「アリア」。EVに力を入れる日産の新たなイメージリーダーとなることを目指している

 これらの流れを踏まえると、次期エクストレイルの主力パワーユニットはe-POWERで確定だ。従来もハイブリッドはあったが、4WDのJC08モード燃費は20km/Lだった。ノーマルエンジンは15.6km/Lだから、ハイブリッドの燃費比率は128%と伸び悩む。e-POWERを使う次期型なら、25~27km/Lに向上するだろう。エクストレイルは、国内向けのセレナと違って海外でもローグとして販売するため、プラグインハイブリッドを加える可能性も高い。

 キックスのようにノーマルエンジンを用意しない方法もあるが、エクストレイルになると、e-POWERの価格はセレナと同じく350万円前後から400万円に達する。2LのノーマルエンジンやマイルドタイプのSハイブリッドも300万円前後で用意するだろう。エクストレイルは現行型や先代型も堅調に売れたので、求めやすい価格のグレードがないと、乗り替え需要を逃す心配も生じる。

次ページは : ■SUV=オフロードは古い 先進安全装備の進化にも期待

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ