アルファードが「威圧顔」のNO.1か!? オラオラ顔世界選手権開催!!

 アルファードに刺激されたのか(!?)、世界のクルマを見渡してみると、オラオラ顔が増殖中だ。

 特にBMWはレクサスのスピンドルグリルに負けじと、キドニーグリルをこれでもかというほど巨大化させたモデルを続々と投入している。

 いまやオラオラ顔が世界のトレンドなのか? それとも日本車だけ、トヨタ&レクサスだけのものなのか?

 ということで、世界のクルマのなかから、オラオラ顔のクルマをピックアップし、6つのカテゴリーに分け、そのカテゴリーを勝ち抜いた6台で対決させ、オラオラ顔NO.1を決めることにした。

 選者はモータージャーナリストの清水草一氏。いったいどのクルマがオラオラ顔NO.1になるのか?

文/清水草一
写真/ベストカーweb

【画像ギャラリー】こんなにおる? 世界のオラオラ顔車を写真でチェック!


まずは6つのカテゴリーに分けて各カテゴリーの勝者を決める

 世界のクルマのオラオラ顔化が止まらない。次から次へと新たなオラオラ顔が登場している。

 オラオラ顔の基本は、デカいグリル。グリルの巨大化合戦ともいえるが、もはやデカいだけじゃ差を付けられないので、より斬新な威圧感を求めて、新たな造形が創り出されている。

 自動車デザインの全体的傾向としては、シンプル&ソフィスティケイテッドがトレンドだが、もうひとつのメインテーマがオラオラ顔といってもいいだろう。

 今回は、6つのカテゴリーに分けて、新しめの現行モデルのなかからそれぞれのオラオラ顔チャンピオンを決め、勝ち抜いた6台で決勝戦をやってみた。あくまで座興なので楽しんでいただければと思います。

ミニバン部門のオラオラ顔NO.1は?

■ミニバン部門エントリー車
●トヨタアルファード
●レクサスLM
●三菱デリカD:5

現行アルファード(エアロ系)
中国で販売中のレクサスLM
デリカD:5標準グレード

 ミニバン顔のオラオラ顔チャンプといえば、アルファードと相場が決まっていたが、そこに現われた新たな挑戦者、その名はレクサスLM! アルファードをベースにしたレクサスブランドの中国向けゴージャスミニバンだけど、その口のデカさにシビレた!

 グリルの造形そのものは、アルファードの銀歯あるいはドクロのほうが強烈ながら、グリルの面積ではLMが圧倒。

 しかもLMは下側がより幅広い末広がり型で、その分どっしりとした威圧感に満ちている。アルファードは上側のほうが幅広いので、威圧の安定感ではレクサスLMが上。

 一方、デリカD:5のダイナミックシールドもすさまじい迫力だが、あのグリルに見慣れてくると、目ヂカラの弱さが気になる。

 本物のヘッドライトは「目」には見えず、上部のポジションランプは目にしては細すぎて迫力に欠けるのである

★判定/レクサスLMの勝利!

SUV部門はX7が制すか?

■SUV部門エントリー車
●BMW X7
●アウディQ8
●キャデラックエスカレード

バカでかいキドニーグリルが特徴のBMW X7
彫刻顔というか絵画的なマスクを持つアウディQ8
かつてのオラオラ顔が少し控え目となった現行エスカレード

 最近、オラオラ顔界で快進撃しているのがBMW。そのSUV部門の代表は、言うまでもなくX7になる。

 BMWのオラオラ手法は極めて単純。キドニーグリルをひたすら巨大化しているのである。

 これは意外と効果的で、部分をただデカくしているだけなので、従来のイメージとの比較が容易。見た瞬間に「デカッ!」と感じる。その瞬間がオラオラである。

 一方アウディQ8は、シングルフレームグリルの新境地を開いている。グリルにグレーの口輪をはめ、クチビルの厚さを強調。形状的には丸みを強めることで、生物的な「口」感を高めている。口の下には「ヘ」の字方のモールを添えて、不機嫌イメージも演出。

 アメリカンなデカグリルで君臨していたキャデラックエスカレードは、新型XT6と同様、シンプル&ソフィティスケイテッド路線に完全転向。

 アメリカ代表としてエスカレードを一応入れてみましたが、オラオラ度は大幅に弱体化したと言わねばなるまい。

★判定/アウディQ8の勝利!

セダン部門はロールスロイスが圧倒!?

■セダン部門エントリー車
●BMW7シリーズ
●ロールスロイスファントム
●ホンダレジェンド

レクサスLSに刺激されたのかここまで大きくなったBMW7シリーズのキドニーグリル
いつ見てもロールスロイスファントムのフロントマスクには圧倒される
ホンダレジェンドのフロントマスクも負けていない?

 メルセデスベンツはグリルの巨大化に走っておらず、鷹の目顔で統一してしまったためオラオラ戦線から脱落。一方BMWは例のキドニーグリル巨大化で、ここでも7シリーズが快進撃中だ。

 7シリーズのキドニーグリルは横幅が広い分、X7よりさらにオラオラしている。あんなのがバックミラーに見えたら、「鼻の穴に吸い込まれる~!」とか、「鼻息に吹き飛ばされる~!」という本能的な恐怖を抱かずにはいられない。

 現在のBMWのラインナップのなかでも、最強のオラオラ顔と言っていいだろう。

 一方、ロールスロイスファントムは、先代型の正常進化型。確かにファントムのパルテノングリルは権威の象徴で、誰だってあんなのに後ろから来られたら道を譲ちゃうけど、斬新さはない。

 その点、日本代表のホンダレジェンドの顔には斬新である。別に口がデカいわけではないが、五角形グリルとヘンテコリンな形状のヘッドライトの組み合わせはカラス天狗とでも言おうか。

 「なにこのめっちゃブサイクな顔!」という不思議な威圧感がある。ぜんぜん売れてないから珍しいし。

 しかし総合的には、キドニーグリルを極限まで巨大化した7シリーズの優位は動かないだろう。

★判定/BMW7シリーズの勝利!

オラオラ顔の多いピックアップ部門は?

■ピックアップトラック部門エントリー車
●フォードF150
●シボレーシルバラード
●ラム

グリル中央の太いバーにフォードのロゴが入るF150
もはや怪獣系の顔? シボレーシルバラード
数種類の顔が用意されるラム。写真は3500

 まさにピックアップ界の三大オラオラ顔。常にこの3車はアメリカンなオラオラ度を競ってきた。

 どれが一番オラオラかは、グリルの色にも大きく左右され、一概に言えないし、好みもあるので判定が非常に難しいが、あえて言わせていただきますと、フォードFシリーズは非常に正統派なオラオラで、迫力はもちろん十分なんだけど正統派ゆえの弱さというか、フレッシュな押しはやや弱い。

 車名にダッジの名を捨てて単に「ラム」となったラムちゃんは、伝統のブタ鼻を弱めて通常に近いボンネット形状にしたことが、オラオラ的には裏目に出ている。

 その点シボレーシルバラードは、オラオラの伝統芸であるメッキグリルのこれでもか重層攻撃。

 メッキラインをビッグマック風に積み重ねることで、オラオラピックアップデザインの新境地をちょっとだけ開いたと言えるのではないか?

★判定/シボレーシルバラードの勝利!

スポーツカー部門のオラオラ顔NO.1は?

■スポーツカー部門エントリー車
●フォードマスタングシェルビーGT500
●BMW4シリーズクーペ
●シビックタイプR

760hpの5.2L、V8スーパーチャージャーエンジンを搭載するフォードマスタングシェルビーGT500
巨大なグリルだがナンバープレートが邪魔しているBMW4シリーズクーペ
マイナーチェンジしたシビックタイプR。写真はリミテッドエディション

 スポーツカーは先っちょのとんがりが命。先っちょがとんがっていると、自動的にグリルをデカくすることは難しい。

 そこで今回のエントリー車は、スポーツカー界のデカ顔クンたちから選出させていただきました。

 マスタングシェルビーGT500の顔は、まるでアウディのシングルフレームグリル! 洗練されているけれど迫力に満ちている。

 ヘッドライトもまるでサメ。ジョーズである。人間は速そうな形状に対して本能的な恐怖を感じるが、それは原始時代、サーベルタイガーに捕食されていたからでしょうか? マスタングも「食われちゃう~!」感満点だ。相当に強力である。

 オラオラ界の風雲児・BMWは、新型4シリーズクーペで掟破りの巨大キドニーグリルを繰り出した。この猛烈に縦長のキドニーグリル、インパクトは実に強烈。「まさか!」としか言いようがない。

 惜しむらくは、キドニーグリルの中央にナンバープレートが付いちゃうこと。これじゃせっかくのグリルが上下二分割されて、迫力が台なししじゃないですか~!

 日本のナンバープレートなら左右にずらすことも可能かもしれないが、たぶんそれはやらないでしょう。オラオラ的には残念無念。

 その点シビックタイプRは、何気にすさまじい迫力だ。グリルよりも、左右下側のサイドエアインテークの巨大さがスバラシイ。

 これと強烈なツリ目のハーモニーが、極めて戦闘的なイメージを生み出している。リアウイングもチラ見えして花を添える。意外とハンパなくオラオラです。

★判定/シビックタイプRの勝利!

なりは小さくてもオラオラ顔の小型車部門

■小型車部門エントリー車
●トヨタGRヤリス
●プジョー208
●三菱ekクロス

大きな口を開けた姿が迫力満点のGRヤリス
ライオンの牙を思わせる左右のアクセントが特徴のプジョー208のフロントマスク
デリカD:5、ekクロススペースとともにダイナミックシールド顔となる、ekクロス

 ヤリスはまるでブラックバスが大きく口を開けたようなエラの張り。208は蜂顔(LEDデイタイムランニングライトはライオンの牙をイメージ)で、ekクロスは夢に見るような究極のオラオラ顔で、小さいながらに大健闘。オラオラ顔の乏しい小型車界で大いに気を吐いている。

★判定/ekクロスの勝利!

決定! オラオラ顔NO.1はこのクルマで決まり!

これら6部門の勝利モデルを列挙すると、こうなる。

●レクサスLM
●アウディQ8
●BMW7シリーズ
●シボレーシルバラード
●ホンダシビックタイプR
●三菱eKクロス

 このなかからオリンピック風に、メダルを授与させていただきます! ムリヤリだけど。

1位金メダル:レクサスLM
2位銀メダル:BMW7シリーズ
3位銅メダル:シボレーシルバラード

1位に輝いたレクサスLM。中国で販売されているが、日本導入は未定。しかし、これだけ面積の大きいグリルを持つクルマはかつて存在しただろうか?
2位は巨大なグリルが目立つBMW7シリーズ
3位はシボレーシルバラード。ワゴンRスティングレー系のフロントマスクにも似ている

 いかがだったでしょうか? なぜ? と言われたら、斬新さと大胆さを重視した、とでも申しましょうか……。みなさんにとってのオラオラ顔NO.1はどのクルマでしょうか?

【画像ギャラリー】こんなにおる? 世界のオラオラ顔車を写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ