トヨタC-HR、日産ノートら売れてる車の「ここはちょっと…」を挙げていく5選


 「いい車」にはさまざまな指標がありますが、バシッと数字として現れる基準のひとつに、「販売台数」があります。同じデザイン、同じ走行性能、同じコンセプトなら、売れないよりは売れたほうがいい。

 多くの人が気に入って(しかも数百万円出して)買ったということですから、そりゃあいい車なわけです。しかし、そうはいっても、ここはちょっと……ということがあるのが車だったりします。

 そんなわけで本企画は「売れてる車」のちょっとここは直してほしい、という点をピックアップ。難癖つけているわけではありません。

 売れていても売れてなくてもいい車はあるし、どんないい車でも「ここはちょっと」というところはありますよね、という企画です!(「売れてる」は2017年7月の乗用車車名別月販台数上位5台)

(※「アクア」の項目で一部誤記がありましたので、修正いたしました/2017.8.30 10:25)

文:渡辺陽一郎 写真:平野学、池之平昌信、西尾タクト


■日産 ノート 2017年7月の月販台数12,426台

ノート

 人気車は多くのユーザーが選んでいる以上、優れた商品と判断できる。ただし欠点があることも事実だ。販売店の試乗車で欠点を確認して、そこに不満を感じなければ安心して購入できる。

 まずはe-POWERで人気を高めたノート。e-POWERにおいてエコモードやパワーモードを選ぶと、アクセルペダルを戻すと同時に回生による充電が開始され、燃費を向上させる。

 アクセルペダルだけで速度を自由に調節できる特徴もあるが、ユーザーによっては違和感が生じる。そこでノーマルモードで走ると、ノートe-POWERはブレーキの協調制御を行わないから燃費性能が伸び悩む。つまりエコモードが使いにくいユーザーは、ノートe-POWERの真価を発揮させにくい。

 またe-POWERの車両重量はノーマルエンジン車に比べて170kgほど重く、カーブを曲がる時にはボディの重さを意識させる。走行安定性も良好とはいえない。

 エンジンが発電に専念するので、車速の増減とエンジン回転数が合致しない場合がある。これもユーザーによっては違和感に繋がる。ノーマルエンジン車を含めて、マニュアルエアコン装着車ではインパネの質感が大幅に下がる。

■ホンダ フィット 2017年7月の月販台数11,908台

フィット

 全長が4000mmを下まわる取りまわし性の優れたコンパクトカーで、全高も1550mm以下だから立体駐車場を利用しやすい。

 その一方で燃料タンクを前席の下に搭載するから荷室の床が低い。積載性が優れ、空間効率の優れたプラットフォームによって後席の足元空間はLサイズセダン並みだ。緊急自動ブレーキを作動できる安全装備も充実している。

 欠点はボディスタイルだ。サイドウインドーの下端を後ろに向けて持ち上げたから、斜め後方の視界が良くない。販売店の試乗車を使って、縦列駐車や車庫入れを試しておくと安心だ。

 エアコンの操作パネルは薄型で、タッチパネル式だから手探りによる操作がしにくい。取り付け位置も低すぎる。

 ハイブリッドのATは7速DSGだが、ハイブリッドSホンダセンシングを除くとパドルシフトが装着されない。

 Dレンジの下はLレンジのみで、エンジンブレーキを使うためにシフトすると、ギヤが大きく下がって制動力が強すぎてしまう。全車にパドルシフトを装着するか、D/S/Lという具合に3つのレンジに分けて、エンジンブレーキが段階的に強まるよう改善すべきだ。

次ページは : ■トヨタ アクア 2017年7月の月販台数9,940台

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ