「ニッサンパビリオン」オープン!! 横浜に新名所爆誕!! 期間限定だ急げ!!


 日産自動車は2020年8月1日、同社が描く未来のモビリティ社会をインタラクティブに体験できる、体験型エンターティンメント施設「ニッサンパビリオン」を横浜みなとみらい21地区にオープンした。開催期間は2020年8月1日から10月23日までの期間限定。

 2020年8月1日の一般オープンに先立ち、7月31日、黒岩祐治神奈川県知事、林 文子横浜市長出席のもと、オープニングセレモニーが執り行なわれた。

 日産の社長兼CEOの内田誠氏は、セレモニーにおいて、

 「日産自動車のデザイナー自らがデザインしたこのニッサンパビリオンは、最先端のテクノロジーや革新的な商品を通して、日産が描く未来のモビリティ社会を、見て、感じて、ワクワクして頂ける場所です。

 このパビリオンでご体感いただける数々のテクノロジーは、日産の“挑み続ける精神”の一端です。私たちは事業構造改革に取り組みながら、近い将来、ひとつひとつ、現実の技術や商品として、皆さまにお届けして参ります」とコメント。

 それでは、ニッサンパビリオンとはどんな施設なのか? 報道関係者向けの内覧会に行ってきたので報告しよう。


文/ベストカーweb編集部
写真/ベストカーweb編集部 日産自動車

【画像ギャラリー】ニッサンパビリオンの魅力的なコンテンツを写真でチェック!


日産が描く未来のモビリティ社会が体験できる!

日産自動車グローバル本社からほど近いけやき通りに開設されたニッサンパビリオン。e-シェアモビやチョイモビの拠点にもなっている
内田誠日産自動車社長兼CEO(左)、黒岩祐治神奈川県知事(右)、林文子横浜市長出席(中央)のもと、オープニングセレモニーが執り行われた

 ニッサンパビリオンは、JR横浜駅から徒歩10分ほど、日産自動車グローバル本社近隣のみなとみらい21中央地区60・61街区にあり、敷地面積は1万平方メートル。元横浜マリノスの練習グラウンド、マリノスタウンの跡地に作られた。

 日産自動車グローバル本社のあるけやき通りを海側に歩いていくと、新しい日産のロゴが眩い白い半ドーム型の建物が現われた。

 受け付けを済ませると目の前にはガーデンエリアが広がる。このスペースにはリーフやGT-R、GT-R NISMO、そしてアイスクリーム移動販売車のe-NV200が展示されていた。

 ガーデンエリアからパビリオン内に入ると5つの施設を体験できるようになっている。順を追って説明していこう。

19年ぶりに刷新された日産の新しいロゴが設置されている
ニッサンパビリオンの受付を過ぎるとガーデンエリア。リーフやGT-Rなどを展示

新型クロスオーバーEV、アリアの展示・乗車体験

パビリオン内には合計4台の日産アリアを展示。写真は書道家・万美は描いた書道アートと新型アリア

 パビリオン内には、7月15日にお披露目された新型クロスオーバーEV、アリアが4台も展示されている。”Calligraf2ity”という新たな表現で活動する書道家・万美が描いた力強い書道アートとともにアリアを展示。

 また事前に予約となるが、アリアに乗って敷地内の専用路を同乗体験することもできる。

次ページは : クルマの先進技術を体感できるエンターテインメントショー「THE THEATER」

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ