ヤリス首位奪還 ハリアー4位浮上! 7月登録車&軽自動車販売台数情報!


 2020年8月6日、日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が、通称名別(車名別)販売台数順位を発表した。

 登録車1位は1万4004台でヤリスが6月の2位から1位を奪還。2位はライズで1万2283台、3位は1万994台でカローラだった。

 一方、軽自動車は1万6222台(対前年比67.5%)とN-BOXが盤石の1位をキープしている。2位は1万3338台(対前年比105.1%)でスペーシア、3位は1万3108台(対前年比90.3%)でタントが続いている。

 さて、2020年7月の登録車&軽自動車の詳細な販売ランキングをお伝えしていこう。


文/ベストカーweb編集部
写真/ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】登録車 軽自動車の新車販売ランキング&上位のクルマを写真でチェック!


登録車は1位ヤリス 2位のライズと熾烈な販売競争が続く

2020年2月に発売したヤリスは2月22位/3491台、3月3位/1万3164台、4月1位/1万119台、5月1位/1万388台、6月2位/1万967台、そして7月は1位に返り咲き、1万4004台を販売
2019年11月に発売したライズ。2019年11月は4位/7484台、12月は2位/9117台。2020年に入り、1月1位/1万220台、2月1位/9979台、3月4位/1万2009台、4月7位/5545台、5月2位/7916台、6月1位/1万2823台、そして7月は2位/1万2283台

 2020年8月5日、登録車、軽自動車の2020年7月の通称車名別販売台数が発表された。

 まず登録車のランキングから。1位は、1万4004台でヤリスが6月の2位から1位を奪還。2位はライズで1万2283台、3位は1万994台でカローラだった。

 2020年に入り、登録車の順位はライズ、ヤリス、カローラ、フィットの4強で熾烈な販売競争を繰り広げている。登録車の販売台数上位3位は、月によってはノートやフィットが食い込むが、ほぼトヨタの指定席となっている。


■2020年1月/ライズ1位、カローラ2位
■2020年2月/ライズ1位、カローラ3位
■2020年3月/カローラ1位、ヤリス3位(2020年2月発売)、ライズ4位
■2020年4月/ヤリス1位、カローラ4位
■2020年5月/ヤリス1位、ライズ2位、カローラ4位
■2020年6月/ライズ1位、ヤリス2位、カローラ3位
■2020年7月/ヤリス1位、ライズ2位、カローラ3位

3強に迫る勢いなのが新型ハリアー

2020年7月の新車販売台数は4位に食い込んだ新型ハリアー。今後生産が進めばさらに上位に食い込む可能性もある

 今回、9388台(対前年比273.3%)でハリアーが4位にランクインしたのが最大のトピックスだろう。3位のカローラには1606台という僅差だ。

 ハリアーは2020年6月17日に発売し、発売1ヵ月後の受注台数は月販目標台数3100台の約15倍にあたる約4万5000台。

 相変わらず、生産工場では休日出勤や残業を含めたフル操業で供給している状態が続いており、売れ筋モデルで納期は5カ月待ちの12月。

 最上級のZレザーパッケージやサンルーフ仕様を選ぶと2021年1月にずれ込むケースも目立ち始めているという(流通ジャーナリスト:遠藤氏)。


■2020年7月 登録車通称名別販売台数ランキング
1位:ヤリス/1万4004台(2020年2月発売)
2位:ライズ/1万2283台(2019年11月発売)
3位:カローラ/1万994台(対前年比124.2%)
4位:ハリアー/9388台(対前年比273.4%)
5位:フィット/9213台(対前年比106.3%)
6位:アルファード/8448台(対前年比135.6%)
7位:セレナ/7686台(対前年比87.4%)
8位:ノート/6730台(対前年比60.9%)
9位:ルーミー/6528台(対前年比68.9%)
10位:シエンタ/5344台(対前年比49.8%)

 他方、プリウスの14位、4654台(対前年比35.4%)、アクアの17位、3642台(対前年比37.9%)と先月に引き続き、2車種の落ち込みが目立っている。

次ページは : 軽自動車はN-BOXが盤石の1位をキープ

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ