ハイラックスサーフが生き残っていた! トヨタ北米専売SUV「4ランナー」日本発売熱望!

 2020年7月31日、北米トヨタが北米市場専用のSUV「4ランナー」をマイナーチェンジし、2021年モデルを発表した。

 4ランナーと聞いてもピンとこないが、4ランナーは日本で4代にわたって販売されたハイラックスサーフの海外専売車。

 2009年に販売された5代目モデルからは海外専売車となり、日本から姿を消した。

 ハイラックスといえば、40代以上の人なら、三菱パジェロ、日産テラノとともに”クロカン”ブームを支えた1台として記憶に残っているのではないだろうか。

 1983年に登場した初代ハイラックスサーフは、FRP製のリムーバルトップを装備し、RVブームと相まって人気に火が付いた。

 続いて、1989年に登場した2代目は、従来のFRPトップからスチール一体ルーフやボディ各部のフラッシュサーフェス化でよりスポーティになり、初代に続いて2代目も大ヒットモデルになった。

 そして、1995年には3代目、2002年には4代目が登場、ランドクルーザープラドと部品を共用していたが、結局2009年に販売終了した。

 そのハイラックスサーフは、4ランナーという名で2009年以降、実は海外では生き延びていたのだ。

 さっそく、ハイラックスサーフの海外専売車、4ランナーの詳細を見ていこう。


文/岩尾信哉
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】ワイルドなクロカン四駆 新型4ランナー(日本名ハイラックス)を写真でチェック!


トヨタの北米市場での緻密な車種構成

1983年に登場した初代ハイラックス。FRPのリムーバルトップが特徴
1989年にデビューしたハイラックスサーフはクロカンブームの一役を担った

 トヨタの北米市場でのSUVモデルは、最も販売台数が稼げるカテゴリーとして、多種多様な車種で構成されている。

 ボディサイズの大きさから上から辿っていくと、フレーム付きボディの北米市場での“フルサイズ”ピックアップトラックのタンドラとタコマとともに、SUVのセコイアが設定されている。

 続いて、我々にも馴じみのあるランドクルーザー200(レクサスではLX)、ランドクルーザープラド(同じくGX)、ハリアー(同じくRX)が存在する。

 ほかのトヨタのミドルクラスSUVとして、RAV4(2018年のニューヨークショーで発表)、3列シートのハイランダー(2019年4月のニューヨークショーで発表)。

 日本市場ではかつてのクルーガーV(ヴァンガードにあたる)、先頃新たに発表されたコンパクトクラスのヴェンザ(2代目となる新型はハリアーの北米市場版となった)と、さすがにSUVにとって最大のマーケットである北米市場でのラインナップに関しては、トヨタの力の入れようがよくわかる。

 4ランナーの歴史と市場での位置づけを見ると、1983年にハイラックスサーフが日本市場に登場した後、これに続くかたちで1984年に4ランナーとして北米市場に投入された。

 日本市場でハイラックスサーフ(4代目の販売は2009年に終了)から数えれば5代目にあたる。

 現行モデルでもラダーフレーム構造を採る4ランナーは、今回のマイナーチェンジでLEDヘッドライトなどが標準装備になった。

 しかし、相変わらず、街中をスポーティに走り、オフロードで高い悪路走破性を発揮するコンセプトはハイラックスサーフ時代から踏襲されている。

 下記の北米でのラインナップを見てほしい。4ランナーは今でもフルサイズのセコイア、ランクルクルーザーに次ぐ、ラダーフレームを採用した”本格派ミドルサイズ4WD”として位置づけられているのだ。


●C-HR(TNGA GA-C)
●RAV4(TNGA GA-K)
●ヴェンザ、日本名ハリアー(TNGA GA-K)
●ハイランダー(TNGA GA-K)
●4ランナー(ラダーフレーム)
●ランドクルーザー(ラダーフレーム)
●セコイア(ラダーフレーム)

 新しいTNGAを採用したモノコックボディは、オンロード重視の都市型クロスオーバーSUVで、C-HR、RAV4、ヴェンザ(日本名ハリアー)がこれにあたる。ただし、現行のRAV4はオフロードの走行性能を高めており、クロカン四駆寄りになった。

 荒れた路面やオフロードをガンガン走れる、ラダーフレーム付きの本格派クロカン四駆は、ミドルサイズの4ランナー、フルサイズのランドクルーザー、そしてさらに大きいセコイアのラインナップとなる。

飾らぬコンベンショナルな作り

4ランナーTRDプロ2021年モデル
4ランナーベンチャーエディション2020年モデル

 4ランナーの現行モデルのグレード構成はいたってシンプル(整理されたというべきか)。かつては2.7L、直4も用意されていたが、現在は1GR-FE型4L、V6(270ps、377Nm)に5速ATを設定、FWDと4WDの駆動系が選択可能、後者にはトルセン式センターディファレンシャルが備わる。

 足回りはフロントがダブルウィッシュボーン式、リアが4リンクリジッド式と、SUVとしてコンベンショナルな形式を採る。

4ランナーベンチャーエディション2020年モデル。かつてのハイラックスのイメージと重なる

 ちなみに、4ランナーの仕様をほかのトヨタのSUVとボディサイズ順に並べてみると以下のようになる。


●RAV4
全長×全幅×全高:4600×1855×1685mm
ホイールベース:2690mm
●ヴェンザ(数値はハリアーの日本仕様)
全長×全幅×全高:4720×1835×1690mm
ホイールベース:2660mm
●ランドクルーザープラド
全長×全幅×全高:4825×1885×1850mm
ホイールベース:2790mm
●4ランナー
全長×全幅×全高:4830×1925×1796mm
ホイールベース:2790mm
●ハイランダー
全長×全幅×全高:4950×1930×1730mm
ホイールベース:2850mm
●ランドクルーザー200
全長×全幅×全高:4950×1980×1880mm
ホイールベース:2850mm
●セコイア
全長×全幅×全高:5210×2030×1956mm
ホイールベース:3099mm

 このようにハイランダーが5mに届かんとする全長に達し、3列シートを備えることを考えると、4ランナーが昔ながらといっては失礼ながら、アメリカ的にほどよいサイズを有した、日常的な使い勝手により配慮したモデルであり続けていることがわかる。

RAV4
ヴェンザ(日本名ハリアー)
ランクルプラドは2020年8月の一部改良でエクステリア、インテリアの変更はないが1GD-FTV型2754ccの直4DOHCディーゼルターボが27ps/5.1kgmアップの204ps/51.0kgmとなった
ハイランダー。3列シートを備える
ランドクルーザー200
トヨタのフルサイズSUV、セコイア(写真はTRDプロ2020年モデル)

すぐにでも日本で発売してほしい!

ラダーフレーム構造の本格的なクロカン四駆として大ヒットの予感!

 今回のマイナーチェンジでは、従来から4WD仕様に設定されている、足回りにTRDが手がけた専用ダンパー、スプリングなどを採用した仕様に、最上級グレードとして「TRD Pro」が設定されるなど商品性の強化が図られた。

 4ランナーの2021年モデルの価格は3万6340~5万470ドル(約418万~580万円(1ドル=105円換算)。

 今回のマイナーチェンジは、モデル末期のテコ入れともとれなくもない。4ランナーを除いて、上記のモデルがすでにTNGAプラットフォームを採用していることを見ると、近い将来においてRAV4やハイランダーのように新世代のTNGAプラットフォームを採用して新型に移行することになるのか、気がかりになってくる。

 クロスオーバーSUVが新規マーケットを開拓するために次々と市場投入されているなか、4ランナーもピックアップの現行ハイラックスが細部までリニューアルされたことを考えると、ニューモデルの登場が期待される。

 このニューモデルの登場を待って、日本で発売してほしいと思ったが、現行モデルの写真を見ると、ワイルドでタフ、かつ洗練されたスタイリッシュさもあるので売れそうな気がする。

 2017年9月、実に13年ぶりに再登場したピックアップトラックのハイラックスは、初期受注の6割を若者が占めるほどの人気となった。

 きっと「クルマなんか一緒に見える」と思っていた若者が、ハイラックスのワイルドなスタイルに一目ぼれしたのではないだろうか。

 ハイラックスサーフもSUVブームの今、日本で発売すれば大ヒット確実となるのでないだろうか。

 ハイラックスサーフの日本発売熱望します!

インテリアほかのトヨタ車と同様、クオリティが高い

【画像ギャラリー】ワイルドなクロカン四駆 新型4ランナー(日本名ハイラックス)を写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ