フェラーリ値落ちしない伝説の真実 「貧乏人こそフェラーリを買え!!」は本当か?


清水草一お薦めの中古フェラーリはこれだ!

お薦めのフェラーリ1位はフェラーリ328GTS(1000万円から)/328GTB(1200万円から)
お薦め2位はフェラーリF355のMT、1200万円から

 ということで、中古フェラーリを買うならば、まずは328。328GTSが1000万円から、328GTBが1200万円からだ。この価格差は故障の確率ではなくレア度の差である。

 続いてF355のMT。こちらは1200万円から。この2モデルは、生産から20年以上を経て、価格が上昇局面に入っている。フェラーリの一般的なモデルは、20年後まではジリジリ値段が下がるが、そこから反転上昇するのがパターンなのである。

 続いて、458イタリアが2000万円から。こちらはまだ下がる可能性が高いと私は見るが、あのUFOのような走りの凄まじさ、官能性はそれを補って余りある。この3モデルが絶対的クリーンナップだ。

 それに続くのは、360モデナ(MT)が1000万円から。加えてF430が1300万円からといったところではないだろうか。

 もちろんこれより安い個体もあるが、その場合は値段なりのネガがあり、これより高い個体は、値段なりのプラス要素がある。単純にそう考えればいいだろう。

お薦め3位は2000万円からというフェラーリ458イタリア
お薦め4位はフェラーリ360モデナのMT、1000万円から
お薦め5位は、1300万円からというフェラーリF430

清水草一のフェラーリライフ27年間の収支を大公開!

清水草一さんが現在所有しているフェラーリ328GTS
清水草一さんがこれまで購入したフェラーリの収支表

 参考までに、私のフェラーリライフ27年間の収支決算表を公開しよう。

 私はこれまで13台中古フェラーリを購入し、うち11台を売却したが(現在2台所有)、その11台の購入額と下取り額を差し引くと、合計約1800万円。年平均するとわずか70万円ほどになる。

 つまり私の場合、2年に1回のペースで買い替えたにも関わらず、フェラーリは年間約70万円しか下がらなかった。これはごく普通の国産車より、むしろ安いくらいではないか?

 加えて、車検費用などの必須整備費が年平均約19万円、自動車税が年平均約6万円、自動車保険料が年平均約17万円だった。

エノテン「清水さんは20年前から、『フェラーリを買わないヤツはバカ!』って言ってますど、それが真実であったことが、いままさに証明されてますね!」

 そう。フェラーリを買わないヤツはバカなのだ! 同じ1000万円でも、中古フェラーリを買うのと新車のベンツを買うのでは大違い。

 新車のベンツを買う人の勇気を、私は常に尊敬している。貧乏人はフェラーリを買え!

【画像ギャラリー】あまり損をしないお薦めのフェラーリ5車種を写真でチェック!