フェラーリ値落ちしない伝説の真実 「貧乏人こそフェラーリを買え!!」は本当か?


 フェラーリを買って数年乗って、下取りに出すと買った値段とほぼ同じ金額だった、という話を聞いたことがある。

 これは都市伝説、ガセ情報なのか? いくらなんでも超人気のスポーツカー、フェラーリだからといって、そんな夢のような話があるのか、にわかに信じがたい……。

 ということで、はたしてフェラーリは売っても損をしないのか? フェラーリオーナー、モータージャーナリストの清水草一氏と、フェラーリ専門店「コーナーストーンズ」の榎本店長にご登場願って、その真相に迫ってみた。


文/清水草一
写真/清水草一 コーナーストーンズ フェラーリ
取材協力/コーナーストーンズ

【画像ギャラリー】あまり損をしないお薦めのフェラーリ5車種を写真でチェック!


フェラーリほどコストパフォーマンスの高いクルマはないと断言できるワケ

東京都町田市のフェラーリ専門店「コーナーストーンズ」の榎本修店長とモータージャーナリストの清水草一氏

フェラーリ専門店「コーナーストーンズ」のホームページはこちら!

 フェラーリほどコストパフォーマンスの高いクルマはない。具体的には、満足度に対する対価が猛烈に安い。なにしろ下取り価格がほとんど下がらない。

 私はそのことを20年以上書き続けてきたが、世の中にはまったく浸透していないらしく、いまだに信じてもらえない。

 今回も担当編集者に、「フェラーリは買った値段で売れるというのは本当ですか?」と問われてしまった。

 そして、今回、「フェラーリオーナーの視点で、清水さんが榎本さんと対談してください」という依頼を受けた。

 私は、「買った値段で売れる!」と書いたことはない。実際、これまで13台中古フェラーリを買ってきて、買った値段より高く売れたことは一度もない。

 ということで、毎度お馴じみ、東京都町田市にあるフェラーリ専門店店長の榎本修氏に登場いただいた。

榎本修氏(以下エノテン)「そんなことはないですよ清水さん! 買った値段より高く買い取らせていただいたケースはいくらでもあります!」

清水「だろうね、タイミングによっては」

エノテン「清水さんはだいたい2年くらいで買い替えていらっしゃいますから、値段が上がるところまではいってませんけど、もうちょっと長く乗って、世の景気動向とシンクロすれば、買った値段で売れることなんて珍しくもなんともありません。

 たとえば10年前に328を600万円で買った方は、大事に乗っていれば、いま900万円くらいで買い取らせていただけると思います」

 ……う、うっそ~と驚くなかれ。紛れもない事実である。私も2009年に328GTSを598万円(諸経費込み)で買ったが、現在乗っている328GTSは、2019年に1180万円(同)で買ったものだ。あのまま11年間乗り続けていれば、確実に資産は増えていただろう。

エノテン「10年前は、F355のMTの合格点のクルマが、798万円くらいで買えました。

 今は1200万円からですから、10年間フェラーリを楽しんで、大きな故障もなく、車検も1回20~30万円くらいで済んで、それで何百万円かお釣りがくるわけです。

フェラーリ328を10年前、600万円で買った人は現在では900万円くらいで買い取ってくれるそうだ
10年前はF355のMTの合格点のクルマが798万円くらいで買えたがいまは1200万円からと大幅に値が上がっている

 ついこの間も、そういうお客様からF355を買い取らせていただきましたけど、『本当にありがとうございました。すべて榎本さんのおかげです』って、しみじみ感謝されましたウフフフフ~!」

清水「夢のような話だよねぇ……。でもさ、こういう話を聞いて、『なら買ってみようかな』って思うのは、間違ってると思うんだよ!」

エノテン「その通りです! フェラーリはそういうもんじゃありません!」。

 私がこれまでフェラーリを買い続けてきたのは、「買った値段で売れるから」ではない。

 確かにそういうケースもあるだろうが、だからといって実用性のまったくない高価なクルマを、好きでもない人間が買うだろうか? 

 駐車場代だって保険料だって税金だってかかる。運が悪けりゃ故障だってする。F40とかF50みたいな、10年間で値段が5倍になっちゃったスペシャルフェラーリでもない限り、収支をすべて計算すれば、そんなにプラスになることはない。

 フェラーリを買うのは、あくまで「欲しくて欲しくてどうしようもないから」なのである。すべてを捨てても手に入れたいと願った者が、最後に意外なプレゼントを手にするってことだ。

 フェラーリが好きならば、死ぬほど欲しいと願っていた者ならば、フェラーリを買えば猛烈にシアワセになれる。しかも望外に少ない出費で。しかしそれにも条件がある。

清水「フェラーリならなんでもいいってわけじゃないよね!」

榎本「その通りです。ピュアにフェラーリのスピリットが感じられるモデル、つまり『すべてを捨ててでも手に入れたい!』と願う者が多いモデルだけに、そういう恩恵があるんです」

F355のF1マチック(セミAT)は手を出さない方がいいというアドバイスが……

清水「具体的には、ミドシップのMT。これがテッパンだね」

榎本「もっと具体的にモデル名を上げますと、328とF355のMT。これなら絶対に間違いありません。F1マチック(セミAT)ならMTより200万円安いですけど、ぜひMTにこだわっていただきたいです」

清水「前回の伊達軍曹との対談で、店長は355F1にずいぶんダメ出しをしてたよね。俺、F1マチックは買ったことないからわからないけど」

榎本「F1マチックはお薦めしません!」

清水「ECUが直せないって本当?」

榎本「355のF1マチックに関しては、ポンプやモーターの故障はなんとか安く直す方法を見つけたんですけど、故障がECUまで行くと直せません。

 新しい部品の供給もありません。フェラーリは冷たい会社で(笑)、20年くらいすると、もう部品を作ってくれないケースがあるんですよ。

 需要の多い部品なら、アメリカで純正と同じものが作られてたりしますけど、それもない場合、我々は苦労して苦労して、事故車のパーツを探してきたりするわけです。でも、355F1のECUは手に入りません」

清水「とにかくF355はMTを買っておけばいいってことだよね!」

榎本「そうなんです!」

清水「200万円安いフェラーリは、200万円余計にかかる可能性があるってことだからね!」

榎本「そうなんです!」

清水「でも、360モデナのF1もダメ?」

榎本「355F1ほどダメじゃありませんけど、ウチでは基本的に扱いません。ただ、事情があってどうしてもMTが運転できない方には、なるべく状態のいいものを探してきてお売りしています。

 クラッチの寿命がMTの半分くらいといったネガはありますが、場合によってはオッケーだと思います!」

フェラーリ360モデナのF1マチックについてもお薦めできないという……
F430のF1なら不安はないという

清水「F430は?」

榎本「F430まで来れば大丈夫です。F430はF1マチックばかりで、MTを探すのは至難の業ですし。あとは458イタリアですね」

清水「458のDCTは超素晴らしいよ! っていうかクルマ自体がウルトラ素晴らしい。最後の自然吸気V8ミドシップだし、最後のピニンファリーナデザインだし」

榎本「328とF355と458。ピュアなフェラーリはこの3モデルでいいと思います!」

 エノテンによると、この3モデルの10年後の相場は「未来のことは誰にもわかりませんけど、現在と同じくらいじゃないですか」

 もちろん、未来のことなど誰にもわからない。先はわからないが買わずには死ねない! という者だけが買えばいい。それがフェラーリだ。

手を出しちゃいけないフェラーリはあるのか?

400万円くらいから買えると2+2のFRクーペ、フェラーリ456GTだが安いのには理由があるという

清水「話は変わるけど、456GTを買って、ものすごくひどい目に遭った、って話をよく聞くじゃない」

榎本「ええ。456GTは400万円くらいで買えますが、安いのには理由があるんです」

清水「覚悟の特攻なら別だけど、456は最初から壊れてる欠陥車だから、安いからっていう理由で手を出しちゃ絶対にいけない。その他に買っちゃいけないモデルって何?」

FRでV12を搭載するフェラーリ575M。355F1や360モデナF1と同様、F1マチック搭載車には手を出さない方がいいという

榎本「575Mですね。あれもF1マチックがヤバいです」

清水「550マラネロは?」

榎本「550ならMTがありますからオッケーですけど、575MはF1ばっかりなんです」

清水「なるほど。他には?」

榎本「他にはないですね」

清水「えっ、不人気の2+2モデル、612スカリエッティとかはオッケー?」

榎本「人気がないので800万円を切ってますが、致命的な故障はないですし、もう底値でこれ以上あまり下がらないからオッケーでしょう!」

2+2のFRクーペ、フェラーリ612スカリエッティ。800万円を切っており、底値レベルだが、致命的な故障はないという
2+2のクーペカブリオレ、フェラーリカリフォルニア。初期モデルは1200万円前後で、現在の相場は底値という

清水「そうなんだ! カリフォルニア系(2+2のクーペカブリオレ)は?」

榎本「人気ありますよ。特に初期モデルは、相場がかなり下がり切っているので(1200万円前後)、オススメです」

清水「ええーっ! カリフォルニアの初期モデルなんて、フェラーリらしい官能性皆無で、メッチャつまんないと思うけど」

榎本「ピュアなフェラーリを卒業された方が、気軽にオープンを楽しみたいっていうことで、引き合いは結構あるんです。ただ、カリフォルニアTやポルトフィーノは、これからどんどん値段が下がるのを覚悟しないといけません」

清水「まぁ下がるっていっても、メルセデスSLみたいなものだから、普通のことだよね」

榎本「そうです! カリフォルニア系は普通のクルマだと思えばいいんです!」

次ページは : 清水草一お薦めの中古フェラーリはこれだ!