国産最高峰SUV レクサスLXの実力とライバルSUVたち

 日本が誇る最高峰SUVといえば、何といっても「レクサスLX」であろう。

 レクサスLXは、日本はおろか、いまや世界中から圧倒的な支持を得ている、トヨタのランドクルーザー(以下ランクル)と姉妹車であり、ランクルが2021年8月にモデルチェンジ、という情報があることから、LXについても、近く次期型が登場するのでは、と期待されている。

 LXは、悪路走破性など、クルマとしてのポテンシャルの高さはランクル同様であるが、滲み出るオーラは、ランクルとはひと味ちがう、高級感があふれるクルマだ。

 本記事では、次期型の登場をまえに、現行レクサスLXの実力についてご紹介するとともに、LXのライバルである、超高級SUVたちをピックアップ。SUVファン憧れの大型SUVたちをご紹介していく。

文:吉川賢一/写真:LEXUS、Mercedes-Benz、ゼネラルモーターズ、JAGUAR LAND ROVER、BMW

【画像ギャラリー】国産最高峰SUV!! レクサスLX570の全貌を写真でチェック!!


レクサス LX570

■ボディサイズ:5080×1980×1910(全長×全幅×全高mm)
■ホイールベース:2850mm
■エンジン:5.7リッターV型8気筒エンジン(377ps/54.5kgm)
■トランスミッション:8速AT
■WLTCモード燃費:6.6km/L
■駆動方式:AWD
■2列シート:5人乗り/3列シート:8人乗り
■価格 1135万6481円~

 LXは、レクサスのフラッグシップSUVとして開発されたクルマで、現行型である3代目LXは2007年にデビュー。2012年に大幅改良が行われ、スピンドルグリルへと進化している。日本市場導入は2015年のことだ。

全長5080mm、全幅1980mmの立派なサイズのLXだが、まだまだ大きなSUVはたくさんある

 基本的なボディのスタイリングは200系ランクルに似てはいるが、細部にわたって加飾が施されており、力強さとラグジュアリーなオーラがある。インテリアも、レクサスの豪華絢爛な雰囲気があふれており、ひとたびシートに身を任せれば、まるで頑丈な金庫の中で守られているような安心感と、優雅な気持ちに包まれる。

 ギヤ比可変ステアリング(VGRS)のほか、油圧式のサスペンション車高調整機能によって、車高をノーマルモード、ローモード、ハイモードの3種類から選べ、走行状態に応じて自動的に車高調整も可能な「4-Wheel AHC (4輪アクティブ・ハイト・コントロール・サスペンション) 」、そして、 走行状況に応じて減衰力調整が自動でなされる「AVS(アダプティブ・バリアブル・サスペンション)」といった、ハイテク装備を備える。

 ラダーフレームの強靭な車体と、ハイテクの足回りの効果もあり、オンオフ問わず、どこでも快適に走ることができる。この手のラグジュアリーSUVは、中東地域でよく売れており、砂漠が似合う一台である。

メルセデス-AMG GLS400d 4MATIC

■ボディサイズ:5210×1955×1825(全長×全幅×全高mm)
■ホイールベース:3135mm
■エンジン:3.0リットル直列6気筒ディーゼルターボ(330ps/86.7kgm)
■トランスミッション:9速AT
■WLTCモード燃費:10.9km/L
■駆動方式:フルタイム4WD
■3列シート7人乗り
■価格:1263万円~

 メルセデスのフラグシップSUVが「GLS」だ。昨年のニューヨークモーターショー2019にて新型が発表されている。

GLSクラスは、GLA、GLC、GLEと続く、メルセデスベンツのSUVラインアップの頂点にあたるモデルだ

 全長5.2メートルを超えるフルサイズSUVで、LXよりも全長は長い。日本でのラインアップはGLS400d、GLS580の2グレードだが、欧州地域では4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボ(612ps/86.7kgm)を搭載する「AMG GLS63 4MATIC+」という、GLSの頂点に立つ高性能版グレードも存在する。

 日本初導入となるアクティブサスペンション「E-ACTIVE BODY CONTROL」を搭載し、4輪のエアサスと電制ダンパーをコントロールし、オンロードの快適な乗り心地から、オフロードでのハードなボディモーションまで、高い安心感を実現する。

 ドライブモードは、車高が55mm上昇するオフロード向けのトレイルモードや、砂地向けのサンドモードも備えている。

 LXほどの派手さはないが、質実剛健とした、いかにも「メルセデスなオーラ」に溢れるラグジュアリーSUVだ。

キャデラックエスカレード

■ボディサイズ:5195×2065×1910(全長×全幅×全高mm)
■ホイールベース:2950mm
■エンジン:6.2リットルV型8気筒OHV(426ps/63.5Nm)
■トランスミッション:8速AT
■駆動方式:4WD
■3列シート7人乗り、左ハンドル
■価格:1377万円~

 キャデラックが誇るフルサイズSUVがこのエスカレードだ。現行モデルは2015年に登場した4代目となる。

全長5195mm、全幅2065mmと、とにかく大きなエスカレード。印象的なヘッドランプと迫力あるグリルは見る人に威圧感を与える

 2017年のマイナーチェンジで、6速ATから8速ATへと更新、他にも4WDへのローモード追加や、縦列並列の両方に対応するオートマチックパーキングアシストも搭載した。全幅2メートルを超え、大迫力のフロントフェイスは、いかにもアメ車の雰囲気が漂う。

 エスカレードの魅力の一つが、キャデラックの独自の「マグネティックライドコントロール」だ。電流に反応する磁性反応流体をアブソーバー内部のオイルに使用しており、センサーが路面状況を1秒間に最大1000回読み取り、ダンパーの減衰力を連続可変させて制御する。22インチタイヤという強烈なサイズだが、とてもそうとは思えない、優しい乗り心地だ。

 ブラックのエスカレードをみると、SPが周りを取り巻き、クルマの中から政府要人が現れる、海外ドラマのワンシーンが頭をよぎるのは、テレビの見過ぎだろうか。

ランドローバー レンジローバー

■ボディサイズ:5005×1985×1865(全長×全幅×全高mm)
■ホイールベース:2920mm
■エンジン:3.0リットルV型6気筒ディーゼル(258ps/600Nm)
■トランスミッション:8速AT
■JC08モード燃費:12.4km/L
■駆動方式:4WD
■2列シート5人乗り
■価格:1493万円~

 英国のプレミアムメーカーのひとつである、ランドローバー。その最上級SUVが「レンジローバー」だ。現行モデルは2013年にデビューをした4代目であるが、アップデートが頻繁に行われており、車種のバリエーションが多いのが特徴だ。

レンジローバーはランドローバー社が販売するフラッグシップモデルだ。レンジローバーのラインアップは豊富に取りそろえられており、自分の理想やスタイルに合ったモデルを選択できる

 3リッターV6ディーゼル(258ps)、5.0リッターV8スーパーチャージドガソリンエンジン(525ps)、それを565psまで向上させたハイパワー版、そして2リッター直列4気筒ターボエンジンとモーターのPHEV(404ps)の3種類からエンジンを選び、スタンダードのホイールベースか、200ミリほど伸ばしたロングホイールベース仕様かを選べる。

 エクステリアはシンプルだが、ひときわ贅沢で快適なインテリアをもつ。また、停車時に自動で車高が50ミリ下がる「オートマチックアクセスハイト」が標準装備されている。オフロード走行時には、最大80ミリほど車高を上げて走行することも可能だ。

 ちなみに、最上級のロングホイールベースを選ぶと、お値段は3000万円を超える。これほどの高級SUVを、砂漠やオフロードでグイグイと走らせる富裕層がいることには、驚きしかない。

BMW X7 xDrive35D

■ボディサイズ:5165×2000×1835(全長×全幅×全高mm)
■ホイールベース:3105mm
■エンジン:3.0リットル直列6気筒ディーゼル(265ps/63.2Nm)
■トランスミッション:8速AT
■WLTCモード燃費:11.4km/L
■駆動方式:4WD
■3列シート6人乗り/3列シート7人乗り
■価格:1099万円~

 BMWのフラッグシップSUVが「X7」だ。現行モデルは、ドイツ本国で2018年に登場した初代モデルで、2019年に日本デビューをしている。メルセデスベンツの「GLS」やアウディの「Q7」のような、フルサイズSUVを、これまで持たなかったBMWが、満を持して開発した、という流れだ。

巨大なキドニーグリルと巨大なサイズが特徴のBMW X7。ハイパフォーマンスとラグジュアリーな世界観を両立させたBMWの最上級SUVだ

 エンジンは、3リッターV6ディーゼルと、X7 M50i用の4.4リッターV8ツインターボエンジン(530ps/76.5)の2種類となる。

 エクステリアで目を引くのは、過去最大級に大きくなったキドニーグリルだ。押し出しの強いフロントフェイスと大きなボディは、最大22インチの大径アルミホイールも、サイズ的にオーバースペックに見えない。インテリアには、BMW Individualメリノレザーという、質感の高い表皮が用いられており、ゴージャスさに拍車がかかっている。

 必要に応じて上下40mmの範囲で車高を自動調整する「4輪アダプティブエアサスペンション」を採用している。さらには、カメラで路面状況を確認し、ダンパー特性も制御することで、姿勢制御をおこなう「エグゼクティブ・ドライブ・プロ」も採用している。

 重量級SUVとはいえ、優れた走行安定性と上質な乗り心地を両立しており、ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能や、リバースアシスト(後退時ステアリングアシスト機能)も備わる、という、至れり尽くせりのクルマだ。

【画像ギャラリー】国産最高峰SUV!! レクサスLX570の全貌を写真でチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ