国産最高峰SUV レクサスLXの実力とライバルSUVたち

キャデラックエスカレード

■ボディサイズ:5195×2065×1910(全長×全幅×全高mm)
■ホイールベース:2950mm
■エンジン:6.2リットルV型8気筒OHV(426ps/63.5Nm)
■トランスミッション:8速AT
■駆動方式:4WD
■3列シート7人乗り、左ハンドル
■価格:1377万円~

 キャデラックが誇るフルサイズSUVがこのエスカレードだ。現行モデルは2015年に登場した4代目となる。

全長5195mm、全幅2065mmと、とにかく大きなエスカレード。印象的なヘッドランプと迫力あるグリルは見る人に威圧感を与える

 2017年のマイナーチェンジで、6速ATから8速ATへと更新、他にも4WDへのローモード追加や、縦列並列の両方に対応するオートマチックパーキングアシストも搭載した。全幅2メートルを超え、大迫力のフロントフェイスは、いかにもアメ車の雰囲気が漂う。

 エスカレードの魅力の一つが、キャデラックの独自の「マグネティックライドコントロール」だ。電流に反応する磁性反応流体をアブソーバー内部のオイルに使用しており、センサーが路面状況を1秒間に最大1000回読み取り、ダンパーの減衰力を連続可変させて制御する。22インチタイヤという強烈なサイズだが、とてもそうとは思えない、優しい乗り心地だ。

 ブラックのエスカレードをみると、SPが周りを取り巻き、クルマの中から政府要人が現れる、海外ドラマのワンシーンが頭をよぎるのは、テレビの見過ぎだろうか。

ランドローバー レンジローバー

■ボディサイズ:5005×1985×1865(全長×全幅×全高mm)
■ホイールベース:2920mm
■エンジン:3.0リットルV型6気筒ディーゼル(258ps/600Nm)
■トランスミッション:8速AT
■JC08モード燃費:12.4km/L
■駆動方式:4WD
■2列シート5人乗り
■価格:1493万円~

 英国のプレミアムメーカーのひとつである、ランドローバー。その最上級SUVが「レンジローバー」だ。現行モデルは2013年にデビューをした4代目であるが、アップデートが頻繁に行われており、車種のバリエーションが多いのが特徴だ。

レンジローバーはランドローバー社が販売するフラッグシップモデルだ。レンジローバーのラインアップは豊富に取りそろえられており、自分の理想やスタイルに合ったモデルを選択できる
レンジローバーはランドローバー社が販売するフラッグシップモデルだ。レンジローバーのラインアップは豊富に取りそろえられており、自分の理想やスタイルに合ったモデルを選択できる

 3リッターV6ディーゼル(258ps)、5.0リッターV8スーパーチャージドガソリンエンジン(525ps)、それを565psまで向上させたハイパワー版、そして2リッター直列4気筒ターボエンジンとモーターのPHEV(404ps)の3種類からエンジンを選び、スタンダードのホイールベースか、200ミリほど伸ばしたロングホイールベース仕様かを選べる。

 エクステリアはシンプルだが、ひときわ贅沢で快適なインテリアをもつ。また、停車時に自動で車高が50ミリ下がる「オートマチックアクセスハイト」が標準装備されている。オフロード走行時には、最大80ミリほど車高を上げて走行することも可能だ。

 ちなみに、最上級のロングホイールベースを選ぶと、お値段は3000万円を超える。これほどの高級SUVを、砂漠やオフロードでグイグイと走らせる富裕層がいることには、驚きしかない。

次ページは : BMW X7 xDrive35D

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!