スバル新型レヴォーグ搭載の新エンジンが持つ「名機」の予感


VTD-AWDの搭載は見送られた

先代レヴォーグの2lモデルに搭載されていたVTD-AWDの採用は見送られた。またCB18型以外の高性能エンジンを搭載する予定は今のところないという

 ご存じのとおり、先代レヴォーグにはFB16型のほかにFA20型の設定があり、前車にはアクティブトルクスプリットAWDが組み合わされていたのに対し、後車にはセンターデフを用いてトルクをリアよりに不等配分することで回頭性を高めスポーティな走行を楽しめるようにするVTD-AWDが搭載されていた。

 まさしくWRX S4のワゴン版といえるFA20型搭載モデルの存在が、初代レヴォーグのイメージリーダーとしての役割をはたしていた側面もあるわけだが、新型レヴォーグにはいまのところ、CB18型以外の高性能エンジンやVTD-AWDを搭載する予定はないという。

今後CB18型はどんな車種に展開されていくのか?

2020年10月22日に行われるフォレスターのマイナーチェンジでこのCB18型1.8Lターボエンジンが搭載される予定
次期WRX STIにはFA24型ターボの搭載が予想される(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 インプレッサスポーツやインプレッサG4のマイナーチェンジが2020年10月8日に行なわれたが、e-BOXERとSTIスポーツが追加されたものの、CB18型は搭載されなかった。

 一方で、2020年10月22日に行なわれるフォレスターのマイナーチェンジでは、従来の2.5LNAを廃止し、1.8LターボのCB18型が搭載されるという。

 このエンジンが今後どのように発展するのかはわからないが、ボアピッチは98.6mmとあまり大きくなく、ボア方向での排気量拡大は考えられない。設計からすると1.8Lが上限と見てよい。

 いずれ新しくなるであろうWRX系にどんなエンジンが積まれるかも大いに気になるところだが、CB18型で追求したのはあくまでエフィシェンシー(効率)であり、パフォーマンスはあまり考えていないと開発者も述べていたことから、WRX系に搭載されるとは考えにくい。

 一説には次期WRX STIにはFA20ターボをベースに排気量を2.4Lに拡大したFA24ターボが搭載されるという情報もあるようだが、さだかではなく、いずれにしても次期WRXに与えられるのは、拡張性を持つFA型やFB型の次の世代のエンジンと考えたほうがよさそうだ。

 むしろ今回のCB型の系統は、1.6L程度に排気量を縮小したり、過給を行なわず自然吸気とするようなデチューン方向の展開のほうが考えられる。CB型エンジンの本質は、あくまでエフィシェンシーの追求にあるのだ。

【画像ギャラリー】すべてにおいて超絶進化した新型レヴォーグを写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ