RAV4 PHV、GRヤリス…2ペダルで走りの楽しいクルマはどれだ?? 


 現在、新車で販売されるクルマのうち、約98%が2ペダル車が圧倒的な占有率を誇っているのはご存知のとおり。

 ATをはじめ、DCT(デュアルクラッチ)、CVTが2ペダルに該当するワケだが、そんな現状の新車販売ラインナップなかで走りが楽しい2ペダル車について、フォーカスを当ててみた。

 そこで、自動車評論家3人に、走りの楽しい2ペダル車を選んでもらい、各車どんな魅力を持っているのか、解説してもらった。


文/国沢光宏 齋藤聡 松田秀士 
写真/ベストカー編集部
初出/ベストカー2020年9月26日号

【画像ギャラリー】夢の2ペダルMTはなぜ主流になれない? DCTを搭載した日本車を写真でチェック!


軽く1000万円超えのクルマは別格扱いとした

今回は1000万円以上のスポーツモデルは別格扱いとした

 まず、現在の国産ラインナップのなかで特に走りにこだわったモデルのうち、2ペダル車を用意しているモデルを表にまとめてみた。

 このなかでもNSX、GT-R、レクサスLC、レクサスGS F&RC Fの5台については車両本体価格が軽く1000万円超えとなるため、走りが楽しくて当然として別格扱いとした。

GT-RやNSX、レクサスLC、GS F、RC Fは1000万円以上するため別格扱いとした。表ではスイフトスポーツはCVTとなっておりますが正しくは6速ATです

国沢光宏が選んだ 走りが楽しい2ペダル車 国産車BEST5

1位:日産リーフe+。価格:441万1000~498万8400円。現行リーフのバッテリー容量を42kWhから62kWhと約1.5倍に増量したモデルがこのe+。電気モーターの最高出力も従来型の150psから218psへとパワーアップされている

 単純な運転の楽しさだけならMT一択だけど、長距離や渋滞を考えればAT。毎日の通勤があって1台しか持てないなら必然的にATだね。

 1位は誰でも「ホントかね?」と驚くリーフe+を挙げたい。このクルマの楽しさって、MTとは根本的に違う。どの速度域からアクセル全開しても、フルパワーで加速するのだった。それに加えてメチャクチャ速い!

 なにせタイヤとサスペンションを替えただけで筑波サーキットを1分10秒! 下手なスポーツハッチじゃまったく勝てない。

2位:トヨタRAV4 PHV 価格:469万~539万円。先行予約段階で納期が2020年11月と人気のRAV4PHV。EV走行は95km可能

 2位はRAV4 PHV。2021年中盤には日産からARIYAが出てくるけれど、電気自動車はクルマの楽しさの基準を変えると思う。同じ意味でRAV4 PHVも新しい世代の楽しいATといっていい。

 あんな大きいボディで0〜100km/h加速は6秒なんだから強烈。こうなるとシャッキリした足回りと高性能ブレーキも必要になってくる。

 意外かもしれないが、V6エンジンを搭載するハイブリッドのパンチ力だって凄い。

3位:日産スカイラインハイブリッド 価格:557万5900~644万4900円。306ps/35.7kgmのV6、3.5L、V6DOHCに68ps/29.6kgmを発揮するモーターを組み合わせ、システム出力は364psに達する

 3位に挙げたスカイラインはシステム出力364ps。4位のクラウンも同359ps! アクセル全開すると、純粋なガソリン車より早いタイミングでパワーが出る。レスポンス的にはクラウン優位。

 ただ4WSに代表される車両全体の楽しさでスカイライン優位。この2車種、ハンドル握ってアクセル踏んだら「これは凄い」とウナりますよ。速いです。

4位:トヨタクラウンハイブリッド3.5 価格:623万4000~703万5000円。299psのV6、3.5L、V6に180psのモーターを組み合わせ、システム出力359psを発揮する3.5Lハイブリッドユニットを搭載している
5位:GRヤリスRS 価格:265万円。120ps/14.8kgmの直3、1.5L、直3NAエンジンを積んだGRヤリスRS。パドルシフトで操作可能な10速マニュアルモード付きのCVTを組み合わせている

 5位はGRヤリスRS。新世代のスポーツCVTは、新しい走りの魅力を創り出すかもしれません。電気自動車ほどじゃないまでも、スポーツ走行モードにしておけば、常時最高出力回転数をキープできる可能性を持つ。

 それだけだとエンジンが回りっぱなしになるため、10速制御になっている。遠からずスポーツモデルはモーター+エンジンの統合制御になり、当然ながらCVT。電光石火のレスポンスを楽しめますよ。

次ページは : 齋藤聡が選んだ 走りの楽しい2ペダル車 国産車BEST5

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ