ホンダのトラック魂が炸裂!! リッヂライン最大の魅力は絶妙な「ちょうどよさ」

 日本ではあまり馴染みがないが、北米では「SUT(Sport Utility Truck)」と呼ばれるクルマのカテゴリがある。ピックアップトラックと乗用SUVを融合させた性格のクルマのことを指し、その多くは、SUVや乗用車をベースに、4ドアのキャビンはそのままに、荷台部分をオープンにさせている。

 このSUTにカテゴライズされるクルマは、やはりフォードやシボレー、キャデラックなど、北米のメーカーのクルマが多いが、実は日本メーカーからも出ている。その一台が、ホンダのリッヂライン(RIDGELINE)だ。

 今回はこの「ホンダリッヂライン」の魅力を詳しくご紹介していく。

文:吉川賢一
写真:HONDA、TOYOTA

【画像ギャラリー】かっこよすぎる!! ホンダ唯一のピックアップモデル「リッヂライン」をギャラリーでチェック!!


軽快さが魅力

 リッヂラインは、北米市場向けとして、2005年に初代モデルが誕生した、中型のスポーツユーティリティトラック(SUT)だ。現行モデルは2016年に登場した2代目となる。

価格帯は、3万6670ドルから4万3520ドル(約389~462万円)だ

 ホイールベースが3メートルを超えるのに「中型」という表現をするのもおかしな話だが、北米市場ではこれよりも大きなフルサイズピックアップトラックが、わんさかといるのだ。

 リッヂライン最大の特徴はFFベースのピックアップトラックということだ。パイロット、北米仕様のオデッセイといった乗用車と同じ車体をベースとしており、その車体に、耐久性アップとしてラダーフレームをモノコックに統合し、強固な作りとしている。

荷台の床下には収納エリアがある リア扉は手前に引き出すパターンと、左右開閉の2WAYが可能

 他のメーカーが作るようなラダーフレーム構造のピックアップトラックとは異なり、軽いモノコックボディによる軽快さは、リッヂラインの魅力のひとつとなっている。

 ボディサイズは、5335×1925×1798(全長×全幅×全高mm)、トヨタのハイラックス(5340×1855×1800)と比べると、全長全高は同等だが、車幅が75ミリほど広い。しかし、トヨタのタンドラ・ダブルキャブ(5814×2029×1935)のようなフルサイズピックアップトラックと比べると、まだまだ小っちゃなサイズだ。

ベースが乗用車ならではの使い勝手の良いインテリアだ

タフな走りは得意ではない

 リッヂラインのパワートレインは、3.5リッターV型6気筒エンジン(280ps/355Nm)と、9速AT(2020モデルより変更になった)の組み合わせとなり、駆動方式は4WDと前輪駆動の2WDとが選べる。

ホンダのバイクを荷台に乗せ、オフロードコースへ走らせに行くのが似合う!

 リッヂラインのトーイングキャパシティは5000lb(約2268kg)。日本車メーカーのフルサイズピックアップトラックである、日産タイタンの9310lb(約4223kg)や、トヨタタンドラの10100lb(約4580kg)と比べると少ない。

 ホンダの中では、最大級のトーイング性能を誇るが、他メーカーのピックアップトラックが400馬力近くを発生する5リッターオーバーの大排気量エンジンを積む中、リッヂラインは排気量の少なさと、非力さが際立ってしまっており、北米のユーザーからは、リッヂラインだと「物足ない」といった指摘もある。

トヨタタンドラは、トーイングキャパシティが10100lb(約4580kg)と、リッヂラインの倍もある

 フロントサスペンションはマクファーソンストラット、リアはマルチリンク式と、オンロードをメインとするサスペンションセッティングとなっており、これが乗り心地の良さにつながっている。

 ラダーフレーム構造の頑丈な車体と、サスペンションストロークが大きくとれる前後ダブルウィッシュボーン形式のサスで、オフロード走行の衝撃を余裕で吸収する、タフな走りはさほど得意とはしていないようだ。

まさに丁度良いSUT

 リッヂライン3.5L AWDの燃費は、市街地19 /ハイウェイ24 /複合8.9MPGと、この手のクルマの中では、燃費が比較的良い。日本流に換算すると、市街地8.1km/L、高速10.2km/L、複合6.3km/Lとなる。

 参考だが、トヨタタンドラ(5.7L 4WD)は市街地13/ハイウェイ18/複合15 MPG(日本流換算で市街地5.5km/L、高速7.7km/L、複合6.4km/L)であり、リッヂラインのほうが、40%ほど燃費が良い。この燃費性能の良さもリッヂラインの魅力のひとつだ。

北米オデッセイのリアを切り取ったようなリアスタイルだ

 ド派手な外観と、圧倒的な走破力を誇るフルサイズピックアップトラックとは異なり、どちらかというと大人し目な印象があるホンダリッヂライン。

 圧倒的な人気車ではないが、丁度良いサイズ感と、燃費の良さ、そしてホンダセンシングといった最新装備、さらにはホンダに対するイメージの良さで、ユーザーからは支持を得ているリッヂラインは、まさに丁度良いSUTだ。

【画像ギャラリー】かっこよすぎる!! ホンダ唯一のピックアップモデル「リッヂライン」をギャラリーでチェック!!