トヨタ海外専売SUV「TRDプロ」が超カッコいい!! 何このド迫力!!

 7月8日に米国トヨタは、「タコマ」、「4ランナー」、「タンドラ」、「セコイア」というラダーフレーム構造のピックアップトラックと本格SUVの2021年モデルを発表。

 2021年モデルでの変更点はボディカラーの追加などそれほど大きなものはないのだが、発表や4台のWebを見ていると日本では聞き慣れない「TRDプロ」というグレードの存在が目に付く。

 日本では販売されない4台の概要と、迫力満点のTRDプロとは? それぞれ解説していきたい。

文:永田恵一、写真:トヨタ

【画像ギャラリー】迫力満点!! 日本未発売の「TRDプロ」2021年モデルをみる


日本未発売! トヨタ屈指の本格SUV&ピックアップとは?

■タコマ

1995年に初代モデルが登場し、2014年よりTRDプロが追加された(写真:タコマ TRDプロ2021年モデル)

 1995年に初代モデルが登場し、2016年から現行型となる3代目モデルが販売されているタコマは、日本でもタイ国生産車が販売されるハイラックスを米国向けにした存在。

 ボリューム感あるアメリカンなエクステリアやFJクルーザーを思い出させるポップなインテリアを持つ。

 ボディタイプはマツダ RX-8に似た観音ドアと、前席後方にダイハツ ハイゼットジャンボやスズキ スーパーキャリイといったキャビン付の軽トラックのようなスペースを持つアクセスキャブと4ドアのダブルキャブを設定。

 パワートレーンは6速ATとの組み合わせを中心としたそれぞれガソリンエンジンとなる、2.7L直4と3.5L・V6(一部グレードには6速MTあり)だ。

■4ランナー

5代目にあたる現行型は2009年から販売開始。タコマよりも全長を短縮し、SUV化したものである(写真:4ランナーTRDプロ2021年モデル)

 4ランナーは日本での販売は2009年に終了したハイラックスサーフを引き継ぐモデルで、5代目モデルとなる現行型は2009年から販売されている。

 4ランナーの成り立ちは、タコマの全長を500mmほど短縮し、SUV化したものといったところだ。パワートレーンは3.5L・V6+5速ATで、7人乗り3列シート仕様も設定される。

■タンドラ

アメリカらしいボディサイズを持つフルサイズのピックアップトラックである(写真:タンドラTRDプロArmy Green 2020年モデル)

 2000年に初代モデルが登場し、2007年から現行型2代目モデルが販売されるタンドラは、いかにもアメリカらしい全長5.7~6m×全幅2mというボディサイズを持つフルサイズのピックアップトラックだ。

 ボディタイプは4ドアながらリアシートが小さいダブルキャブと4ドアで通常のリアシートが付くクルーマックスの2つで、パワートレーンは5.7L・V8+6速ATだ。

■セコイア

タンドラとほぼ同時期に登場しているセコイヤは、米国ランドクルーザーよりも大きなボディサイズである(写真:セコイヤTRDプロ2021年モデル)

 初代モデル、現行型2代目モデルともにタンドラとほぼ同時期に登場しているセコイアは、タコマと4ランナーの関係と同様のフルサイズSUV。

 米国でも販売されるランドクルーザーに比べると大きなボディサイズとカジュアルなキャラクターを持つ。

 パワートレーンはタンドラと同じ5.7L・V8+6速ATで、セコイアは2-3-3の8人乗りと2-2-3の7人乗りという2つの仕様がある3列シート車でもある。

TRDプロは走破性高めた本格派グレード

 2014年あたりから設定されるようになったTRDプロは、簡単に言うとオフロード走破性を大きく高めたグレードだ。TRDプロに施されるモデファイは4台ともほぼ共通で、具体的には以下のとおり。

●機能面

オフロード走破性を重視したホイールとタイヤを使用。(写真:タコマ TRDプロ2020年モデル)

・TRDのマフラー

・最低地上高を若干高めたTRDのスプリングとFOX社のダンパー(リアはサブタンク付)から構成されるサスペンション

・オフロード走破性を重視したスタンダードなホイール径とオールテレーンタイヤとなるホイール&タイヤ

・金属製となるTRDのフロントアンダーガード

●エクステリア

4ランナーTRDプロ 2021年モデルの上部にルーフキャリアがついている

 4ランナーにはルーフキャリア、セコイア以外にはボンネットのエアスクープが付き、各車グリルのブラックアウト化などによるベース車以上にワイルドな設定。

●インテリア

ヘッドレストには、「TRDPRO」のロゴが入っている。(写真:セコイヤ TRDプロ2020年モデル)

 TRDのシフトノブ、TRDロゴ入りのシートやゴム製フロアマットなどを採用。

 さらにTRDプロ以外にもタコマとセコイアにオンロード性能を高めた「TRDスポーツ」、タコマと4ランナーに標準グレードとTRDプロの中間となるオフロード走破性を備えた「TRDオフロード」というグレードがある。

標準グレードTRDプロとの中間にあるのがTRDオフロードである。タコマと4ランナーに設定されている。(写真:タコマ TRDオフロード2020年モデル)

 また、TRDプロ以外のTRDグレードがないタンドラには、それぞれビルシュタインのダンパーを使いオンロードでの性能を高めたスポーツサスペンションキット、オフロード向けのサスペンションキット、ロールの起き方を調整するスタビライザー、金属製フロントアンダーガードといったTRDのパーツが豊富に用意される。こうした点もユーザーの楽しみ方を広げている。

まとめ

 アメリカで販売されるトヨタのピックアップトラックとSUVにTRDプログレードやTRDのパーツが豊富に設定されるのは、アメリカの自動車文化の奥深さの象徴とも言えるかもしれない。

 日本で販売されるトヨタのピックアップトラックと本格SUVでこういった方向性が似合うのはハイラックスだろう。

 ハイラックスがマニアックなモデルながら堅調に売れているのを見ると、TRDプロのようなグレードの設定は難しいとしても、日本でもTRDやGRのオプションパーツでこういった楽しみ方を今以上に提案するというのも、ハイラックスがマニアックなモデルだけに面白いのではないだろうか。

【画像ギャラリー】迫力満点!! 日本未発売の「TRDプロ」2021年モデルをみる

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ