【生産終了車に愛を!!】2016〜2017年に消えていったクルマたち15選

【生産終了車に愛を!!】2016〜2017年に消えていったクルマたち15選

 新しく生まれるクルマがあれば、新車市場から立ち去るクルマもある。一部の方はご承知のことだと思うが、実は2016〜2017年は多くのモデルが生産を終了し、次の世代へとバトンを渡した時期でもありました。
 本企画では華々しく登場した新車紹介……ではなく、2016〜2017年に粛々と去っていった生産終了車たちを駆け足で紹介いたします。
※なお本文中で「終了」とある日時は、特に断りがない場合は「販売終了時」を指しています(多くはメーカー公式サイトから削除されたタイミングです)
文:ベストカー編集部

ベストカー2017年2月10日号「物故車たち」より


■トヨタラッシュ/ダイハツビーゴ(2016年3月終了)

 キャミ/テリオス後継として2006年に登場。4WD車はセンターデフロック可能なフルタイム式4WDを採用し、ダウンヒルアシストコントロールなど、悪路走行を考慮した装備が奢られていた。実はFRベース。一時は「このクルマのプラットフォームを使ってコンパクトFRスポーツを」なんて開発計画もありました。後継車はC-HRとのこと。合掌。

■ホンダCR-V(2016年3月終了)

 初代はこれまでない、都会派の乗用車ライクな乗り味で「アーバン・カウボーイ」を名乗ってヒットしたが、2代目以降は苦戦。日本での販売はこの4代目で終了したが、人気の高い北米では2016年10月に5代目が発表。今回の東京モーターショーにもその新型CR-Vが出品され、「2018年中に日本仕様発売(復活)」とアナウンスされた。ハイブリッド仕様と1.5Lターボの2本立てとのこと。当企画で珍しくいい話。

■マツダMPV(2016年3月終了)

 初代はSUVテイストを持つモデルだったが、2代目からはミニバン的ルックスに。写真の3代目は2006年に登場し、2.3Lの直噴ターボモデルを用意するなど、今から考えると先進的なモデルだった。カッコもよかったと思うけど……マツダが推す「魂動デザイン」には向かなかったもよう。初代から数えて26年目にして没。残念。

■トヨタイスト(2016年4月終了)

 

 ヴィッツをベースにややSUV風のルックスが与えられたコンパクトカー。2007年登場の2代目はキング・クリムゾンの楽曲を使うなどCMはカッコよかったが、価格が上がったこともあってか、初代ほどの人気は得られなかった。3ナンバーにしたことが敗因だったかも。合掌。

■トヨタiQ(2016年4月終了)

 ご存じトヨタが超本気で作った「小さな高級車」。2008年登場。全長2985×全幅1680×全高1500㎜のボディに、1Lの直3エンジンを搭載した(後に1.3Lの直4追加)。大人3人+子供(もしくは荷物)というかなりトリッキーな室内レイアウトだったが、上質感を持たせるなど「スマートがいけるならこれもいけるはず」と狙いは悪くなかったように思う。6速MT車追加後は、「意外と走りが楽しい」と評価する評論家もいたが、彼らがiQを買うことはなかった。

■日産モコ/スズキMRワゴン(2016年5月終了) 

 モコはスズキからのOEM車両であり、日産にとっては実質的に初めて販売した量販軽自動車になる。2011年登場の3代目まで続いたが、MRワゴンが 2015年末に生産を終了したため、モコも2016年の春に販売を終了した。このクルマ以降、日産は三菱と共同で軽自動車を独自開発・製作・販売することになり、スズキとは距離を置くことに。あるカップルの、幸せな時代の写真を見る気持ちで眺めてください。

■トヨタRAV4(2016年7月終了)

 コンパクトボディに本格的なフルタイム4WDを組み合わせて登場した初代こそ人気を博したが、代を重ねるごとにボディは肥大し、逆に存在感は希薄になっていった。まだ「クロスオーバーSUV」という言葉が存在しない時代に、「シティ派クロカン」という言葉で同じ概念を日本に根付かせた功績は大きい。販売店によって「RAV4L(カローラ店系)」と「RAV4J(ネッツ店系)」がありました。日本での販売終了は2016年夏。北米では4代目が販売中。

■トヨタbB(2016年7月終了)

 トヨタがかなり鮮明に「若者向け」というコンセプトを打ち出していた。ボクシーな初代は人気だったが(オープンデッキも追加設定された)、2005年に2代目となると次第に苦戦が目立つように。それでも兄弟車のダイハツCooやスバルのデックスよりは長命。ホンダのS-MX(1996-2002年)とともに、「初期は若者に受けたけど、なんとなくメーカーが媚びてきたらお客さんが離れてしまった」というパターンな気が。

■トヨタラクティス(2016年9月終了)

 初代はファンカーゴ(ヴィッツの派生車種)の後継車で、開発主査はなんとあの(86を手がけた)多田哲哉氏。コンパクトトールワゴンとして2代目まで続いたが、2016年夏に販売終了。担当個人的には、2代目に用意された車いす仕様車のハイルーフスタイルがけっこう好きだった。欧州では「ヴァーソ」の名で、まだ販売されてたりする。

■ホンダCR-Z(2017年1月終了)

  1.5Lエンジンベースのハイブリッドスポーツであり、狭いところが苦手な人にはオススメできないリアシートなど、ホンダらしく攻めたクルマだったが、志半ばで生産終了。もちっと走りにキレがあるとよかったかもしれない。発売当初は「ハイブリッド車なのにスポーツカー」ということで存在価値が高かったが、そうしたコンセプト自体が一般的になると、販売的に苦戦することに。時代を前に進めた貢献は大きいと思う。合掌。

■トヨタウィッシュ(2017年10月終了)

(スライドドアでなく)ヒンジドアを持つ乗用車タイプの3列シートミニバン。初代登場は2003年で、先行する同コンセプト車ホンダ・ストリームをマネたのでは、と言われた(真相は不明)。ストリームは2014年に生産終了。ウィッシュはそこから3年粘ったが、特に後継車は発売されず終了。なお同時期に終了するのでは、と言われていたアイシスは継続して販売中。

■マツダビアンテ(2017年末終了)

 初代誕生は2008年。ボンゴフレンディ以来のマツダ製ボックス型ミニバンとして登場し、なにより元祖「キリッとした吊り目デザイン」が当時はまだ珍しく、マツダらしいしっかりとした走行性能もあり人気を博した。とはいえ2Lクラスのボックス型ミニバン市場全体が縮小し、トヨタノア三兄弟、日産セレナ、ホンダステップワゴンの三巨頭以外は苦戦するようになったこともあり、マツダ自体がボックス型ミニバン市場から撤退することに。

■マツダプレマシー(2017年末終了)

 乗用車型ミニバンで初代登場は1999年。現行型は3代目で2011年からは日産へOEM供給してラフェスタハイウェイスターとして販売した(プレマシー生産終了によりラフェスタハイウェイスターも終了)。比較的早くからアイドリングストップ機構やSKYACTIV系の技術が導入されたが、魂動デザインと合わないことや市場全体の縮小により次期型開発断念。生産終了へ。

■トヨタFJクルーザー(2018年1月末終了予定)

 現行型が2006年に北米専用車として登場以来、「日本でも売ってほしい」という多くの要望を背景にして2010年12月に販売開始。その直後こそ評判は上々だったものの、次第に話題になることも少なく「生産終了間近」と何度も報じられることに。今回も狼少年状態で「またか」という話かと思ったが、本当でした。正式アナウンスがあり2018年1月に終了。現在特別仕様車「ファイナルエディション」を販売中です。

■エクシーガクロスオーバー7 (2018年3月終了予定)

  本企画執筆のために取材していたら判明した絶版車種。販売店での注文締め切りは12月18日で、3月までに順次納車していくとのこと。現時点(10月2日時点で確認)ではまだ公式サイトに載っているが、近いうちに取り下げられるようだ。史上初の(そしておそらく最後の)水平対向エンジン搭載のクロスオーバーSUV風ミニバンがついに鬼籍に入る。寂しいので追悼企画を計画中です。

■けっこう大事な「こぼれ話」

 本企画を取材中に、発覚しましたので、お伝えしておきます。
 この秋、某大手新聞に「三菱i-MiEV、2018年内に生産終了」という記事が掲載されましたが(かなりざわついた)、三菱自動車広報部いわく「事実無根」だそうです。年次切り替えのタイミングではあるものの、2018年仕様も用意されており(切り替えタイミングはまだ未定とのこと)、日本最初の量産軽EVであるi-MiEVは無事生産・販売を続けるとのこと。よかったよかった。