デリカD:5をオススメする5つの理由と買い方指南 数年乗っても売却額が高値安定!!


 三菱のミニバン、デリカD:5はデリカスペースギアの後継モデルとして2007年1月にデビュー。つまり、デビューから14年が経過しようとしているわけだが、その魅力はいまだに褪せることなく、ユーザーを魅了している。

 デリカD:5はライバル不在の孤高の存在であると同時に、デビューから10年以上経過してなおも魅力を備えているという稀有な存在でもある。

 本企画では、デリカD:5をオススメする5つの理由と購入するならどのモデルがいいのか、買い得モデルについて渡辺陽一郎氏が指南する。

文/渡辺陽一郎、写真/MITSUBISHI、平野学、池之平昌信、中里慎一郎

【画像ギャラリー】初代デリカスターワゴンの登場から41年!! オフロード4WDのDNAは歴代デリカシリーズに継承されている!!


ミニバンながら本格オフローダー

世界広しと言えども、ミニバンでデリカD:5ほどのオフロード走破性の高いモデルは存在しない。他メーカーも追従することを半ば放棄

 ミニバンはファミリーカーの代表的な存在だが、デリカD:5はほかの車種と持ち味が違う。ミニバンでありながら悪路走破力も高く、SUVのデザインと機能を併せ持つからだ。

 デリカD:5の最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)は185mmで、悪路のデコボコも乗り越えやすい。現行型の駆動方式は4WDのみになり、電子制御式多板クラッチを介して、前後輪に最適な駆動力を配分する。

 4WDには走行モードの切り替え機能も備わる。「4WDロック」を選ぶと、多板クラッチの締結力が強まり、走破力をさらに高められる。デリカD:5は、ミニバンスタイルのSUVとも表現できるだろう。

優れた電子制御4WDにより雪道などの低μ路でのスタビリティも高く、安心してドライブできるのがデリカD:5が熱く支持されている理由

個性的で存在感抜群のエクステリア

2019年のビッグマイチェンで、ディーゼルは新顔、ガソリンは旧来顔となったが、ガソリンモデルの消滅により新顔のみのラインナップとなった

 遠方から見てもスグにわかる独特の外観も特徴だ。

 デリカD:5は2007年に発売されたが、2019年にはフルモデルチェンジに匹敵する改良を受けた。外観、インパネ周辺の形状、動力性能、走行安定性、乗り心地、安全装備まで、すべての機能に改善を施した。

 外観で注目されるフロントマスクは、今の三菱車に共通するダイナミックシールドのデザインだ。LEDヘッドランプは縦方向に2列並び、外側には5灯のロービーム、内側には4灯のハイビームを配置した。

 一般的に上級ミニバンの外観では、光沢の強いメッキグリルとエアロパーツを装着することが多いが、デリカD:5はダイナミックシールドの採用で独特の精悍な顔立ちに仕上げた。

 ミニバンで最も優れた悪路走破力と、その性能を表現するSUVの力強い外観が一番の特徴だ。

あまりにも個性的でアクが強いフロントマスクは賛否あったが、慣れると肯定派が増殖。ヘッドランプは縦型で、写真はロービーム点灯状態

次ページは : 貴重なディーゼル搭載ミニバン

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ