レクサスISよどこへ行く… なぜ消えたのはISでなくGSだったのか? 高級セダン戦略の行方

 2020年6月にビッグマイチェンを受けた新型ISが世界初公開され、11月から販売を開始する予定となっている。

 ISはジャストサイズのスポーツセダンで、ライバルはBMW3シリーズ、メルセデスベンツCクラス、アウディA4といったドイツ御三家の人気モデルだ。

 しかし、2013年デビューで、7年経過した段階で、なぜフルモデルチェンジではなくマイナーチェンジなのか、という疑問はある。

 そしてレクサスは2020年8月いっぱいでGSの生産を終了。なぜモデルから消えたのはISではなくGSだったのかも気になるところ。

 すでに新型ISのプロトタイプに試乗している渡辺敏史氏が、前述の疑問に加えて、ISの進化の方向性、フルモデルチェンジではなくビッグマイナーチェンジを選択した理由について考察する。

文/渡辺敏史、写真/LEXUS、BMW

【画像ギャラリー】スポーツセダンとして進化を続ける新型ISの詳細チェック!!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ