カローラクロス、マグナイト、ジューク…日本では手に入らない日本メーカー製SUV総覧


■ホンダ編

 北米向けのほか新興国向けも充実!

●パスポート(24/41)

ホンダ パスポート

 かつてはホンダと関係のあったいすゞのミューウィザードやビッグホーンのOEMだったが、現行型はホンダ製のラージSUVとして2019年に復活。パワートレーンは3.5L+9速ATを搭載する

●パイロット(25/41)

ホンダ パイロット

 パイロットは現行型で3代目モデルとなるラージSUVで、パスポートとはパイロットを3列シートとすることで差別化を図っている。パワートレーンもパスポートと同じ3.5L+9速ATだ。

●UR-V(26/41)

ホンダ UR-V

 中国専売となるクーペルックを持つラージSUV。中国には兄弟車として日本人には懐かしい車名のアヴァンシアもある。

●BR-V(27/41)

ホンダ BR-V

 タイなどの東南アジア圏で販売される初代CR-Vを現代的にしたイメージの3列SUV。次期モデルでの日本導入が期待される。

●WR-V(28/41)

ホンダ WR-V

 インドや南米で販売される、先代フィットをベースにしたクロスオーバー。WR-Vのノウハウはフィットクロスターにも生かされたようだ

■アキュラ編

 大中小のSUVを海外専売で用意!

●RDX(29/41)

アキュラ RDX

 CR-Vのアキュラ版的な存在となるミドルSUV。ラグジュアリーな内外装に加え、パワートレーンはSH-AWDもある。2Lターボ+10速ATと、スポーツ性も高い。

●MDX(30/41)

アキュラ MDX

 初代モデルは日本でも販売され、現行型で3代目となる3列シートのラージSUV。現行型はアメリカ、欧州、中国で販売され、初代からキープコンセプトに近いが、走りの性能は高い。

●CDX(31/41)

アキュラ CDX

 中国専売となるコンパクトSUVで、ヴェゼルがベースとなっているが、ボディサイズはヴェゼルよりだいぶ大きい。パワートレーンは1.5Lターボ+8速DCTを搭載する。

次ページは : ■マツダ編