デリカ ハイラックス フリード…マイナーチェンジの「前」と「後」

 クルマは本来定期的なサイクルでもってモデルチェンジを繰り返していく。プラットフォームそのものを刷新するような大規模な変更をフルモデルチェンジ、小規模な設計変更や改良をマイナーモデルチェンジと呼ぶのが一般的だ。

 だが最近はマイナーチェンジと言いながら「ほんとにそう呼んでいいのか?」と思うくらい大胆に変更がなされるクルマも多い(真面目な話、マイナーチェンジ後に買おうと思って楽しみにしてたらあまりの変わりようにガッカリ…ってケース、決して少なくないと思うのだが…)。

 そこで、最近マイナーチェンジを果たした現行型の国産車たちの「前」と「後」とを集めてみた。そこで行われたフェイスリフトは果たして「成功」か、「失敗」か? 自動車評論家 清水草一氏が検証する!

※なお、文中でも清水氏が述べている通り、あくまで個人の意見、独断と偏見に基づく評価なので、ダメと判断されちゃったモデルをこよなく愛しておられる方、そして乗っておられる方は、どうか温かい目で見守っていただきたい。

【画像ギャラリー】賛否両論!? 慣れればアリ!!? 嵐を呼ぶビッグネームたちのマイナーチェンジ、その前と後をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年9月のものです
判定人&文/清水草一、写真/ベストカー編集部ほか
初出:『ベストカー』 2020年10月10日号


■三菱 デリカD:5(2019年2月マイナーチェンジ)

 これはもう、マイチェンで大バクチを打って大勝利と言っていいネ! マイチェン直後こそ「絶世のブス」「電気シェーバー」とかさんざん言われたけど、今じゃすっかり目が慣れて、もっとエグくしてくれ~! くらいの気分になっている。クセになる激辛味の勝利と言えるでしょう。

三菱 デリカD:5(マイナーチェンジ前)
三菱 デリカD:5(マイナーチェンジ前・2019年2月)

●清水の判定:マイナーチェンジ後の勝ち!

■トヨタ ハイラックス(2020年8月マイナーチェンジ)

 3年前に国内販売が復活したハイラックスだが、デザインはやや寝ぼけていてパンチ不足だった。それが8月のマイチェンでは、トヨタのピックアップらしいごっついグリル枠がつき、押し出し感もハイラックスらしさも断然アップ! やっぱりピックアップの顔はゴツくなきゃ!

トヨタ ハイラックス(マイナーチェンジ前・2019年6月)
トヨタ ハイラックス(マイナーチェンジ後・2020年8月)

●清水の判定:マイナーチェンジ後の勝ち!

■日産 スカイライン(2019年7月マイナーチェンジ)

 スカイラインのデザインはアメリカの田舎向けっぽく、日本人にはどうにもパネルの曲面がくどい。顔もグリルの表情などがとてもくどかったが、マイチェンで大きめにブラックアウトされ、シャープなVモーションもはまったことで、以前よりグッと精悍に見えるようになった。

日産 スカイライン(マイナーチェンジ前)
日産 スカイライン(マイナーチェンジ後)

●清水の判定:マイナーチェンジ後の勝ち!

■ホンダ フリード(2019年10月マイナーチェンジ)

 ホンダのデザインは「e」でシンプル路線に舵を切ったのかと思いつつ、その前に登場したフリードはマイチェンで微妙にゴテゴテした顔になった。マイチェン前は比較的オーソドックスでシンプルだったのが、微妙に口(グリル)が強調されて動物っぽくなり、どこか物欲しげな顔つきに。

ホンダ フリード(マイナーチェンジ前・2016年9月)
ホンダ フリード(マイナーチェンジ後・2019年10月)

●清水の判定:マイナーチェンジ前の勝ち!

■ホンダ レジェンド(2018年2月マイナーチェンジ)

 レジェンドのデザインは、全現行モデル中で最悪(あくまで個人的な意見です)! 五角形グリルとツンツンしたヘッドライトにロッキー山脈のようなボンネットの峰! それに比べたら、マイチェン前のほうがまだ悪材料は少なかった。つまり最悪から超最悪へ変化したということです。

ホンダ レジェンド(マイナーチェンジ前・2014年11月)
ホンダ レジェンド(マイナーチェンジ後・2018年2月)

●清水の判定:マイナーチェンジ前の勝ち!

■三菱 ミラージュ(2020年4月マイナーチェンジ)

 デリカD:5では大勝利を得た三菱なれど、ミラージュのダイナミックシールドは、どうにも取ってつけたようで中途半端な印象。これなら凡庸だったマイチェン前のほうがまだましか。ダイナミックシールドは角ばったフォルムじゃないと、充分な効果が出ないのかもしれませんな。

三菱 ミラージュ(マイナーチェンジ前・2019年6月)
三菱 ミラージュ(マイナーチェンジ後・2020年4月)

●清水の判定:マイナーチェンジ前の勝ち!

■スズキ SX4 S-CROSS(2017年6月マイチェン)

 新型になった時点で、先代に比べすべてのバランスが劣化し、デザインレベルが大幅に落ちていたが、マイチェンでBMWの出来損ないみたいなグリルが取って付けられて、絶望的になった。デザインの名手、スズキとしては、信じられない大失敗フェイスリフトと言えるでしょう。

スズキ SX4 S-CROSS(マイナーチェンジ前・2015年2月)
スズキ SX4 S-CROSS(マイナーチェンジ後・2017年6月)

●清水の判定:マイナーチェンジ前の勝ち!


【番外コラム】あなたはどっち派? 過去の「マイナーチェンジ前後デザインどっちがイイ問題」に今、ケリをつける!

 マイナーチェンジで顔つきが大きく変わることは、当然過去にもあった。その度に「前のがよかった、いや後だ」という論争が起こったのだが、そんな過去の論争にケリをつけたい。2代目インプレッサだけは2度も大きく顔つきを変えたので、前期、中期、後期で順位を付けたぞ。

●日産 S14シルビア…マイナーチェンジ後モデルの勝ち!

日産 6代目 S14シルビア(前期型・1993年)
日産 6代目 S14シルビア(後期型・1996年)

●ホンダ 3代目インテグラ……マイナーチェンジ後モデルの勝ち!

ホンダ 3代目インテグラ(1993年)
ホンダ 3代目インテグラ(1995年)

●三菱 ミラージュディンゴ……マイナーチェンジ後モデルの勝ち!

三菱 ミラージュディンゴ(1999年)
三菱 ミラージュディンゴ(2001年)

●スバル 2代目インプレッサ…前期=1位 中期=3位 後期=2位

2代目インプレッサ(前期・2000年・いわゆる「丸目」型)
2代目インプレッサ(中期・2002年・いわゆる「涙目」型)
2代目インプレッサ(後期・2005年・いわゆる「鷹目」型)

【画像ギャラリー】賛否両論!? 慣れればアリ!!? 嵐を呼ぶビッグネームたちのマイナーチェンジ、その前と後をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ