【FJ、ウィッシュ、レクサスHS250h…】2017年に消えてゆく「物故車」たちへの弔辞


■スバルエクシーガクロスオーバー7(2008〜2018年)総販売台数6万6062台

戒名:役滋賀院多人数乗遅居士

 皆の衆はトラヴィックのことを覚えておるかのう。そうそう、ドイツからやってきた青い目のミニバンじゃ。ありていに言えば、初代オペルザフィーラのOEMであった。

 なにせスバルにはミニバンがなかった。当時の日本市場は、ミニバンに非ずんば人に非ず。売れるタマがないという末法の世で、スバルとしてはそんな奇策を使うしかなかったのじゃな。

 が、奇策はみごとに失敗。大コケであった。やはり牛肉とミニバンは国産にかぎる、 そう悔い改めたスバルが開発したのが、エクシーガだったのじゃ。

 が、時すでに遅し。こういったスポーティタイプのミニバン需要はすでにほとんど消えておった。まさに乗り遅れたバス。

 エクシーガはその後、クロスオーバー7というサブネームを与えられ、クロスオーバーSUVのフリもしたが、最後まで乗り遅れたネコバスであったのう。慣れぬことはするものではない。

■トヨタSAI&レクサスHS250h(2009〜2018年)総販売台数10万1992台(SAI)

戒名:三河院中途半端雑種兄弟居士

 思えば、ハイブリッドブームというものがあった。なんでもかんでもハイブリッドであれば善し。セレナなど、ほとんど効きもしない弱弱モーターでちょびっと駆動してハイブリッドと呼び、減税を得たほどである。喝!!

 いっぽう、トヨタのSAIとレクサスHSは、中身こそホンモノであったが、本家本元ハイブリッドのプリウスの影に隠れてパッとせず、存在感もないままにこの世を去ることになった。

 大当たりしたからといって、ドジョウはそう何匹もおらぬという教訓であろうか。皆の者、肝に銘じるが善いぞ。

(編集部註:2017年12月10日時点で「レクサスHS250h」については販売中止の公式アナウンスはありません。公式サイトにも特に「グレードが選べなくなる」等の注意書きはなし。当面は販売を続けるもようです)

次ページは : ■マツダプレマシー(1999〜2017年)総販売台数9万5932台

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ