【マークX、デリカD:5…】メーカーが頑張ればもっと売れるクルマ 2017年版


 いまひとつ売れ行きが伸びないクルマには2つのパターンがある。どう頑張っても売れないクルマと、相応に努力すれば販売台数を伸ばせるクルマだ。

 前者にはスポーツカーや高価格のセダンが該当する。もともとユーザーの数が少ない、あるいは長年にわたり海外向けの商品開発を進めることで冷え込ませてしまったカテゴリーだから、今さら数多く売るのは難しい。

 しかしミニバンや軽自動車の不人気車は状況が少し違う。商品改良を含めて、それなりにケアをすれば売れ行きを高められる車種もある。

 そのようなメーカーから見捨てられた残念なクルマを取り上げたい。日本の市場を本気で活性化したいと考えているなら、放置せずに売れるようにすべきだ。

 本企画では現行国産車のなかからそんなクルマを6車種、選んでみました。

 なお各小見出しにはそれぞれの最新月販台数を付記したが、参考までに2017年11月のトップセールス車であるホンダN-BOXは2万220台、登録車のトップはプリウスで9220台を売っている。

文:渡辺陽一郎


■トヨタエスティマ 2017年11月販売台数860台

エスティマ

 エスティマは今に通じるミニバンの草分け的な存在で、初代モデルは1990年に発売された。

 直列4気筒2.4Lエンジンを前席の下側付近に搭載する後輪駆動車で、走行安定性も優れていた。新車価格は約300万円で「新世代の高級車」と認識された。

 この後、前輪駆動に切り替わり、現行型は3代目で2006年に発売された。同じプラットフォームを使うヴェルファイア&アルファードは2015年にフルモデルチェンジされたが、エスティマは大きな変更を受けず、2016年にマイナーチェンジを実施した。

 緊急自動ブレーキを刷新したが、コンパクトカーと同様のトヨタセーフティセンスCにとどまる。

 安全性能の高いトヨタセーフティセンスPは、フルモデルチェンジを行わないと装着が難しいからだ。逆にいえばCなら改良でも装着が可能で、エスティマはこの利点を生かした。

 1か月の販売台数は1000台前後。今は昔と違って1000台売れれば販売実績は中堅レベルだが、ヴェルファイアやアルファードに比べると25%程度にとどまる。

 それにしてもフルモデルチェンジをしないのは、トヨタに迷いがあるからだ。多額の開発費用を投入してエスティマを一新しても、好調に売れる自信が持てない。

 しかし地道に売れていることも事実で、廃止するのも惜しい。またエスティマは保有台数が多く、トヨタ店とトヨタカローラ店の大切な顧客でもあるから、囲い込んで需要を将来に繋げたい。そこで中途半端なマイナーチェンジとなった。

 現状でも力を入れれば売れ行きを伸ばせるが、トヨタ店はエスクァイア、トヨタカローラ店はノアも用意するから、販売力が分散されて伸び悩む。いろいろな意味で中途半端だ。

 日本市場を本気で考えるなら、ヴェルファイア&アルファードのプラットフォームを使ってフルモデルチェンジすべきだ。

 それに見合う需要を開拓すればよい。この意気込みを持てないのは、トヨタも海外中心の戦略になっているからだろう。

■トヨタプレミオ  2017年11月販売台数1229台

プレミオ

 かつて高い人気を誇ったコロナの後継車種で、姉妹車のアリオンもカリーナの後継に当たる。

 両車ともに混雑した市街地で運転のしやすい5ナンバーサイズのセダンで、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2700mmと長いから、後席を含めて居住性が優れている。

 後席にリクライニング機能も設けた。運転のしやすいボディと広い車内の組み合わせは、実用セダンの王道を行く。

 それなのに現行型はアリオンも含めて2007年に発売され、この後にフルモデルチェンジを受けていない。

 2016年に比較的規模の大きなマイナーチェンジを実施してフロントマスクを刷新したり安全装備のトヨタセーフティセンスCを加えたが、1か月の販売台数はプレミオが1000台、アリオンが600台前後だ。

 今はセダンが全般的に落ち込んだから、このカテゴリーでは堅調な部類に入る。

 従ってプレミオ&アリオンは、エスティマと同様に廃止はできないが、多額の投資を要するフルモデルチェンジを行うには販売規模が小さい。そこでマイナーチェンジで中途半端に継続させている。

 またプレミオ&アリオンでは5ナンバーサイズに価値があるが、トヨタの新しいプラットフォームは、ヴィッツやアクアのタイプを除くとすべて3ナンバーサイズになってしまう。この点にも難しさがある。

 それでもトヨタが国内市場に本気で取り組むなら、ヴィッツやアクアよりも大きくて重いクルマに対応できる5ナンバーサイズのプラットフォームを開発すべきだ。

 そうなれば商品力の高いミドルサイズの5ナンバー車が開発され、国内市場を必ず活性化できるだろう。

次ページは : ■トヨタマークX 2017年11月販売台数460台

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ