ライズ、N-BOX、フィット…100万円台で買える目的別オススメ車 14選


■居住性&乗り心地重視派なら

(選者/渡辺陽一郎)

 最も居住性と乗り心地が快適なのはN-BOXだ。インパネなど内装の質が高く、シートの座り心地も優れている。特に前席は座面が柔軟でボリューム感があり、この座り心地は乗り心地も向上させている。

 エンジンノイズも小さく、小型車のユーザーも「これで充分、いやこれが欲しい!」と納得する。

【オススメNo.1】ホンダ N-BOX G・Lホンダセンシング:154万3300円(CVT)…ロングセラーのN-BOXがこの項目のNo.1。売れるには理由があるのだ

 2位はソリオハイブリッドMZだ。全幅はジムニーシエラよりも狭いので、混雑した街中でも運転しやすい。そのわりに乗り心地が快適で、後席もかなり広い。

【オススメNo.2】スズキ ソリオハイブリッドMZ:199万1000円(CVT)

■コストパフォーマンスにこだわりありのあなたには?

(選者/国沢光宏)

 やはり安価であっても安全装備は必要。命の価値に違いなどないですから。といった観点からすれば新しい世代のクルマほどよい。

 同時にコストパフォーマンスまで追求すると、こらもうフィットしかありません! このクラスじゃ圧倒的に広いキャビンスペースを実現してます。

【オススメNo.1】ホンダ フィット1.3HOME:171万8200円(CVT)…先進安全装備が充実していて価格も安いのが一番。コスパNo.1はフィットです

 次点にルークスを挙げておく。本当の意味での日本のベーシックカーだと思う。キャビンスペース広く価格もリーズナブル。そのうえでクラスTOPの安全性能も持ってます。

【オススメNo.2】日産 ルークスX:154万6600円(CVT)

次ページは : ■趣味のアウトドア遊びに便利なクルマは?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ