この零戦、4億円で買いませんか?

この零戦、4億円で買いませんか?

 今年6月、レッドブルエアレースで、72年ぶりに東京湾を飛行した零戦を覚えてらっしゃるでしょうか。

 ニュージーランドで会社を経営する日本人、石塚政秀さんが、2009年、3億5000万円で購入し、無事日本への里帰りを果たしたあの22型零戦だ。その零戦オーナー、石塚政秀さんが、まさにその零戦を手放すというニュースが舞い込んできました。

 なぜ? そしていくらで? もう売れましたか?? 尽きない疑問を、さっそく石塚さんご本人に伺ってみました。

文:ベストカー編集部
写真:石塚政秀、Seiji Ogawa、ベストカー編集部
初出:ベストカー2017年12月26日号「写真で見る衝撃の真実」より


■これまで5億円以上を費やしてきましたが……

編集部 零戦里帰りプロジェクトを立ち上げ、それを果たしましたがなぜ今、零戦を売却することにしたのですか?

石塚政秀さん(以下石塚) 正直に言えば、もはや資金がありません。本業の事業も厳しいなかで、これ以上、零戦の活動を進める資金がないということです。

零戦二二型/全幅12.0m、全長9.121m、全高3.57m、全備重量2679kg、生産機数560機、生産期間昭和17年10月〜18年8月
零戦二二型/全幅12.0m、全長9.121m、全高3.57m、全備重量2679kg、生産機数560機、生産期間昭和17年10月〜18年8月

編集部 売却希望価格は?

石塚 この零戦22型の機体を3億5000万円で購入しました。これまでの10年間で飛行可能な形で整備維持して参りました。

 2014年に里帰りを実現したうえで国交省、航空局からの飛行許可を得るまでに数百ページの申請書類と無数の航空局での折衝の上で1年半を要しましたが、今ではいつでも日本国内を飛行できる環境は整っています。

 ここまでに費やした費用は5億円を超えるものです。さらにはクラウドファンドや零戦里帰りプロジェクトへの一般の皆様からの支援金と国内唯一の法人スポンサーであるセルモグループ様からの支援金を合わせるとさらに数千万円の費用がかかっています。

 私の売却希望価格はそれらをすべて合わせたものではありません。この零戦の価値を認め、機体の国内保存を続けていただける方であれば、売却価格は4億円からお話しさせていただきたいと思います。

編集部 大変申し訳ありません、私どもではその価格が高いのか安いのかわかりませんが……、妥当な価格なのでしょうか?

石塚 購入した価格は、メッサーシュミットやスピットファイアー、P-51マスタングなど、海外の戦闘機と比較してみてもだいたいこれくらいの価格だと思います。

 オリジナルの中島飛行機製「栄」エンジンを搭載している零戦52型は20億円以上しています。

次ページは : ■なんとしても「日本で」残したい

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!