名門いすゞの人気SUVが7年ぶりに刷新! 新型mu-Xが発売


 日本車メーカーの古豪、いすゞが大型SUVを7年ぶりにモデルチェンジして発売開始!

 日本では約20年前の2002年に乗用車から撤退したいすゞながら、海外ではピックアップトラックとSUVも含め元気である。

 なかでも直近では10月28日に、比較的カジュアルなキャラクターを持ち、3列シートを持つ本格ラージSUVのmu-Xを発表、タイを皮切りに11月9日から発売している。

 本稿では、注目の日本未導入最新SUV、mu-Xを紹介していきたい。

文/永田恵一、写真/ISUZU

【画像ギャラリー】日本未発売車の全貌みせます! いすゞの海外専売大型SUV その名も「新型mu-X」登場


■いすゞ mu-Xはピックアップトラックベースの大型SUV

フルモデルチェンジして登場した2代目いすゞ mu-X。初代同様、ピックアップトラックであるD-MAXからの派生車だ

 mu-Xはタイ生産でラダーフレームを持つミドルピックアップトラック「D-MAX」から派生したラージSUV「mu-7」の後継車。2013年に初代モデルが登場し、今回のフルモデルチェンジで2代目モデルとなる。

 2代目モデルの成り立ちも初代モデルと同様にD-MAXの派生車で、東南アジア圏で販売される他の日本車で例えればハイラックスに対するフォーチュナー、トライトンに対するパジェロスポーツと同じ関係だ。

 なおmuという車名は、1989年登場でピックアップトラックにスペシャリティな2ドアボディを載せたmu(車名はmuだけど妙なクルマな感が強かったが)や、muの全長を伸ばし5ドアボディとしたmuウィザードでも使われていた。

 muはmuウィザードまで「ミステリアス・ユーティリティ(謎に包まれた不思議な機能を持つクルマ)」の略だったが、mu-7からは「マルチ・ユーティリティ(広さを多用途に使えるクルマ)」の略に変わった。

 さて、フルモデルチェンジされたmu-Xも、初代モデルに対しキープコンセプトとなっている。各部を見ていきたい。

■武骨なフォルムながら乗用車的で高級感もある新型mu-X

力強い外見とは裏腹に、インテリアは洗練された「乗用車的な」高級感あるものとなっている

●エクステリア

 ボディサイズは全長4850mm×全幅1870mm×全高1875mm、ホイールベース2855mmで、ホイールベースから想像するにD-MAXのシングルキャブのもっとも全長の短いものとの深い関係があると思われる。

 エクステリア自体はSUVらしい力強さと伸びやかなフォルムが大きな特徴だ。

後席もじゅうぶんなスペースが確保されている

●インテリア

 インテリアはベースとなるD-MAX自体がピックアップトラックながら「乗用車的なもの」となっていることもあり、ダッシュボードなどは基本的にmu-Xも共通で、各部のパネルやシート地などでより高級感を増しているといった印象だ。

 また、フルモデルチェンジでパーキングブレーキはハンド式から電動式となっており、収納スペースが増えているなど、使い勝手も向上している。

【画像ギャラリー】日本未発売車の全貌みせます! いすゞの海外専売大型SUV その名も「新型mu-X」登場

次ページは : ■ディーゼル一本で6MTも! 気になる走行性能は?