幻の日産製スポーツカー なぜ出なかった…? 歴史の向こうに消えたクルマ 9選

期待集めた罪作りなクルマたち 待てど暮らせど出なかった幻の日産スポーツ 10選

 メーカーが世界各地のショーに出展されるコンセプトカーたち。もちろん将来の市場導入が約束されたものではないのだが、「これはぜひ出してほしい!」という傑作も混ざる。

 過去のショーに出展されながら、いまだに市場に出ていない幻の日産スポーツを紹介する。日産が真に日本市場での存在感増強を目指すのであれば、今からでも遅くはない(もちろん生産終了してしまったあのモデルたちの復活も切に願いたいが)ここで紹介しているモデルの順次発売を検討してほしい。日産ファンは待っている!

【画像ギャラリー】今でもデビューを待っている!!! 公式サイトからかき集めた幻の日産スポーツたちをじっくり見る

※本稿は2020年10月のものです
文/ベストカー編集部、写真/NISSAN、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年11月26日号


■シルビアロータリー(東京モーターショー・1972年)

 2代目シルビアへの搭載を予定していたがオイルショックで凍結。ショーには2代目サニーにロータリーエンジンを搭載したモデルが出展された。

シルビアロータリー(東京モーターショー・1972年)

■AD-1(1975年東京モーターショー)

 コンパクトなミドシップクーペ。市販されれば日本初の量産ミドシップだった。空力に優れ、Cd値は0.26を達成していた。

AD-1(1975年東京モーターショー)

次ページは : ■トレイルランナー(東京モーターショー・1997年)