幻の日産製スポーツカー なぜ出なかった…? 歴史の向こうに消えたクルマ 9選

 メーカーが世界各地のショーに出展されるコンセプトカーたち。もちろん将来の市場導入が約束されたものではないのだが、「これはぜひ出してほしい!」という傑作も混ざる。

 過去のショーに出展されながら、いまだに市場に出ていない幻の日産スポーツを紹介する。日産が真に日本市場での存在感増強を目指すのであれば、今からでも遅くはない(もちろん生産終了してしまったあのモデルたちの復活も切に願いたいが)ここで紹介しているモデルの順次発売を検討してほしい。日産ファンは待っている!

【画像ギャラリー】今でもデビューを待っている!!! 公式サイトからかき集めた幻の日産スポーツたちをじっくり見る

※本稿は2020年10月のものです
文/ベストカー編集部、写真/NISSAN、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年11月26日号


■シルビアロータリー(東京モーターショー・1972年)

 2代目シルビアへの搭載を予定していたがオイルショックで凍結。ショーには2代目サニーにロータリーエンジンを搭載したモデルが出展された。

シルビアロータリー(東京モーターショー・1972年)

■AD-1(1975年東京モーターショー)

 コンパクトなミドシップクーペ。市販されれば日本初の量産ミドシップだった。空力に優れ、Cd値は0.26を達成していた。

AD-1(1975年東京モーターショー)

■トレイルランナー(東京モーターショー・1997年)

 185ps発生の1.8Lエンジンを搭載するクロスオーバーコンセプト。最低地上高=200mmで砂漠を200km/hで走行可能だったとか。

トレイルランナー(東京モーターショー・1997年)

■インフィニティ エマージ(ジュネーブショー・2012年)

1.2Lエンジンで発電し、合計出力408psを発生する2個のモーターを駆動する。シルビア後継とも言われていた。スタイル抜群。

インフィニティ エマージ(ジュネーブショー・2012年)

■MID4 II(東京モーターショー・1987年)

 3LのV6エンジンをミドに横置きして、1985年のフランクフルトショーに出展されたモデルの進化版。エンジンは縦置きに変更されたうえターボ化。330ps/39.0kgmの出力を発生していた。コンセプトカーだがミニカーなども発売される人気を誇った。

MID4 II(東京モーターショー・1987年)

■IDx(東京モーターショー・2013年)

 全長4.1mのコンパクトなFR4シータークーペで、上写真の「NISMO」のほか、よりシンプルな外観とされた「フリーフロー」(下写真)も用意された。NISMOは1.6Lターボを、フリーフローには1.2~1.5LのNAエンジンの搭載を想定。過去の日産車のイメージを取り込んだ外観など、日本のみならず世界でも高く評価された。

IDx NISMO(東京モーターショー・2013年)
IDx フリーフロー(東京モーターショー・2013年)

■インフィニティ エッセンス(ジュネーブショー・2009年)

 440psを発生するV6、3.7Lターボに、160psのモーターを組み合わせたハイブリッドモデル。トランクにはルイ・ヴィトンとコラボした専用ブリーフケースが。

インフィニティ エッセンス(ジュネーブショー・2009年)

■インフィニティ Q50オールージュ(デトロイトショー・2014年)

 R35GT-Rが積むVR38DETTを搭載し、出力は560ps/61.1kgm。0~100km/h加速=4秒以下、最高速=290km/h以上という高性能で、少量生産での市販が検討されていた。

インフィニティ Q50オールージュ(デトロイトショー・2014年)

【番外コラム】名車の影に名機あり 日産の名エンジン

 日産で優れたエンジンといえばVR38DETT、RB26DETT、S20といった各世代のGT-Rに搭載されたものが真っ先に頭に浮かぶが、名機はもちろんほかにもある。

 初代マーチの競技用モデル“R”と、その公道走行バージョンであるスーパーターボが搭載した「MA09ERT」、5代目セドリックが積んだ日本初のターボエンジン「L20ET」、S13シルビアなどに採用された「SR20DE」。

 もちろんB110型サニーが搭載した「A12」もそうだ。OHVながら高度なチューンにも対応し、レースではDOHCエンジン車と互角の戦いを演じた。

B110サニー。写真は1973年追加の5速MT車「GX5」

【画像ギャラリー】今でもデビューを待っている!!! 公式サイトからかき集めた幻の日産スポーツたちをじっくり見る

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ