シルビア グラツー SSS VZ-R…あの頃は最高に輝いていた 日産の名スポーツたち

 11月24日付けの企画「初代ZからGT-Rまで! 全歴代車から選ぶ最高の日産スポーツ ベスト20」では、「日産スポーツモデルといえばGT-RとフェアレディZでしょ! というイメージが共通認識であることが証明されるような結果となった。

初代ZからGT-Rまで! 全歴代車から選ぶ最高の日産スポーツ ベスト20

 日産スポーツモデルのベスト20を選出すれば、そりゃあスカイラインGT-RやフェアレディZの歴代モデルが次々選出されるのは当然だ。

 んが、しかし。日産にはそのほかにも記憶に残る魅力的なスポーツモデルがあまた存在していたことを忘れてはいけない! 日産の熱き歴史に名を刻んだ16モデルをご紹介!!!

【画像ギャラリー】この時代へ戻るのは叶わぬ夢かもしれないが…クルマ好きたちの記憶に残る傑作車たちを画像で見る

※本稿は2020年10月のものです。初代スカイラインスポーツ、S54スカイラインGTは「プリンス自工」の開発のため今回は除外しています。
文/ベストカー編集部、写真/NISSAN、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年11月26日号


■2代目フェアレディ(1962~1970年)

 1952年に登場した「ダットサン・スポーツDC-3」に端を発する。その後、初代フェアレディS210系が1959年にデビュー。1963年、310型ブルーバードのシャシーを活用して開発されたのが2代目となるS310系フェアレディ。決定版となるのが、パワフルな2Lを搭載し1967年にデビューした「フェアレディ2000」(SR311)だ。

2代目フェアレディ(1962~1970年)

■シルビア/ガゼールRS(S110型・1979~1983年)

 スカイラインRSに搭載された150psを発揮するFJ20エンジンを搭載するモデルだ。

シルビア/ガゼールRS(S110型・1979~1983年)

■ブルーバードSSS(910型・1979~1983年)

 510ブルを彷彿とさせるシャープなデザインのスポーティセダン。135psを発揮する直列4気筒Z18ターボを搭載するSSSターボの走りは、刺激的だった。

ブルーバードSSS(910型・1979~1983年)

■シルビア/ガゼールRSターボ(S12型・1983~1988年)

 前型、S110に続いてS12型シルビア/ガゼールにも直列4気筒2L DOHC「FJ20」を搭載するRSシリーズがラインナップされた。このS12型ではNAだけでなく、190psを発揮するターボ仕様も設定され、パンチある強烈な走りが魅力的だった。エンジンヘッドが大きく、RSシリーズはボンネット上のバルジが特徴的だった。1986年のマイチェン後、RSのエンジンはCA18DETに変更された。

シルビア/ガゼールRSターボ(S12型・1983~1988年)

■サニーRZ-1&サニー306(1985~1990年)

 6代目となるB12型サニーに1986年に追加された2ドアクーペが「RZ-1」。シャープなフォルムが印象的。ハッチバックの「306」はサニー初のDOHCエンジン搭載モデル。1.6LのCA16DEを搭載した。120ps/14.0lgmのスペックで、軽快な吹け上がりが気持ちよかった。

サニーRZ-1(1985~1990年)
サニー306

■スカイラインGTS-R(R31型・1987年)

 7代目スカイラインの2ドアクーペGTSに、グループAレース参戦ベースモデルとして800台限定で1987年に発売されたGTS-R。固定タイプのフロントアンダースポイラー、大型リアスポが外観の特長。エンジンは20psパワーアップされた専用チューンのRB20 DET-Rを搭載。R32GT-R登場への足がかりとなった。

スカイラインGTS-R(R31型・1987年)

■180SX(1989~1998年)

 1989年、S13型シルビアの姉妹車として登場。ノッチバッククーペのシルビアに対し、180SXはファストバックでフロントマスクはリトラクタブルヘッドライトで差別化を図った。1991年のマイチェンでCA18DETからSR20DETにエンジンを変更。シルビアがS14型にモデルチェンジされた以降も、1996年のビッグマイチェンを経て1998年12月まで生産を継続。

180SX(1989~1998年)

■セドリック/グロリア グランツーリスモ(Y33型・1995~1999年)

 270psを発揮するVQ30DETTを搭載するグランツーリスモは、丸目4灯ヘッドライトと相まって、迫力のあるスポーツセダンの雰囲気を醸し出す。

セドリック/グロリア グランツーリスモ(Y33型・1995~1999年)

■パルサーVZ-R(1997~1999年)

 5代目となるN15型パルサーに1997年追加されたのがVZ-R。175psを発揮する可変バルタイ&リフト機構エンジン、1.6L NAのSR16VEを搭載。このエンジンは姉妹車のルキノにも搭載された。1998年には200psにパワーアップした「N1」仕様を限定販売した。

パルサーVZ-R(1997~1999年)

【番外コラム】日産スポーツといえばラリーベースマシンも忘れられない!

 日産スポーツといえば、「ラリーベースマシン」も忘れてはならない。510ブルやマーチR、パルサーGTI-Rなどは「ベスト20」にも選出されていたが、やはりベースとなる市販車のポテンシャルが問われるラリーマシンは、専用パワートレーンやボディチューンが施され、また、市販車に近い姿でのラリーフィールドでの活躍が、そのクルマのスポーツイメージを高めるのだ。

●ブルーバード(510型・1967~1972年)…1967年デビューの510ブル。SSSはスーパースポーツセダンの意味。1970年のサファリラリー優勝でラリーの日産のイメージを決定づけた。

ブルーバード(510型・1967~1972年)

●バイオレット(710型・1973~1977年)…710型の形式が示すように、ブルーバードの派生車。SSSが設定され内外ラリーで活躍したのはまさにブルの系譜なのだ。

バイオレット(710型・1973~1977年)

●バイオレット(A10型・1977~1981年)…A10型の形式名となった2代目もサファリラリーなど国際ラリーで活躍した。

バイオレット(A10型・1977~1981年)

●マーチR(1989~1991年)…990ccターボ&スーパーチャージャーは110ps/13.3kgmを発揮。とにかくジャジャ馬だったが、ラリーベースとして活躍したモデル。

マーチR(1989~1991年)

●パルサーGTI-R(1990~1995年)…WRCグループAを目指して開発。230psの2Lターボ搭載の4WD。

パルサーGTI-R(1990~1995年)

●ブルーバードSSS-R(U12型・1987~1991年)…U12型ブルーバードの国内ラリー参戦ベースマシン。エンジンはコスワース製鍛造ピストン、ステンエキマニ、専用タービンなど採用。

ブルーバードSSS-R(U12型・1987~1991年)

【画像ギャラリー】この時代へ戻るのは叶わぬ夢かもしれないが…クルマ好きたちの記憶に残る傑作車たちを画像で見る

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ