レヴォーグ、ヤリス…新車豊作年!! 2020年「時代を変えた」変革車 5選


時代を変えた日本車3/トヨタMIRAI

2020年12月9日に発売した新型MIRAIは、航続距離が850kmに向上、FFからFRへと進化を遂げた。システム最高出力は182ps/30.6kgm
後席の足もと中央には、従来のFR車のようなセンタートンネルの膨らみがあるが、この内部には水素タンクがレイアウトされている

 2014年に登場した先代MIRAIはいろいろな面で市販化へのハードルが高い燃料電池車を700万円台前半(国からの補助金も約200万円あったので、実質的にはクラウン級の500万円台前半)で市販したことも凄かった。

 そして、トラブルなどクルマ自体の問題が特には起きていないということにも驚かされる、まさにトヨタの技術力の高さを象徴する存在だった。

 2020年12月9日、そのMIRAIが2代目にフルモデルチェンジした。新型MIRAIは「燃料電池車ということは関係なく、『このクルマが欲しいから』という気持ちで選んでもらえるクルマ」というコンセプトで開発された。

 プラットホームはレクサスLSなどに使われる後輪駆動のTNGA-Lを使い、車格を向上しただけでなく、エクステリアも4ドアクーペ的と、現代のセダンには特に欲しいエモーショナルな魅力を持つモデルとなった。

 燃料電池自体も小型化、パワーアップに加え、後輪の前後に1本ずつ、計3本をレイアウトし、後席やラゲッジルームへの干渉を大幅に低減しながらも、水素搭載量を4.6kgから5.6kgへと約20%も増やした。

 また、水素タンクも含めた FC システムの適切な配置により、前後 50:50 の理想的な重量配分になったという。

 さらには、ユニット損失を低減し、FCスタックの性能向上および、触媒リフレッシュ制御の導入などによって、発電効率も向上。従来比で+30%にもなる850km(Gグレード)の航続距離を実現している。

 それでいて価格は710万円から(国の補助金も117万3000円あるので実質的には600万円以下!)と、車格の向上なども考えれば大幅値下げの激安価格である。

 新型MIRAIも先代モデル同様クルマ自体に問題はなくても、水素の供給というインフラなどに課題はあるにせよ、水素社会を展開していく牽引車として頑張ってほしい!

先代ではトランクルームを圧迫していた水素タンクは、フロアトンネルに1本、後輪の前後に1本ずつ、計3本をレイアウトし、後席やラゲッジルームへの干渉を大幅に低減しながらも、4.6kgから5.6kgへと水素搭載量を約20%も増やした

時代を変えた日本車4/日産ノートe-POWER

2012年に発売された現行型ノートがついに2020年12月に新型へフルモデルチェンジ。キックスまでに搭載されている第1世代より騒音が小さくなった、第2世代e-POWERを搭載
第2世代e-POWERは1.2Lのエンジン排気量は維持し、小型化・軽量化を実現しながらも、モーター出力トルクを10%以上アップ(最大トルク254Nm→280Nm、最大出力は6%アップで80kW→85kW=116ps)。WLTCモード燃費も29.5km/Lを達成

 ここ数年、日産は特に日本向けの新型車が登場しなかったこともあり、「日本軽視」という声や周辺事情の悪さも重なり、ブランドイメージの低下が否めなかった。

 2020年に入り、6月に登場したコンパクトSUVのキックス、9月にプロトタイプが発表された次期フェアレディZにより、日産復活の雰囲気を感じつつある。その本格化第一弾となりそうなのが新型ノートe-POWERである。

 新型ノートe-POWERはヤリスに初めて乗った時に感じた「オッ」という雰囲気に通じるものを、万人向けながら目が覚めるような新しさを持つ内外装から予感させる。

 機能面も日産ルノーアライアンスで幅広く使われると思われる新しいプラットホームを使い、パワートレーンもアクセルを踏んだ際のレスポンスのよさなどで爆発的ヒットとなった2モーターハイブリッドのe-POWERを大幅に改良し、最上級グレードのXには日産を代表する技術でもあるプロパイロットが装着可能と、機能面の仕上がりも良好な予感がする。

 何よりも関心が薄くなっていた日産に期待感や「乗ってみたい」という気持ちが持てるようになっただけでも、新型ノートe-POWERの功績は大きいのではないだろうか。

次ページは : 時代を変えた日本車5/スバルレヴォーグ

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

徹底分析 ノートが「1クラス上」は本当か?  キッカケは、とある編集部員の「ノートは同じクラスと比べちゃいけないね、1クラス上みたいだよ」というひと言です。これってどんな誉め言葉よりも、ノートに乗ってみたいと思わせるフレーズだと思いませんか…

カタログ