やっぱりあのクルマがランクイン? 日本で盗難されやすいクルマ

 「朝、駐車場へいくと、クルマが盗まれていた…」というニュースを、TVやSNSで聞くことがあると思います。

 一般社団法人 日本損害保険協会によると、2020年2月の事例では、ひと月で、232件もの車両盗難事件が発生しており、そのうち発見できたのは42件、あとの190件は見つからずに行方不明となってしまったそうです。

 ランクルやハイエースなど、盗難車のランキング上位に常に入り続ける有名ブランドの他にも、最近は、海外で90年代国産スポーツカーの人気が高騰していることもあり、古いスカイラインやスープラ、インプレッサといったクルマも盗難対象となっているそうです。

 今回は「日本で盗難されやすいクルマ達」をご紹介します。車両盗難対策の一環となれば幸いです。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、HONDA、LEXUS、トビラ写真(Adobe Stock@buritora)資料:一般社団法人 日本損害保険協会

【画像ギャラリー】これらのクルマを所有している方は要注意!! 盗まれやすいクルマTOP10!!


TOP3は「ランクル、プリウス、レクサス」

  日本損害保険協会がまとめている「第21回 自動車盗難事故実態調査結果」によると、2020年2月の盗難車で最も多かったのが、ランドクルーザー(42台)、次いでプリウス(39台)、レクサスLX(25台)、アルファード(19台)、レクサスLS(14台)となっており、トヨタやレクサスの高級大型車が狙われやすいことがわかります。

 さらに下位のランキングを見ても、ヴェルファイアやレクサスRX、ハイエースなど、ミドルクラス以上のクルマが多く被害にあっているようです。

車両盗難件数は減ってきてはいるものの、それでもひと月に、200件以上の車両盗難が発生している(日本損害保険協会「第21回 自動車盗難事故実態調査結果」より)
プリウス、ランクル、ハイエースのほかにも、2018年11月には、レクサスが急上昇、2020年2月ではアル/ヴェルも上位に(日本損害保険協会「第21回 自動車盗難事故実態調査結果」より)

屋内駐車場でも安心はできない

 盗難される場所としては、「自宅(野外)」が約50%、「契約駐車場(野外)」が約20%を占めています。また、「自宅(屋内)」も約8%もの比率があり、一見、安心ができる屋内駐車場であっても狙われていることがわかります。

屋外の契約駐車場が最も狙われやすいが、「自宅(屋内)」での車両盗難も約8%ある(日本損害保険協会「第21回 自動車盗難事故実態調査結果」より)

 また、発生時間帯は、「深夜(22時)~朝6時」が約70%と最も多く、次いで「日中(9時~17時)」が約14%、「夜間(17時~22時)」が約7%。深夜に多いイメージがありますが、明るい日中であっても車両盗難が起きていることは注意しておかねばなりません。

明るい日中(9時~17時)であっても、車両盗難が起きていることは、注意しておかねばならない(日本損害保険協会「第21回 自動車盗難事故実態調査結果」より)

盗難されたあとは「バラバラに」

 盗難されたクルマは、国内で発見されることも稀にありますが、「行方不明」となってしまうことがほとんど。クルマは盗難されたあと、解体され、海外に「パーツ」として輸出されていくことが多いようです。盗難車をそのまま海外へ持ち込むことはほぼ不可能。車両輸出には、各国の税関による厳しいチェックが入ります。

 筆者も仕事で、ROTO船による海外輸送の手配をしたことがありますが、海外の法規に適合しているか、安全性は管理できているか等、申請書類のチェックが厳しく、苦労しました。しかし、「自動車パーツ」となれば、輸送に関する申請のハードルがぐっと下がります。

ランドクルーザーは、その走破性の高さや頑丈さで、海外でも人気が高く、狙われやすいクルマの筆頭だ

 また、輸送形態の点からも、パーツにすることで、効率があがります。一般的にクルマの輸出は、ROTO船(Roll on Roll Off)という自動車の自走積載・自走陸揚げができる自動車運搬船か、40フィートハイキューブ(長さ12.192m×幅2.438m×高さ2.896m四方の箱)というドライコンテナに複数台を押し込めて送る、という方法で行われます。

 このドライコンテナは、マイクロバスだと1台、ランクルクラスだと2台、という大きさ。盗難車を自走積載・陸揚げで輸送するわけにいきませんし、コンテナに詰めるにしても、パーツにしたほうが、輸送効率が上がる、というわけです。

 このように、日本で盗難されたクルマのパーツが、海外へと持ち込まれる理由には、日本車のパーツが、海外で需要が高い、ということがあるようです。

 耐久性が高く、信頼性も高い日本車は、中古車であっても海外市場で人気があり、例えば、日本から地理的に近いロシアには、2019年11月からの1年間で、約12万台もの中古車が正規ルートで輸出されています。それ以外にも、チリやケニア、ニュージーランドなど、毎月10万台程度が日本から輸出されています。

 盗難されバラバラとなったクルマのパーツは、現地で、これら日本の中古車の「修理部品」として需要があるのです。

アルファード、ヴェルファイアも盗難車ランキングに入ってきている ほぼ日本専売モデルだけに、海外でも大人気が高い

クルマに挟まれるチラシには要注意!!

 パーツとして販売されるほかにも、なかには、パーツとして海外へ輸出されたあと、現地で組み立てられ「中古車」として販売されることもあるようです。

 駐車中のクルマのワイパーに「車を高く買い取ります」のチラシが挟まっていたら、確認後、取り除くようにしましょう。そのチラシが取り除かれるまでに何日かかるかを見て、狙いを定めている窃盗団があるようです。
(編集部注/上記のようなケースもありますが、世の中には「クルマの処分手段がわからない」、「お金がかかるのは困る」と考えて、公共の場に長期放置する人も多く、そうした人たちにとって、たとえば無料引き取り業者のチラシや名刺の挟み込みは重要な伝達手段のひとつである、ということも合わせてお知らせしておきます。クルマの不法投棄は社会問題化しており、引き取り店によるチラシや名刺の挟み込みは(そうした事態への)セーフティネットのひとつにもなっています。クルマにチラシや名刺が挟まっていた場合、まずは「確認」をしてから対応しましょう)

 冒頭に紹介したようなクルマを所有されているかたはもちろんのこと、それ以外のクルマを所有されている方も、油断は禁物です。

【画像ギャラリー】これらのクルマを所有している方は要注意!! 盗まれやすいクルマTOP10!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ