ハンドルは重いほうがいい? 軽くていい?? 「操舵力」を激変させた技術革新とこだわり

ハンドルは重いほうがいい? 軽くていい?? 「操舵力」を激変させた技術革新とこだわり

 「ドイツ車はハンドルが重たい、国産車はハンドルが軽い、アメ車はプラプラ」――。油圧式パワーステアリングが主流だった10年ほど前までは、ステアリングの操舵力について、このようにいわれていました。

 現在はパワーステアリングが電動式へと置き換わったこともあり、極端な操舵力の違いは少なくなってきましたが、それでも、国ごとの速度レンジや、クルマの使用環境によって、操舵力の特性には違いがあります。

 単純に「重い、軽い」というだけでなく、実は奥が深い操舵力。今回は、操舵力の重さと軽さのバランスや、トレンドの話、そして、国産車よりも輸入車がしっかりしているように感じる理由など、操舵力のあれこれについて、ご紹介していきます。

文:吉川賢一
写真:BMW、Mercedes-Benz、VW、TOYOTA、SUBARU

【画像ギャラリー】これは秀逸!! 操舵フィーリングに優れるクルマを写真でチェック!!


電動パワステの登場で、できることがぐっと増えた

 「操舵力」とは、走行中ハンドル回すときに、ハンドルの周方向から手の平が受ける力のこと。同じようにステアリングに関する用語で、ハンドルを回した位置で保持する力を「保舵力」といいます。

 近年の操舵力のトレンドは「据え切り時は軽く、車速が高いときには操舵力を増し、保舵力は軽くする」という設定です。

 例えば、一部のスポーツカーを除いて、BMWやメルセデス、アウディ、フォルクスワーゲンなど、欧州車メーカーは、現在はこのトレンドにのっています。この設定は、かつて油圧式パワーステアリングの時代にはできなかったことです。

 油圧式パワステは、ドライバーがステアリングを回すと、ハンドルから前方に伸びているトーションバーという接手にトルクがかかり、捩じれによって生じた隙間にパワステオイルが流れ、ピニオンギアの回転力をアシストし、ラックギアを摺動させます。

 このオイルの流路が広ければアシスト力を大きくでき(=ハンドルは軽くなり)ますが、トーションバーを大きく捩じることになるため、今度はハンドル操作のダイレクト感が失われてしまいます。

歴代、ハンドリング評価が高いBMWも、E46やE90時代はズシリとくる操舵力であったが、F30以降では軽めで、軽快さを感じる特性へと大きく変わってきた かつては「これぞBMW」というフィーリングであったが、昨今は薄れてしまったように感じる

 高速道路を200km/h近い速度でかっとばしたり、道が荒れた郊外路を走行する欧州車では、微妙な修正操舵が効くよう、ハンドル操作のダイレクト感を優先していました。

 そのため、むやみにトーションバーの捩じり剛性を落とすことができず、ハンドルの操舵力は重たくならざるをえませんでした(操舵力はキャスタートレイルのようなサスジオメトリも影響大ですが今回は割愛)。

現行W205型のCクラスも歴代メルセデスの良さを引き継いだ、安心感の高い操舵力特性をしている そろそろ次期型Cクラスが登場するところだが、いまだお手本と言える出来栄えだ

 それが、電動式パワーステアリング(以下EPS)の登場によって、車速やハンドルを切る量に応じて、油圧パワステよりも、幅広く操舵力の特性をチューニングできるようになりました。

 低速では軽めの操舵力で楽に運転し、高速走行時は重めの操舵力で高い走行安定性を保つ、しかも保舵力は軽めにできるので疲れにくい。EPSの登場という技術のブレークスルーによって、かつてはできないことが解消されたのが、現在の操舵力特性なのです。

欧州Cセグメントの中でもハンドリングの評価が高いのがVWゴルフ 操舵力特性も理想的で、軽めではあるが、直進性が高く、安心して高速走行ができる

国ごとに操舵力のセッティングを変えることも

 EPSの登場によってチューニング代が増えた今、「操舵力特性の味付け」は、各メーカーの開発ドライバーの腕の見せ所となっています。特性を決めるため、開発ドライバーはライバル車に乗って何時間も走り、開発チームと話し合いながら、目標とする特性を決めていきます。

 高速道路移動が日常的な欧州、まだまだ未舗装路が多いインド、整備された都会から山奥の道まである中国、など、国によって要件が異なるため、国ごとに操舵力のセッティングを変えることも当然あります。欧州ではよいと感じた操舵力特性が、日本ではよく感じない、といったこともあります。

 速度レンジの違いだけでなく、道路のアスファルトの微妙な違いや、路面起伏の大きさ、周囲のクルマの状況など、場所が違えば「理想」も変わってくるためです。

 日本市場では、低中速で走行する極良路面が多いため、街中での運転のしやすさを追求した特性が主流(高速走行ももちろん見ている)でしたが、一部区間ではあるものの、高速道路の最高速度120km/hとなったことで、今後の操舵力セッティングには、多少違いが出てくると思われます。

 これらEPSのセッティングを変更する作業自体は、とてもカンタンです(PCから制御ロジックを変更すればよい)。しかし、低速から高速まで、操舵力の変化が滑らかにつながるよう、微調整をするのが大変。

 「60km/hはOKだけれど、80km/hではもうちょっと重たくしたい、そうするとその上の100km/hも変えたくなる――」といった感じで、セッティングを変えては乗り、変えては乗り、を幾度も繰り返して決められていきます。

新型レヴォーグも2代目となってハンドリングが大幅に進化した 初代はズシリとくる重さがあったが、新型は軽めですっきりとした印象の操舵力へと変わった 新採用のデュアルピニオンEPSが効いており、乗り比べればすぐに分かる違いだ
RAV4 PHVも、なめらかで良い操舵フィールだった ステアリングの操舵力も重すぎず軽すぎず、強めの加速をしていても、不安定になるそぶりもなく安定感が高い

次ページは : 車速による操舵感の違いをじっくり味わってみて

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ